【試合詳細】12・8 スターダム新木場大会 ジュリアvs葉月 花月vsアンドラス宮城 上谷沙弥vs飯田沙耶 星輝ありさ&鹿島沙希&里歩&スターライト・キッドvsビー・プレストリー&渡辺桃&林下詩美&AZM

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『GODDESS OF STARS 2019』
日程:2019年12月8日(日)
開始:12:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:395人(超満員札止め)

▼タッグマッチ 15分1本勝負
[TCS]○DEATH山さん。/ルアカ
4分17秒 後方回転エビ固め
吏南/●妃南

▼ルーキー・オブ・スターダム〜2019年新人王決定トーナメント〜1回戦 15分1本勝負
[Queens Quest]●小野崎玲皇
4分51秒 飯田橋
[STARS]○飯田沙耶
※飯田が決勝戦進出

▼ルーキー・オブ・スターダム〜2019年新人王決定トーナメント〜1回戦 15分1本勝負
○上谷沙弥
6分21秒 ランニング・シューティングスター・プレス→片エビ固め
●星野唯月
※上谷が決勝戦進出

▼TCS vs 大江戸隊 8人タッグマッチ 20分1本勝負
[TCS]木村花/ジャングル叫女/小波/●ゾーイ・ルーカス
9分44秒 牛殺し→片エビ固め
[大江戸隊]刀羅ナツコ/夏すみれ(フリー)/○ジェイミー・ヘイター/”セッション・モス”マルティナ

▼STARS vs クイーンズ・クエスト 8人タッグマッチ 20分1本勝負
[STARS]星輝ありさ/鹿島沙希/里歩(AEW)/○スターライト・キッド
9分26秒 キッちゃんボム
ビー・プレストリー/渡辺桃/林下詩美/●AZM

▼ルーキー・オブ・スターダム〜2019年新人王決定トーナメント〜優勝決定戦 15分1本勝負
[STARS]●飯田沙耶
7分9秒 ランニング・シューティングスター・プレス→片エビ固め
○上谷沙弥
※上谷がルーキー・オブ・スターダム2019優勝

▼大江戸隊スーパー・グラッジ 30分1本勝負
[大江戸隊]○花月
9分12秒 デスバレーボム→片エビ固め
●アンドラス宮城

▼ジュリア・オブ・スターダム 30分1本勝負
○ジュリア
15分1秒 ステルス・バイパー→レフリーストップ
[大江戸隊]●葉月

ジュリアがスターダムデビュー戦で葉月をKOし木村花と過激な屋外乱闘!花月がアンドラスと決別のシングル戦で檄!上谷がルーキー・オブ・スターダム2019優勝!

第1試合


 TCSの面々が揃う中、妃南だけがQQというタッグマッチ。
 吏南とDEATH山でゴングが鳴ると、DEATH山が客席の四方に向かって「デース!」とアピール。吏南がリストを取っていくとDEATH山は「痛いデース!」と叫ぶ余裕を見せながらスピーディーに腕を取り返していき、グラウンドでのヘッドシザースの攻防からクリーンブレイクして両者タッチ。

 ルアカが妃南をショルダータックルで吹き飛ばしていき、DEATH山と2人でダブルチョップを見舞っていくと、ここに吏南も加わって3人で妃南を踏みつけながらTCSの敬礼ポーズ。妃南はこれに激怒し、ルアカを払い腰で叩きつけてから吏南にビンタを見舞う形でタッチ。
 ルアカと吏南の対面となり、吏南がドロップキックから卍固めに持ち込むが、これを振り払ったルアカがビッグブートで反撃してDEATH山にタッチ。

 DEATH山は吏南の喉元にクロスチョップを叩き込んでコーナーに振り、「デースデースDEATH山デーース!」と掛け声とともにポーズを決めようとするが、溜めが長かったため吏南がドロップキックで反撃。先程のお返しとばかりに妃南にチョップを見舞う形でタッチ。
姉妹は仲間割れしつつもダブルの攻撃を狙っていき、意地を張り合って互いにコーナースルーを切り返し合ってケンカしつつも交互に串刺しドロップキックを見舞っていき、妃南がDEATH山へ大外刈を狙う。DEATH山が堪えると「2人で行くぞ!」と吏南を呼び込んで2人で大外刈で叩きつけるも、怒りが収まらない妃南はDEATH山の上に吏南を大外刈で叩きつける。これをルアカがカットし、妃南のバックを取ったDEATH山はプッシュして妃南を吏南にぶつけるとそのまま後方回転エビ固めで3カウントを奪ったデース。

第2試合


 ルーキー・オブ・スターダム1回戦で対峙する小野崎と飯田はクリーンに握手を交わしてから試合を始め、ロックアップでの押し込み合いから互いに激しいエルボーを放っていく。飯田がドロップキックを放てば小野崎もドロップキックで反撃し、逆エビ固めで試合を決めに行くが飯田はなんとかブレイク。
 小野崎は飯田の背中へエルボードロップを連発してから再び逆エビ固め。これをブレイクされるとボディスラム2連発からエルボーを連打してロープに飛ぶが、飯田はヒザへの低空ドロップキックでカウンターし、さらに膝立ちの小野崎の顔面へ低空ドロップキックを連打。さらに串刺しドロップキックを放っていくが、小野崎がコーナーに飛び乗ってこれを回避しダイビングバックエルボー。さらにスライディングバックエルボーを放っていくが、飯田もエルボーで反撃して両者正面からエルボーの打ち合いに。

 これを制した小野崎がガンスタンを2連発叩き込んでフォールに行くが、飯田は小野崎の足をすくってこれを回避すると怒涛の低空ドロップキック連打で小野崎をKO寸前まで追い込み、ボディスラムからミサイルキックを投下。これを回避した小野崎はそのまま飯田をエビ固めで丸め込むが、飯田も体を起こしてエビ固めで切り返し、両者エビ固めのシーソーゲームを展開するが、飯田が一瞬の隙を突いての飯田橋を決めるとこれで3カウント。
 試合後、両者はしっかりと抱き合って健闘を称え合った。

第3試合


 ルーキー・オブ・スターダム1回戦は、ともにスターダム★アイドルズ出身でTRY☆ANGELでも共に活動する上谷と星野の対戦。

 両者しっかりと握手を交わすが、手を離した瞬間に星野がドロップキックで奇襲してゴング。星野がそのままマウントエルボーを連打するも、上谷も負けじと反転させてマウントエルボー連打。星野はドロップキック3連打から4発目を放つが、これを回避した上谷がヘアホイップからボディスラム。星野がキックアウトすると鎌固め、続けて逆エビ固めに移行。

 星野がこれをブレイクすると上谷はロープに飛ぶが、バックを取った星野がそのままおぶさって胴締めスリーパーホールドへ。上谷が立ち上がってロープを掴むと、星野はすかさずスクールボーイから低空ドロップキック。さらにコーナーに振って串刺しドロップキックを放つが、これを上谷が回避して逆に串刺しドロップキック。さらにドロップキックを連打してからコーナーに上ってミサイルキックを狙うが、追いすがった星野がデッドリードライブから後頭部に低空ドロップキックを見舞い、正面から飛びついてウラカン・ラナ。これをキックアウトした上谷は下からエルボーを放っていくが、星野はこれをガードして絶叫しながら上から怒涛のエルボー連打。上谷がぐったりとするとロープに飛ぶが、上谷は追走してロープへの串刺しドロップキック。さらにロープを背にへたり込む星野に貫通ドロップキックを見舞い、ミサイルキックからランニング・シューティングスター・プレスで試合を決めた。
 試合後、両者はしっかりと抱き合って健闘を称え合った。

第4試合


 夏ら大江戸隊の面々が陽気に酒盛りをしながら踊り狂い、ナツコが若干引き気味にこれをフォロー。夏は会場を見渡し、「すごいね。今日メッチャ人入ってる。あたしの自主興行もこんだけ人が入ればいいな~。あと(チケットが)16枚なの~」と12月15日の自主興行をアピール。
 夏と叫女でゴングが鳴ると、夏は「今日はこんなふざけてられないですよ。今からいいこと言ってやっからよ。今日、新人王があるから。やっぱさ、ここはよ、ジャングル叫女さんよ、我々は模範となる試合をしないと。先輩レスラーとしての宿命だから、後輩に胸張れる試合しようじゃん?」と語り出し、怪訝な表情を浮かべる叫女とロックアップでの押し込み合い。ロープでの離れ際に夏はエルボーを放っていくが、叫女にすべてかわされ、逆に叫女のエルボーはすべてクリーンヒット。夏はショルダータックルでぶつかっていくが叫女はビクともせず。叫女がロープに飛ぶと、下からナツコが叫女の足を引き倒して妨害。ここに小波が入ってきてスライディングキックでナツコを蹴散らすと、TCSの4人で夏を踏みつけながら敬礼ポーズを決める。

 そして叫女が「ジャイアントスイング行くぞ~ッ!」と夏を13回転振り回すと、入場中に缶ビール500mlを一気飲みしていた夏は「ちょっとマジやばい……」と吐き気をアピールし、戻るコーナーを間違えてゾーイにタッチ。ロープに掴まりながら立ち上がる夏に叫女がラリアットを放つが、夏がこれを回避すると大江戸隊の面々が叫女を捕獲し、4人で叫女の顔面に酒飛沫を噴射。

 そして夏が叫女をコーナーに押し付けてブロンコバスターから腰をカクカクと振って叫女の顔面に股間を押し付けていくと、ここにマルティナも加わって腰を振る。これをカットに来た花、ゾーイをナツコとジェイミーが夏がいるコーナーに振っていくと夏にどんどんダメージが入り、「ちょっ!思ってたんと違う!」と夏が叫ぶ中で小波がナツコを思い切りコーナースルーしてぶつけた上で夏の背後から串刺しドロップキック。
 小波とマルティナの対面となると、小波がミサイルキックで先制し、ドロップキックで追撃。さらにスライディングキックからフィッシャーマンズスープレックスホールドと畳み掛けるが、マルティナはキックアウトに合わせてスクールボーイ、小波がキックアウトするとゼロ距離ニーバッドからスピンキックを叩き込んでナツコにタッチ。
 ナツコは串刺しバックエルボー連打からショルダータックル。さらにロープに飛ぶが、エプロンから叫女がナツコを蹴飛ばしてアシストすると小波が回転エビ固め。ナツコがキックアウトするタイミングに合わせて叫女がスライディングラリアットを叩き込む。続けて小波が腕固めに入るもジェイミーがカット。小波は延髄斬りを見舞って生還するとナツコもジェイミーにタッチ。
 花とジェイミーの対面となるとエルボーの打ち合いになり、手数の花、一発の重みのジェイミーと持ち味を生かしていくが、打ち勝ったジェイミーがラリアット。さらにロープに飛ぶが、花はカウンターでドロップキックを突き刺し、ブレーンバスターで一矢報いてゾーイにタッチ。

 ゾーイはジェイミーコーナーに振って串刺しスピンキックからXファクター、さらに踵落としを見舞っていくが、マルティナと夏がこれをカットしゾーイにトレイン攻撃。さらに夏のビッグブート、ナツコのかち上げエルボー、マルティナのコードブレイカー、ジェイミーのラリアットからの牛殺しと大江戸隊のラッシュが決まるとゾーイも肩を上げられず3カウント。

第5試合


 QQの面々が試合前に握手を求めると、STARSの面々は「珍しいね」と漏らしながらこれに応じようとするが、手を握る寸前にQQが奇襲。QQの4人がそれぞれの相手を捕縛し、サードロープに喉を当てる形でのシーソーホイップの競演。
 QQの4人は鹿島に狙いを定めて全員で踏みつけていき、4人で軽快にタッチを回しながらボディスラムやドロップキックなど一発ずつ攻撃。そして詩美が鹿島をキャメルクラッチで捕えると桃とビーが交互にローキックを放っていき、最後は2人同時のサッカーボールキック。さらに詩美が鹿島をコーナーに振って突撃するが、鹿島はブートで迎え撃って詩美を吹き飛ばすとダイビングフットスタンプで一矢報いて里歩にタッチ。

 里歩はキッドとともに飛び出していき、詩美をロープにくくりつけて後頭部に串刺しジャンピングニーの競演を見せ、さらに里歩はドロップキックで追撃してからノーザンライトスープレックスを狙うが、これを振り払った詩美がボディスラムで反撃しビーにタッチ。
 ビーは里歩にジャーマンスープレックスを狙うが、里歩はカサドーラで切り返してフットスタンプを見舞い星輝にタッチ。
 星輝はビーに串刺しダブルニーからリバースプラッシュ式ダブルニードロップ。さらにロープに飛ぶが、ビーはカウンターのビッグブーツを叩き込み、詩美と桃がダブルのフラップジャックで追撃。さらに桃がPKからBドライバーを狙い、星輝が回転エビ固めで切り返すとキックアウトした桃が星輝の側頭部にバズソーキック。さらにロープに飛ぶが、星輝はジャンピングニーでカウンターし、痛み分けの形で両者タッチ。
 キッドとAZMの対面となると、正面からエルボーの打ち合いになり、競り勝ったAZMがブレーンバスターからバズソーキック。さらにコーナーに上っていくが、キッドが雪崩式アームホイップで投げ捨て、旋回式フロッグスプラッシュ。さらにキッちゃんボムを狙うが、詩美がキッドの後頭部にラリアットを叩き込む豪快なカット、さらに桃がPK、ビーがサッカーボールキックをサンドイッチ式で叩き込む猛攻からAZMがダイビングフットスタンプ。これを返されるとロープに飛んでミスティカ式腕固めも星輝がカット。
 STARSの面々がなだれ込んできてQQの4人を四隅から中央に振ってぶつけると、星輝と鹿島が桃と詩美を蹴散らし、里歩とキッドがAZMと詩美に同時のダイビングクロスボディ。さらにキッドがフィッシャーマンズスープレックスホールドからムーンサルトプレスを放つが、AZMはこれをギリギリで回避してあずみ寿司も、キッドがエビ固めで切り返し、AZMのキックアウトに合わせてドロップキック。そこへ里歩と星輝が前後からのジャンピングニーでAZMを挟撃し、キッドがキッちゃんボムで叩きつけて試合を決めた。

第6試合


 上谷と飯田で行われるルーキー・オブ・スターダム決勝戦。

 2人はしっかりと握手を交わすが、ゴングと同時に上谷がドロップキックで先制。しかし飯田もすぐにドロップキックで反撃し、コーナーに押し込んでマシンガンチョップ。さらに首投げの連発で上谷のスタミナを奪っていくが、上谷はドロップキックで反撃して鎌固めから逆エビ固め。

 飯田はこれをブレイクするとエルボー合戦を挑んでいき、両者振りかぶってのフルスイングの一撃を打ち合う。互角と見るや両者はドロップキックを打ち合い、さらには空中でドロップキックの相打ち。先に起き上がった飯田がエルボー連打から怒涛のドロップキック5連発を見せ、上谷がドロップキックで反撃してミサイルキックを狙っていくと下からチョップで撃ち落として宙吊り状態となった上谷に串刺しドロップキック。さらに飯田は飯田橋を狙っていくが、これをスライディングで回避した上谷が側転式ダブルニードロップ。さらにランニング・シューティングスター・プレスを放つが飯田はこれを回避して飯田橋を決めるが、上谷はギリギリでキックアウト。

 飯田は根性を見せてエルボー連打も、ロープに飛んだところで上谷が追走ドロップキックを叩き込み、さらにミサイルキックを2連発。最後はこだわりのランニング・シューティングスター・プレスで飯田を沈め、上谷がルーキー・オブ・スターダム2019優勝を果たした。

第7試合


 先月の新木場1stRING大会で突如大江戸隊を裏切ったアンドラスと花月の遺恨戦。アンドラスは大江戸隊のTシャツに養生テープでバッテンを貼った姿で入場。
 ゴングが鳴ると、アンドラスは花月のロックアップをスカしてTシャツのバッテンを観衆に見せつけ、花月と手4つの状態から組み合う寸前に花月にもTシャツのバッテンを見せつけると、花月は「テメエ調子乗ってんじゃねえぞ?」とアンドラスの胸ぐらをつかみながらロープに押し込んでいく。アンドラスは「反則すんじゃねーよ」とアピールするも、花月は構わずエルボーを連打。

 するとアンドラスはヘッドロックから首投げ、そしてTシャツを脱ぎ捨ててTシャツで花月の首を締め上げていく。さらにアンドラスは花月の足をロープに引っ掛けてマジックスクリュー、キャメルクラッチからのキャメルクラッチ式スリーパーホールドと痛めつけていき、これをブレイクした花月がバックを取るとアンドラスは村山レフリーのバックを取って花月の攻撃を妨害し、花月の攻撃をセコンドのナツコに誤爆させる。
 アンドラスは「オラ!どうした!花月、リーダァ~!みんなに慕われてんだろ?大人気だなあオイ?どうした?あぁ?」と花月の頬を叩いて挑発していくと花月はブチ切れてエルボー連打からスワンダイブ式ミサイルキック。さらにラリアットでアンドラスを場外に叩き出すとトペ・スイシーダで飛んでいくが、アンドラスはこれを回避し、花月はセコンドの大江戸隊の面々に突っ込む事態に。大江戸隊の面々がダウンする中、アンドラスは大江戸隊のボードを持ち出してメンバーたちを次々に殴打していくと、花月をリングに戻してパイルドライバーを2連発。3発目を狙うが、振り払った花月がハイキックを見舞い、大江戸隊ボードでアンドラスの頭をフルスイング。さらにマルティナらがレフリーの気を引いている間に毒霧を噴射し、すかさずデスバレーボムで叩きつけて試合を決めた。

花月「新木場のおめーら元気か!もういっちょ!元気か!みんなシビアに試合見てたねえ。オイ、宮城ィ。今から言うこと、よーく聞いとけ。自分がリーダーで、大江戸隊をやってきて自ら辞めていったやつもいれば、仕方なく辞めていったやつもいる。でも、私が自らメンバーを手放すことはなかったんだよ。でも、お前は違う。お前は、1回一人になってユニットや団体にしっかり感謝を感じて、もう一度自分がやりたいことをしっかり考えろ!そんなに、こんなに実力があるのに、他の選手よりも何歩も何歩も引いて試合して、もったいないだろ!お前ならもっと上目指せんだろ?!お前らもそう思うだろ?!なんのためにお前をここに呼んだんだよ!大江戸隊に入れたんだよ!もったいねえだろ!」
アンドラス「そういうとこだよテメーよ!!」
(宮城は先に退場)
花月「……まあいいよ。まああとは自分でゆっくり考えて。あと、個人的に。言いたいこと、伝えたいことがあるんだったらしっかり言葉に表して言わないと勘違いも伴うし、信頼関係も失うぞ。これから先、お前らの活躍をしっかり期待しておくよ。以上だ!」

第8試合


 ジュリアのスターダム入団後の初試合。対戦が決まった葉月は自らのツイッター上で「ジュリア・オブ・スターダムってベルトの名前かな?引退前の貴重な1試合なのに相手こいつか…」「葉月が望んで無い試合が多い…葉月がプロレスをやってるのはジュリアさんのためでも他の選手のためでもスターダムさんのためでもない。スターダムさんが望んでいるのはジュリアさんの踏み台になることやろ?なら、スターダムさんが望んどるようにしてあげる。この試合負けます。」などの発言をして大きな反響と期待が集まっていた試合。

 試合が始まると、じっくりとした手4つからアームドラッグの応酬となり、葉月がジュリアを場外に放り出して客席にハンマースルー。ジュリアがイスを持ち出して葉月に殴りかかると、葉月はそのイスを奪い取ってジュリアをイスで殴打。
 ジュリアをリングに戻した葉月はボディスラムからセントーン、さらに顔面ウォッシュからスリーパーホールドでいたぶっていくが、ジュリアはこれをブレイクするとエルボー連打で反撃。葉月がこれに怯むと変形ココナツクラッシュからスイングネックブリーカー、さらに足をインディアンズデスロックに固めて葉月の後頭部を踏み抜いてからSTFへ。

 葉月はこれをブレイクするとジュリアの髪を掴みっぱなしで何度もヘアホイップで投げていき、葉月が手を離すとジュリアの抜け落ちた金色の髪が大量にリングに舞う。葉月がロープに飛ぶと、ジュリアはカウンターのビッグブーツからロープを背にした葉月に貫通ビッグブート。さらに葉月をエプロンに出すと、スリーパーホールドで宙吊りにする絞首刑で葉月をいたぶっていき、場外でのフットスタンプからビッグブート。葉月をリングに戻してミサイルキックを打ち込み、さらにエルボー連打からロープに飛び、追走してくる葉月に貫通ビッグブート。

 さらにロープに飛ぶが、葉月は脇固めでグラウンドに引き倒してクロスフェイス。ジュリアがブレイクするとスワンダイブ式ミサイルキックで吹き飛ばし、再びクロスフェイス。ジュリアがブレイクするとコーナーでジュリアの両足をロープにくくりつけてコードブレイカー。さらに垂直落下式ブレーンバスターを狙うが、ジュリアが逆にブレーンバスターで切り返し、葉月の顔面にランニングビッグブート。そしてグロリアスバスターを狙っていくが、葉月が着地して葉・月ストラルを狙う。しかしジュリアはこれを途中で反転して上から潰すと、葉月のキックアウトに合わせてビッグブートを叩き込み、グロリアスバスター。これを返されるとSTFで捕らえ、その派生でステルス・バイパーに移行。しばらく葉月は抵抗していたが、葉月がぐったりして動かなくなると村山レフリーが慌てて試合を止めた。
 試合後、意識を取り戻した葉月が不敵に笑いながら握手を求めるが、ジュリアは応じる素振りを見せながら直前で手を引いて拒否。そしてマイクを取る。

ジュリア「どうもこんにちは。ジュリアです。スターダム初のリング、最初の相手は引退前の葉月選手。今日は対戦してくれてありがとうございます。踏み台になっていただいて。最初から負けるつもりで試合なんかしてるやつに負ける訳ありません。でも、今日試合できて嬉しかったです。もう戦うことはないと思いますが、1人ずつスターダムぶっ潰していくので。次の相手、鹿島沙希、アンドラス宮城、そして木村花。12月24日後楽園ホール大会で、木村花、ぶっ潰します!聞いてるか聞いてないか分かんねーけど、いるんだったらリングに上ってこいよ」
(花道から花が登場しリングイン)
ジュリア「全然!全然やりたりね―んだよ!なんだったら今からでもお前のことぶっ潰してやる!」

 ジュリアが花に掴みかかるとそのまま乱闘となり、2人は場外から会場の外までもつれ込んで乱闘を展開し、セコンド陣によってバックステージに押し込まれていった。

<試合後コメント>

ジュリア&木村花
(花と殴り合いながら無理矢理バックステージに押し込まれる形でコメント開始)
ジュリア「あたしに勝てんのかよ?!」
花「何様だよお前!」
ジュリア「ジュリア様だよ!」
花「花様だよ!踏み潰してやるよテメーのことなんて!」
ジュリア「やってみろよ!ナメてんじゃねーぞ!」
叫女「花!花!」
(叫女が花を引き剥がして退場させる形でジュリアのみコメント会場に残る)

ジュリア「……どうも。ジュリアのことが好きで好きでたまらない諸君!初のスターダムのリング、葉月。まあ最初から踏み台になっていただくつもりでした。最初から負けますなんて言ってるやつに負けるわけねーけど、でも、今日試合して『やっぱりジュリアに潰されたくねー』ってのを感じたから、やっぱりスターダム一発目、踏み台にもなんねー相手だったけど、もっともっとスターダムを味わっていきたい。そしてジュリアを味わっていただきたいと思う。12月24日、後楽園、木村花……と、い・い・試・合・をしたいと思います。以上!」

関連記事

サイト内検索

日別

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×