タイチがNJC1回戦で棚橋弘至に完勝し次戦相手の飯伏幸太も袋叩き!「お前らとは持って生まれた身体が違う」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 22日、新日本プロレス『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』が無観客試合にて開催された。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に3ヶ月以上53大会を中止していたが、スポーツ庁の助言を受けながら再開に向けたガイドラインを作成し、全選手・スタッフに抗体検査を実施するなど健康状態をチェックできる体制を構築し、今月15日に満を持して110日ぶりの大会を開催。
 6月15日~7月3日までは無観客配信興行となり、『NEW JAPAN CUP 2020』を新日本プロレスワールドで配信。決勝戦は7月11日に大阪城ホールにて観客を入れての興行を行い、翌日12日に同会場で内藤哲也の持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルの二冠にNJC優勝者が挑戦する。
 今年のNJCはヘビー級・ジュニアヘビー級問わず32選手が参加。外国人選手の招聘問題などで参戦できなくなった選手もいるものの、ヤングライオンやジュニア選手の参加など例年にはない色の出たシリーズとなった。

 この日はNJC1回戦として、飯伏幸太vsザック・セイバーJr.、棚橋弘至vsタイチの試合が行われた。
 現IWGPタッグ王者である棚橋&飯伏に対し、タイチ&ザックは王座奪取に向けて敵意を剥き出しにしており、NJC開幕前から遺恨を深めていた中でのこのカード。

 セミファイナルで行われた飯伏とザックの対戦では、ザックが飯伏の蹴り技を警戒して徹底したヒザ攻めを敢行し、あらゆる形のヒザ+別の箇所を極める複合関節技を繰り出していく。しかし飯伏もザックの三角締めをぶっこ抜いてのパワーボムや、スライディングしながら足を取りに来たザックをフットスタンプで潰すなどの反撃を見せ、ザックドライバーを着地してクイックのニーバッド。ザックに隙が出来た瞬間にカミゴェを叩き込んで3カウント。飯伏がNJCでの鬼門であったザックを破って2回戦進出を決めた。

 メインイベントでは、棚橋が入場してコーナー上でポーズを決めているところへタイチが組み付いてゴング前にパワーボムで奇襲。試合開始すら危ぶまれるが、棚橋が戦う姿勢を見せたため試合は行われたが、棚橋のダメージが大きく延々とタイチペースに。DOUKIがレフリーの目を盗んで棚橋を場外で痛めつけるなどインサイドワークでも上回っていく。
 棚橋は雄叫びを上げて立ち向かう気迫を見せ、太陽ブローの連打や久々に見せるオールアウトなどを決めて盛り返しハイフライアタック。さらにハイフライフローを狙っていくが、ここでDOUKIが棚橋の気を引き、その間に復活したタイチが棚橋の股間を蹴り上げてタイチ式ラストライド、アックスボンバー、デンジャラスバックドロップ、天翔十字鳳と大技を畳み掛け、最後はブラックメフィストで3カウント。

 ついに棚橋超えを果たしたタイチだが、喜びよりも憎しみが勝り大の字になった棚橋を無理やり引き起こして聖帝十字陵。棚橋のパートナーでありタイチの次戦の相手となった飯伏がリングに飛び込んできて棚橋を救出するものの、タイチはDOUKIと2人で飯伏を暴行。両者は決戦を前に遺恨を深めた。

 試合後、タイチは「何が愛だ。何が愛してますだ。いらねぇんだよ、そんなもんは。愛や情は人を狂わすからな。だから棚橋や飯伏にキャーキャー言ってるヤツも狂ってんだよ。試合がなかった4ヵ月間、俺が何してたかも知らずによぉ。毎日、食っちゃ寝してただけだよ。その成果がこれだよ。お前らみたいに必死こいて練習してるヤツらとは違うんだ。お前らとはな、持って生まれた肉体が違うんだ。秘孔の位置も全て逆なんだ」と勝ち誇る。
 そして「いいか、もう棚橋や飯伏は相手じゃない。俺はその先を見てるから。内藤、待っとけよ。俺が来るかもしんねぇぞ。全部、全部この俺が奪ってやるよ。楽しみにしとけよ」と、NJC優勝後の内藤哲也戦を見据えた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×