12・14 飛鳥プロレス旗揚げ第2戦で元WNC勢による黒潮“イケメン”二郎壮行マッチが実施!佐山駿介vs吉田綾斗の次世代対決も実現!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 「ここでしか見られないカードを実現する」をコンセプトにした、飛鳥プロレス(篠瀬三十七代表)の旗揚げ第2戦となる、12月14日、東京・新木場1stRING大会(12時開始)のメインイベントで、来年から米国に闘いの場を移す黒潮“イケメン”二郎(フリー)の“壮行マッチ”が行われる。

▼第1試合 シングルマッチ
浪口修(フリー)
vs
鈴木心(フリー)

篠瀬代表「ファンの頃、よくZERO1の興行を見に行ってまして、1度ガンバレ☆プロレスさんで試合をしたことがありまして、浪口選手とは、そのとき以来。縁があってから5年越しくらいでの初参戦になります。鈴木選手は初期のASUKAによく出てもらっていて、ともに縁があります。この試合もほかでは見られないカードだと思います」

▼第2試合 6人タッグマッチ
松田慶三(フリー)/飛鳥マスク(フリー)/茉莉(Color’s)
vs
力(リキエンタープライズ)/吉野コータロー(2AW)/SAKI(Color’s)

篠瀬代表「全選手とも、ASUKA時代から、ほぼ準レギュラーで、お笑いの要素が入る感があります。力選手から『女子とは戦えません』との連絡がきまして、果たして茉莉選手と交わるのかどうかも見どころ。松田選手は飛鳥での存在感を増しています。今回の飛鳥マスクも正体は全く不明です。吉野選手、SAKI選手を含めて、どんな試合になるのか予測不能です」

▼第3試合 タッグマッチ
真琴(フリー)/小林香萌(フリー)
vs
チェリー(フリー)/バニー及川(アイスリボン)

篠瀬代表「真琴選手と小林選手はWNCでの先輩後輩で、師弟関係と言ってもいい間柄。DDTのプロレス教室で、及川選手はチェリー選手に指導を受けたことがあって、いわば師弟タッグ対決。どっちの絆、連係が上かの勝負で、その辺が注目です」

▼第4試合 タッグマッチ
児玉裕輔(W―1)/竹田光珠(666)
vs
梶トマト(2AW)/下村大樹(BASARA)

篠瀬代表「この4団体の選手がタッグマッチで交わるなんて、飛鳥でないとあり得ない。4人とも今後有望な選手で、大変おもしろくなるカードです」

▼第5試合 シングルマッチ
佐山駿介(フリー)
vs
吉田綾斗(2AW)

篠瀬代表「吉田選手には前から出てほしいと思ってたんですが、スケジュールが合わなかった。今回初参戦となって、佐山本人からの希望もあって、このカードが決まりました。吉田選手は2AWのエースと言っていい選手で、佐山は今は所属でないですけど、飛鳥の未来を担う選手で、次世代エース対決と言ってもいい。試合スタイルも似てるし、私自身もぜひとも見たいカード。9・26新宿で発表したときも、お客さんから『オー!』という声が上がりましたし、若さあふれる二人の試合を楽しみにしています」

佐山「ずっとシングルで対戦したかった選手の一人。ワクワクしかありません。このカードを組んでくれた篠瀬さんには感謝です。お互い蹴りが持ち味だと思うので蹴り勝ちたいと思います。当日までいろいろ考えて良い状態で試合を迎えたい」と、吉田は「佐山さんとは何度も一緒に練習してきた仲やけど、そんなつながりがあるからと言っても、初シングルで慣れ合いをするつもりはありません。飛鳥さんではアウェーの吉田綾斗を存分にお見せします!」

▼第6試合 6人タッグマッチ
黒潮“イケメン”二郎(フリー)/エル・イホ・デル・パンテーラ(フリー)/UTAMARO(フリー)
vs
TAJIRI(フリー)/高橋匡哉(大日本プロレス)/洞口義浩(フリー)

篠瀬代表は「私の方が先にSMASHの練習生をしていたんですが、『運動神経も良く、すごいヤツが入ってきた』ということで。聞けばTAJIRIさんの知り合いで、ハッスルで練習生をしていたんで、練習生の期間は私より長く、2カ月でデビューしたんです。気が付いたら私が抜き去られていた。彼は俗に言う“トンパチ”で、昔の昭和のレスラーのようなタイプ。対戦するチームのTAJIRIさんは別格として、高橋選手は大日本プロレスのデスマッチ路線で、独り立ちした。洞口選手はフリーになって、経験を積んできた。イケメン選手と組むパンテーラ選手、UTAMARO選手は世界を知っている選手で、これから世界へ飛び立つうえで、意味がある。私流のイケメン選手に向けたはなむけ。年内いっぱい、ほかの団体で試合があるでしょうけど、この試合がもつ意義は大きいと思います」と話した。

イケメン「最後にこんな素敵なカードを組んでくれたことに感謝します。WNCでともに闘ってきたみんなとの試合を楽しみたいです。飛翔!フィニッシュ」

パンテーラ「アスカという友人であるシノセ、この素晴らしい家族の一員になれたことをうれしく思います。パンサーの息子である私がシノセへの気持ちを込めて闘います」

UTAMARO「これ以上ないオリエンタルな試合にワクワクが止まらない。二度とないであろう、この闘いをぜひその目でご覧ください」とコメント。

TAJIRI「最後最後と思っていたイケメンとの対戦だが、ふと気が付くと、今月はあちこちの団体で何度も闘う。それでも、この試合が紛れもなく最後。ファンの皆さん、イケメンはきっとらは米国でもブレイクします。そんな彼の日本での若手時代最後の姿を目撃しておくことは、後々必ずファンとしての大きな財産になりますよ」

高橋「海外へ旅立つイケメンさんを気持ちよく送り出せるように楽しく激しい試合をしたいと思います」と、洞口は「飛鳥プロレスになって初参戦。WNCがなくなってから5年。5年分の思いをイケメンさん、パンテーラにぶつけます」


『飛鳥プロレス旗揚げ第2戦』
日程:2019年12月14日(土)
開始:12:00
会場:東京・新木場1stRING

関連記事

サイト内検索

日別

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月別

ページ上部へ戻る
×