オカダ・カズチカが新型コロナ対策最前線の医療従事者の活動資金のために500万円を寄付!「いつもは応援される側ですが、今は医療従事者の方々が戦ってくれていることを応援したい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 オカダ・カズチカが個人的に、新型コロナウイルス災害対策支援金として日本財団災害復興特別基金(新型コロナウイルス緊急支援)に500万円の寄付をしたことを新日本プロレスが発表した。
 この寄付は新型コロナ対策の最前線で活動する医療従事者(医師、看護師、ボランティアの方々)の活動資金として主に活用されるという。オカダは2014年にもがんで闘病中の子供達をサポートするために『レインメーカー基金』を立ち上げており、個人的に社会問題解決に取り組んできた経緯がある。

 今回の寄付に関してオカダは「いつもご声援いただきありがとうございます。また超満員のお客さんの中で、沢山の声援の中で試合ができる日が1日でも早く戻ってくれることを願っています。いつもは応援される側ですが、今は医療従事者の方々が戦ってくれていることを応援したいと思っております。不要不急の外出は自粛するなど一人一人の意識を高めこの状況を一緒に乗り越えましょう」とコメント。

 新日本プロレスも「弊社興行も新型コロナウイルスの影響を受け開催中止が続いておりますが、1日でも早い事態の終息を本人含め願っております」とコメントを寄せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×