高橋ヒロムが矢野通とのNJC2回戦を前に9年前のトラウマが蘇り完全に錯乱!「やっぱりヤダ!やりたくない!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、今月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。

 この日は、オカダ・カズチカ&石井智宏&矢野通&SHOvs内藤哲也&SANADA&鷹木信悟&高橋ヒロムの8人タッグマッチが行われ、NJC2回戦での対戦が決まっているSHOとSANADA、矢野とヒロムのマッチアップに注目が集まった。

 ヒロムは自身がまだヤングライオンだった2011年に矢野と対戦した際にバリカンで見るも無残な髪型にされてしまったというトラウマがあり、1回戦終了後から矢野の対戦を嫌がって取り乱すなど約9年が経っても克服できていない様子。
 この日の試合でも開始前からヒロムはリングから遠く離れて避難するが、矢野の「なんもしないから~!前哨戦やろうよ前哨戦!」の言葉に「信じらんねーよ!ヤダーッ!」と返しつつ苦悩しながらもリングへ戻り矢野とヒロムの対面でゴング。
 ヒロムは矢野がバリカンを持ち出すと取り乱しつつもなんとか接触を避けて攻撃していき、レフリーが矢野のバリカンを没収すると一安心。しかし試合終盤に矢野がタイツの中から2つ目のバリカンを取り出すとヒロムは会場を飛び出してロビーまで逃げ出していき、矢野はバリカンを持って追いかけながらヒロムの足をテープでぐるぐる巻きに。
 この間も場外カウントは進んでいき、いざバリカンで髪を刈ろうかというタイミングでカウントアウト。両者リングアウトという結末となった。

 試合後、ヒロムはL.I.Jの面々が試合中に誰も助けてくれなかったことへの恨み節を述べつつ、「おもしれぇじゃねぇかよ、矢野通!デカさ。ヘビー級。面白い。正々堂々とぶつかり合いましょうか」と翌日の決戦に向けてキリリとした表情でコメントするが、バリカンの悪夢を思い出したのか「やっぱりヤダ!バリカン!ウヘヘ、バリカンだった、そうだった、バリカン……ウヘヘ……」と叫びながらビクンビクンと跳ね回り、心の傷を深めながら去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×