世界初のアニメ監督プロレスラー福士直也が大仁田厚&ZERO1とともにエンタメ企業を巻き込んだプロレス興行を開催!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月26日に新宿FACEにて、アニメ監督プロレスラー“赤天狗”福士直也が自主興行『爆裂忘年会2019』を開催することとなった。

 福士は『名探偵コナン ゼロの執行人』、『東京喰種√A』、『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』、『ナゾトキネ』などで原作、監督、脚本、シナリオ、絵コンテ、CG監督、演出など幅広いスキルを発揮しており、2015年にプロレスラーとしてデビュー。週刊プロレス・プロレスラー選手名鑑にも掲載され『世界で一番はじめにプロレスをやったアニメ監督』として活躍している。

 この興行は、福士が代表取締役を務めるアニメ制作会社の『天狗工房』が主催となり、『令和初エンタメ企業バトル!!』と称して、『NARUTO -ナルト- ナルティメットヒーロー』シリーズなどで有名なサイバーコネクトツーや、スクウェア・エニックスで数々の名作、怪作、バカゲーを手掛けてきた自称ゲームDJ・安藤武博がプロデュースするゲーム&総合エンタメサイト『シシララTV』、表に出せない大手企業を代表したクリエイターが出場しいろいろな形式でバトルを行う。アーティストライブとして『モンスターハンタークロス』の曲も手掛ける和楽器音楽ユニットHIDE×HIDEの参加も決定した。

 福士は「いまはクリエイターも表にでる時代。業界の未来をつなぐ為にも、第一線で活躍している”アニメ、ゲーム”映像業界の人達はめちゃくちゃ面白くて、いろんな意味で強い人らがたくさんいるんだぜ!という認知を広めるイベントを目指しております。前半はエンタメ企業の代表者による激烈バトル!後半はプロレスラーによるガチプロレスという構成になっております。プロレスリング ゼロワンさんとの公式コラボ試合をはじめ、メインイベントには私も選手として出場します。パートナーの佐野選手とは同じ歳で何度かチームでやったこともあり信頼のおけるレスラーです。大和選手は一度対戦したことがありますが、まさにフィジカルモンスター。対戦相手のTORU選手は新団体『TTT』の旗揚げで勢いに乗る怖い相手。アンドロメダ選手は身体能力が本当に高い油断できない相手です。相手は強敵ばかりですが、子供の頃から憧れのレスラーの一人でもある大仁田選手に熱い思いが伝わり横に立たせてもらいます。ぜひご来場ください」とコメント。

 ZERO1も完全協力し、令和元年の最後にプロレス界とアニメ&ゲーム業界を繋ぐ新たな興行が行われることとなった。

令和初エンタメ企業バトル『爆裂忘年会2019』
日程:2019年12月26日(木)
開始:18:30
会場:新宿FACE

【前半戦】令和初のエンタメ企業バトル!

▼第1試合 エンタメキャラクターマッチ 15分1本勝負
ドラ○もん
vs
ラ○ちゃん

▼第2試合 エンタメバトル立ち技ルール 2分1R 勝ち抜きバトル
<参戦選手>
笹原”世界一”和也(CGアニメーション監督)/輝井永澄(作家)/屋久谷”ザ・バレット”拓哉(役者)/モニカ(会社員)/他
※組み合わせは当日発表

▼第3試合 企業対抗バトルロイヤル
松山洋(サイバーコネクトツー)/安藤武博(シシララTV)/深瀬沙哉(UWAN Pictures)/爆走同僚S&M(某大手企業)/新井崇文(スパイロ)/他

▼アーティストライブ
HIDE×HIDE

【後半戦】
▼第5試合 シングルマッチ 30分1本勝負
佐藤光留(パンクラスMISSION)
vs
THEよっちゃん(信州プロレス)

▼第6試合 プロレスリング ゼロワン公式コラボ試合 30分1本勝負
岩﨑永遠(ZERO1)
vs
北村彰基(ZERO1)

▼セミファイナル プロレスリング ゼロワン公式コラボ試合 60分1本勝負
高岩竜一(ZERO1)/佐藤耕平(ZERO1)
vs
クリス・ヴァイス(ZERO1)/横山佳和(ZERO1)

▼メインイベント 6人タッグマッチ 60分1本勝負
大仁田厚(フリー)/佐野直(フリー)/福士”赤天狗”直也
vs
大和ヒロシ(フリー)/TORU(TTT)/アンドロメダKEN(フリー)

関連記事

サイト内検索

日別

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

月別

ページ上部へ戻る
×