24年目の日高郁人が全日本プロレス初参戦!世界ジュニア王座戦を前に「全日本の伝統を背負って王者になる覚悟は出来ている」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2020 Champion Carnival ~ReOStaff株式会社 presents~』が行われ、日高郁人がデビュー24年で初の全日本プロレス参戦を果たした。

 日高は1997年に格闘探偵団バトラーツでデビュー。その後は数多のリングを転戦し、長年ZERO1に所属していたが、自身の経営する株式会社ショーンキャプチャーの経営に専念するために今年6月に退団。
 レスラーとしてはショーンキャプチャー所属として活動することとなった日高だが、先月30日の全日本プロレス後楽園ホール大会へ来場し、岩本煌史の持つ世界ジュニア王座へ挑戦を表明。「全日本は唯一上がっていないメジャー団体ですね。全日本プロレスに上がりたいという気持ちはずっとありましたね」と語り、今シリーズからのレギュラー参戦を表明していた。

 この日は、今月21日に迫った両者の世界ジュニア戦に向けた最初で最後の前哨戦として、岩本煌史&青柳亮生&TAJIRIvs日高郁人&フランシスコ・アキラ&ライジングHAYATOの6人タッグマッチが実施。
 13日の川崎大会で初の前哨戦を行うはずだった岩本と日高だが、日高がやむなく欠場したためこの日が初顔合わせ。試合前に岩本が握手を求めると日高もその手を握り返し、両者中々手を離さぬ視殺戦を展開。

 日高の試合映像を見て研究してきたという岩本は、ミスティフリップを先読みして回避したり、ショーンキャプチャーをスリーパーホールドで切り返したりと日高に有効打を1つも出させず、逆に孤高の芸術やドラゴン・スープレックスなどの大技を温存。終盤にはキャリアの浅い亮生が捕まる展開となり、日高がプレリュードからのショーンキャプチャーをきっちりと決めて貫禄勝利。

 試合後にマイクを取った日高は「このコロナ禍でね、全日本プロレスのファンの皆さんも『ショーンキャプチャー!』って叫べないから、21日に世界ジュニアのチャンピオンになって、コロナ禍が収まって、皆さんからなんの心配もせず『ショーンキャプチャー!』って叫べるまで、世界ジュニアチャンピオンとして、この王道のリングに居座り続けますから!21日、どうぞ期待していてください!」と余裕の王座獲り宣言。
 日高のアピールを受けた岩本はベルトを掲げながら睨みつけ、日高は不敵に笑いながらベルトを指差して狙いを定めた。

 そしてバックステージに戻った日高は「なんと24年目にして初めての全日本プロレスのリングですよ。この第一歩、僕の中で思い入れのある第一歩です。だからこそあの世界ジュニアのベルト。僕が子供の頃見ていたのと違う(デザインの)ベルトになっていたとしても、その伝統も背負って新チャンピオンになる覚悟はできていますよ。僕には彼(岩本)にない経験がある。だから今日見せた技たちよりも何倍もの技とパターンを持っていますから。彼がどれだけ僕の映像を見て研究したって、それは付け焼刃でしかないと思います」とベテランの余裕を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×