【試合詳細】10・7 新日本プロレス後楽園ホール大会 オカダ・カズチカ&飯伏幸太vsSANADA&EVIL 【NEVER6人タッグ】田口隆祐&矢野通&真壁刀義vsYOSHI-HASHI&本間朋晃&棚橋弘至

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『NEW JAPAN ROAD』
日程:2019年10月5日(月)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:1725人(札止め)

▼6人タッグマッチ 20分1本勝負
上村優也/小島聡/○天山広吉
10分25秒 アナコンダバイス
●辻陽太/中西学/永田裕志

▼シングルマッチ 20分1本勝負
●トーア・ヘナーレ
9分43秒 MADE IN JAPAN→片エビ固め
[L.I.J]○鷹木信悟

▼タッグマッチ 30分1本勝負
タイガーマスク/●獣神サンダー・ライガー
10分3秒 反則
[鈴木軍]金丸義信/○鈴木みのる(パンクラスMISSION)

▼8人タッグマッチ 30分1本勝負
[CHAOS]SHO/YOH/石井智宏/○後藤洋央紀
11分53秒 GTR→片エビ固め
[BULLET CLUB]邪道/●外道/石森太二/高橋裕二郎

▼タッグマッチ 30分1本勝負
[L.I.J]○BUSHI/内藤哲也
9分44秒 エムエックス→エビ固め
[鈴木軍]●DOUKI/タイチ

▼棚橋弘至デビュー20周年記念試合III / NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/タグチジャパン】田口隆祐/○矢野通/真壁刀義
14分44秒 横入り式エビ固め
【挑戦者組/チームこっから】YOSHI-HASHI/●本間朋晃/棚橋弘至
※王者組が4度目の防衛に成功

▼タッグマッチ 60分1本勝負
●飯伏幸太/オカダ・カズチカ
19分25秒 EVIL→片エビ固め
[L.I.J]○“キング・オブ・ダークネス”EVIL/SANADA

ライガーがみのるとの因縁戦を前に怒りの反則!棚橋が20周年記念試合でNEVER6人タッグ挑戦も戴冠ならず!EVILが飯伏に勝利しSANADAへ「東京ドームで勝負だ」

第1試合


 試合前から上村が中西に突っかかっていき、それぞれ天山と永田がなだめて下がらせる。
 永田と天山でゴングが鳴ると、ロックアップからリストの取り合い、ヘッドロックからのショルダータックル、正面からエルボーの打ち合いに発展していくが、天山がサミングからモンゴリアンチョップを連打。両者タッチ。
 辻と上村の対面となると、ロックアップから押し込み合い、上村が押し込んで強烈な張り手。辻はヘッドロックで絞め上げていくが上村は辻のショルダータックルをバックエルボーで迎え撃ちショルダータックル。そしてコーナーの永田と中西にエルボーを叩き込み、辻と正面からエルボーの打ち合い。辻が押し込んで中西にタッチ。
 中西は怒りのブートから逆水平チョップ。上村も逆水平チョップで返していくが、中西はクロスチョップから逆水平チョップ、空手チョップを連打。上村は折れずにチョップを放っていくが中西が返り討ちに。永田にタッチ。
 永田と中西はダブルのショルダータックルを決め、永田がショルダーアームブリーカーを狙う。これを逆水平チョップ、エルボーで振り払った上村だったが、永田は即座に首投げからサッカーボールキック。辻にタッチ。
 辻は上村をボディスラムで3発叩きつけると永田にタッチ。
 永田は左ミドルキック一発で上村をなぎ倒すが、上村は雄叫びを上げて立ち上がり、エルボー連打。永田のビッグブートを耐えてドロップキックで一矢報い、小島にタッチ。
 小島は永田の突撃をかわしてマシンガンチョップ。「いっちゃうぞバカヤロー!」と叫ぶも永田がエルボーで反撃していき、低空ドロップキック。さらに追撃を狙うが小島がカウンターのコジコジカッター。そしてエルボーパッドを外してラリアットを狙うが、永田がキャッチしてエクスプロイダー。中西にタッチ。
 中西は小島をショートレンジラリアットでなぎ倒すと、雄叫びを上げて足を踏み鳴らし野人ラリアット。小島がこれを返すとアルゼンチン・バックブリーカーで担ぎ上げるが、すぐに天山がカットし、永田をモンゴリアンチョップで撃退し、小島からタッチを受ける。
 天山は小島とともに中西にダブルのブレーンバスターを狙っていくが、中西が逆に2人まとめてノーザンライトスープレックス。辻にタッチ。
 辻は天山と小島をショルダータックルで吹き飛ばすと、天山にエルボーを連打し、走り込んでドロップキック。そしてパワースラムで叩きつけ、永田・中西とともにトレイン攻撃。辻がスピアーを突き刺し、天山に逆エビ固め。これは小島がカットするが、辻は小島と天山2人にチョップで応戦。辻が走り込むが、天山と小島はテンコジカッターでカウンター。そして天山はアナコンダバイスで絞め上げギブアップを奪った。

第2試合


 ヘビー級の“先輩”であるヘナーレが鷹木にシングルマッチで胸を貸すこの一戦。ゴング前から激しい睨み合いを展開した両者だったが、ヘナーレがハカを踊って戦意を最高潮に高めていく。
 ゴングが鳴ると、手4つやショルダータックルと正面からの力比べを展開。これにヘナーレが打ち勝つとリング外にエスケープした鷹木はイスを手に取るが、レフリーに咎められるとイスを離してリング内へ。ヘナーレが突撃すると鷹木はロープを下げてヘナーレを場外に放り出すと、鉄柵を使った攻撃を仕掛けていき、反撃を狙うヘナーレに左ラリアット。
 ヘナーレがリングに戻ると鷹木はロープを掴みながらグリグリと踏みつけて挑発してから何度もエルボースタンプを叩き込んでからニードロップ。ヘナーレがチョップで反撃していくが、鷹木はダブルチョップ一閃。さらに鷹木はロープに振っていくが、ヘナーレはフライングショルダーでカウンター。
 ヘナーレはコーナーエルボーで滅多打ちにしてから串刺しラリアット。さらに鷹木とのブレーンバスター合戦を制して叩きつけるとハカを踊ってパワーを高めてからフィストドロップ。さらにバックフリップを狙うが、鷹木が着地してバックエルボーからラリアット。さらに串刺しラリアットからDDTと連撃していき、仁王立ちでヘナーレを見下ろす。
 鷹木は熨斗紙を狙うが、ヘナーレは振り払ってトラースキック。そしてスピアーで突っ込んでいくが、鷹木はこれをキャッチ。しかしヘナーレは無双で叩きつけて見せ、さらに突撃していくが、鷹木がキャッチして熨斗紙で叩きつける。鷹木は「立て!ヘナーレ!」と右手をチョイチョイと振ってみせ、パンピングボンバーを狙うが、ヘナーレは渾身のエルボーで反撃し、張り手、バックエルボーと猛攻。鷹木はチョップ、ヘッドバッド、左ラリアットと真っ向からの肉弾戦で返していき、ロープに走ってパンピングボンバー。ヘナーレがこれをキックアウトするとMADE IN JAPANで突き刺して3カウント。
 試合後、ヘナーレは鷹木の足にすがりついて未だ折れぬ闘志を見せるが、鷹木はその手を振り払って退場していった。

第3試合


 今年4月のライガー30周年記念試合以来因縁を深め続けているライガーとみのる。この試合は14日の両国国技館大会での決戦に向けての前哨戦となる。
 後から入場してきたライガーのリングインを待たずにみのるが奇襲し、場外乱闘の中でゴングが鳴る。みのるはイスを持ち出してライガーを暴行していき、ライガーもチョップで反撃。するとみのるは観客から傘を奪ってライガーに突き刺すなど後楽園ホールは無法地帯に。
 みのるはライガーをリングに戻すと、マスクを剥ごうとしていくが、タイガーがこれを救出に向かう。すると金丸もタイガーのマスクを剥ぎに行き、マスクマンたちは防戦一方に。
 みのるは「来いやオラァ!」と両手を広げてライガーを挑発し、ライガーがチョップで応戦していくもみのるはエルボー一発でライガーをダウンに追い込む。金丸にタッチ。
 金丸はライガーにストンピングを連打していくが、ライガーはすっくと立ち上がり正面から受け止めていく。そしてコーナーに控えるみのるに一発入れようとすると、みのるはこれを呼んでいてタランチュラ式腕ひしぎ。
 みのるに代わると、みのるはライガーにロープを使ったアームロック。さらに串刺しランニングビッグブートからジェットスタンプを放つが、ライガーが受け止めてチョップを連打しフィッシャーマンバスター。タイガーにタッチ。
 タイガーはみのるにミドルキック連打。みのるが吹き飛ぶと金丸にタッチ。
 タイガーは金丸に飛びつき式のヒールホールド。金丸がブレイクするとジャンピングパイルドライバーで突き刺し、コーナートップからボディプレスを投下も、金丸はこれを回避。自爆したタイガーをボディスラムで叩きつけるとムーンサルトプレスを投下。さらにディープインパクトを狙うが、タイガーがこれをかわしてタイガードライバー。両者大の字となり、タッチへ。
 みのるちライガーの対面となると、ライガーは「来いコラ小僧!」と叫んでみのるの打撃を正面から受け止めていく。さらにロープに振っていくが、みのるはライガーを場外に放り出すとイスを使ってライガーを殴打。さらにリング上へ次々とイスを放り入れるが、ライガーもイスを持ってリングへ。
 ライガーとみのるはイスでチャンバラを行ない、レフリーが止めに行くとライガーがレフリーをイスで殴打。2人はもみ合うが、レフリーへの暴行ということでライガーの反則負けがコール。
 けたたましくゴングが打ち鳴らされる中、ライガーとみのるはセコンド陣に引き剥がされながらも乱闘を続け、みのるがマイクを取る。

みのる「おいおいおいおい、テメェ、いつまでそんなもん被ってんだよ?オイ……山田ァ!山田ァ!お前はそれでいいのか?!お前のレスラー人生、これで終わっていいのか?!」

 この挑発に激怒したライガーがイスを取るが、みのるは「山田来い!今来い!コラ!」と挑発。みのるが暴れまわりながら退場していくとライガーがマイクを取る。

ライガー「オイ!坊主よ!よく聞いとけ!両国の試合は試合じゃねえぞ!殺し合いだこの野郎!……(観客に向き直って)俺は先に、この会場のみんなに、プロレスファン全員に謝っておく。なぜか?両国はさっきやったみたいな試合じゃねえ。殺し合いだ!俺は言ったことを守るぞ。今まで俺は有言実行だったはずだ!思い返してくれ!必ず、アイツの首、獲ります!」

<試合後コメント>
獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク
ライガー「タイガー、すまん!」
タイガー「いや、とんでもないです。もう、ライガーさん。リング上で言ったとおり、ファンは鈴木を潰すのしか見てないですから。お願いします」
ライガー「ケンカするなら街中でやるんだよ。俺たちはなんでケンカする?ファンの皆さんはなんで高い入場料を払って見に来るんだ?喧嘩を見に来る?喧嘩なら新宿でも行ってみろ。あっちゃこっちゃでやってるよ。そんなん金払ってみんな見るか?俺たちは体鍛えて、技術を磨いてそれを見てもらうんだよ。あれなんなんだ最初。誰でも出来るぞ。素人のガキだって石段あれば出来るわ。何がプロレスのキングだ。キングなら試合ちゃんとせぇよ。恥ずかしいわ。あんなんに絡んでる自分自身が。両国で、言ったとおり、試合じゃない。試合になるか。技術と技術のぶつかり合いですよとなると思うか俺たち。クソだクソ。クソはきれいに流してやる!」

第4試合


 石井と裕二郎でゴングが鳴ると、裕二郎がエルボーを連打。石井は「来いよこの野郎。来いや。効かねえんだよ」と挑発し、エルボーで反撃。しかし裕二郎は石井の指に噛み付いていき、石井もこれを噛みつきで返す。石井がロープに飛ぶと、外道がエプロンから石井に打撃を入れる。ここにSHOが救出に入り裕二郎ドロップキックを放つと、4人で外道を取り囲み太鼓の乱れ打ち。
 石井は裕二郎に「来いよ」とエルボーを打たせていき、ショルダータックルを放つが裕二郎がロープスタンガンで反撃。全員入り乱れての場外戦となり、場外戦を優位に終えた裕二郎は石井をリングに戻すと邪道にタッチ。
 邪道は石井の顔面をかきむしりながらスリーパーホールド。外道にタッチ。
 外道は金具むき出しのコーナーに石井を押し付けて顔面を踏みつけ、さらにサミング。石森にタッチ。
 石森も顔面かきむしりからエルボーを放っていくが、石井は鬼の形相で受け止め、石森のハンドスプリングエルボーをキャッチしてジャーマンスープレックス。YOHにタッチ。
 YOHは石森をバックエルボー連打で倒すとフライングフォアアーム。おっしてSHOとのコンビネーションで邪道外道を蹴散らすと、石森にトレイン攻撃。YOHが石森をファルコンアローで叩きつけると、続けてジャーマンスープレックスを狙っていくが、石森が耐えるとかち上げエルボー連打。そして石森のスピーディーな三次元攻撃をかわし続けたYOHだったが、場外からの邪道の竹刀攻撃で膝を付き、石森がジャンピングニー。裕二郎にタッチ。YOHは裕二郎に延髄斬りで一矢報いて後藤にタッチ。
 後藤は裕二郎に串刺しラリアットから串刺しニールキック、さらにバックドロップと猛攻。さらに牛殺しを狙っていくが、裕二郎が着地して足払いをかけ顔面に低空ドロップキック。外道にタッチ。
 外道は後藤にチンクラッシャーからトラースキック。そしてブラスナックルを持ち出し、レフリーが外道に気を取られている間に邪道が竹刀を持ってリングに上がり後藤に竹刀を振りおろす。これを後藤がキャッチするとSHOとYOHが飛び込んで生きて裕二郎と石森を場外に叩き出し、それぞれ場外飛びで蹴散らす。外道は後藤に丸め込みであわやという場面を作り出すが、キックアウトした後藤がラリアットから牛殺し。トドメのGTRを叩き込み、3カウントを奪った。

後藤「見てのとおり!この俺は絶好調です。ジェイ・ホワイト、もう二度とこの俺は負けない。オイ!しっかり伝えとけよ!以上ッ!」

第5試合


 両軍が入場すると、なぜかタイチが内藤のボディチェックを行い、内藤もタイチとレフリーのボディチェックを実施して両者笑顔。
 BUSHIとDOUKIでゴングが鳴ると、DOUKIがハンマーパンチ連打から「どうした?どうしたどうした?」と挑発していくがBUSHIも飛びつきDDTでたり返し顔面を踏みつけてから内藤にタッチ。
 内藤はDOUKIにナックルを叩き込み、ロープに飛ぶがタイチがエプロンからキック。さらにリング内に入って内藤に一撃入れると、内藤は小声で「トランキーロトランキーロ」とタイチをなだめる。しかしタイチはさらにエプロンから内藤に攻撃を加え、場外に引きずり出して乱闘を展開。そして内藤の髪を掴んで実解席に座る鷹木へ見せつけていく。
 内藤をリングに戻したタイチは内藤にチョーク攻撃。レフリーに咎められるとDOUKIにタッチ。
 DOUKIはタイチとともに内藤の顔面を踏みつけていき、ボディスラムからフットスタンプ。内藤もボディブローで反撃していき、延髄斬りを決めて一矢報いるとBUSHIにタッチを求めるが、先にDOUKIがタイチにタッチ。タイチが内藤のタッチを妨害するとエルボーを叩き込んで内藤をダウンに追い込む。そしてパンタロンを脱ぎ捨て天翔十字鳳を狙っていくが、内藤はこれをキャッチし、エルボー連打からバックスタバー、低空ドロップキックを放ってBUSHIにタッチ。
 BUSHIはコーナートップからミサイルキック。ブレイクダンスで起き上がりドロップキックからDDT。そして串刺し攻撃を狙っていくが、これを回避したタイチが延髄斬り。DOUKIにタッチ。
 DOUKIはBUSHIを引き起こすとコンビネーションキックから延髄斬り。そしてタイチとともにトレイン攻撃を決め、スワンダイブ式の飛びつきDDT。内藤がカットに来るとタイチが場外に排除し、リング上はDOUKIとBUSHIに。BUSHIは丸め込みからキックアウトに合わせて延髄斬り。タイチが入ってくると回転エビ固めで丸め込み、内藤が低空ドロップキックで追い打ち。その間に復活したDOUKIがBUSHIにクロスフェイスも、これをブレイクしたBUSHIがカウンターのドロップキック。そしてデュランダルからエムエックスを決め3カウントを奪った。

第6試合


 観衆が棚橋のデビュー20周年を祝福するボードを掲げ、大歓声の中で棚橋が入場。馴染みある6人は殺伐とした空気は無く和やかな空気で試合前に対峙する。
 棚橋と田口でゴングが鳴ると、ロックアップから首の取り合い、ヘッドシザースの応酬などスピーディーなグラウンド戦が展開され、クリーンブレイクから両者タッチ。
 YOSHI-HASHIと矢野の対面となると、矢野はYOSHI-HASHIに握手を求めるが、YOSHI-HASHIはこれをはたいて拒否。さらにロープに振っていくと矢野はロープに捕まってぶらぶらと揺れるが、YOSHI-HASHIは逆水平チョップからロープに吊り下げてドロップキックと容赦なし。さらにYOSHI-HASHIは追撃を狙うが、矢野はサミングからコーナーマットを外しに行く。YOSHI-HASHIは矢野の髪を掴んでこれを阻止するが、矢野も髪を掴み返してジグザグで反撃。両者タッチ。
 真壁と本間のGBHのパートナー対決となると、真壁がヘッドロックで絞め上げていき、本間は真壁をショルダータックルでなぎ倒す。そして本間はエルボー、逆水平チョップと連打していき、ロープに飛ぶが矢野がエプロンからキック。ここに棚橋が救出に入り、矢野と田口をボディスラムで並べ、YOSHI-HASHIが2人の足を抑える中で棚橋と本間がダブルの小こけしを放つが、2人は腹筋運動のように状態を起こしてこれを回避。すると田口は腰を妖しくくねらせてから本間へ掟破りの小こけしを放つが、本間がこれを回避。自爆した田口が場外に下がると、真壁は矢野にタッチ。
 矢野は「棚橋来いよオイ!」ち挑発し、棚橋が突っ込んでくるとコーナーマットを外した金具むき出しのコーナーに突っ込ませて撃退。
 田口に代わり、田口は本間へヒップバッド連打。真壁にタッチ。
 真壁は本間にナックル連打。本間は雄叫びを上げて自ら突っ込んでいきナックルを受け止める意地を見せ、真壁のブレーンバスターを返してブレーンバスターで叩きつけYOSHI-HASHIにタッチ。
 YOSHI-HASHIは真壁に逆水平チョップを叩き込み、真壁にショルダータックル合戦を挑み勝利。真壁は即座に起き上がるとYOSHI-HASHIをコーナーに振ってテンカウントパンチを叩き込み始めるが、YOSHI-HASHIが途中でパワーボムで脱出。さらに打撃戦を挑むが真壁がラリアットでなぎ倒し痛み分け。両者タッチ。
 棚橋と田口の対面となると、互いに打撃をかわし合い、向かい合って休憩。棚橋は田口のヒップアタックをマンハッタンドロップで迎え撃つが、田口はメゲずにヒップアタック。そして田口はスリーアミーゴスで棚橋を叩きつけていくが、3発目を棚橋がツイスト・アンド・シャウトで切り返す。そして棚橋がスリングブレイドを決めるとコーナーに上ってハイフライフローを狙うが、真壁と矢野が棚橋の足に追いすがるが、本間とYOSHI-HASHIがこれを排除。棚橋はハイフライフローを投下も、タイミングが遅れたため田口がこれを回避し棚橋が自爆。田口はたっぷり時間をかけてギタると、オヤァイを放つが棚橋もこれを回避し本間にタッチ。
 本間は田口に逆水平チョップを連打し、串刺しエルボーからフェイスクラッシャー。さらに小こけしを放つが田口がこれを回避し、田口が本間のおでこに掌底を連打。しかし田口も手に大ダメージを負い、矢野にタッチ。
 矢野は本間を金具むき出しのコーナーに叩きつけようとするが、本間はこれをかわして矢野を自爆させると棚橋のアシストを受けて小こけし。そして棚橋と2人でダブルの小こけしを決め、YOSHI-HASHIがヘッドハンターで追撃。本間は矢野をボディスラムで叩きつけ、コーナーに上ってこけしを狙っていくが、矢野がたちが上がるとロケットこけし。ここに真壁と矢野が入ってきて全員入り乱れての乱戦に。棚橋が真壁をハーフハッチスープレックスで叩きつけると、棚橋とYOSHI-HASHIが田口をダブルのブレーンバスターで投げようとする。ここに矢野が背後から忍び寄り2人に金的攻撃を放つと、真壁が本間にラリアット。続けて矢野が本間をスクールボーイで丸め込んで3カウント。

<試合後コメント>
棚橋弘至&本間朋晃&YOSHI-HASHI
本間「ホントごめん。申し訳ない」
棚橋「何度も言うけど、こっからだから。負けてもこっからだから。こんな前向きで、明るい言葉無いよね。こっから」
本間「こっから」
棚橋「こっから」
本間「こっから行きましょう、本当に」
棚橋「次、NEVERのタッグ、すぐには(順番が)回ってこないと思うけど、ノブもトモもどっか心の隅にこのタッグを置いておいて欲しい」
YOSHI-HASHI「もちろん」
棚橋「今ここの場所でも俺たちは必ず上がるから。必ず上がるから。上がって、みんなで必ず上がって、そんときまた行きましょう!」
YOSHI-HASHI「オーケー」
本間「また目指しましょう」
棚橋「まだまだ20年!折り返しですよ!」
YOSHI-HASHI「全くなんの円もないかもしれないけど、でも、今日組んだ2人というのは少なからず何らかの大きな影響を受けて、大きな影響を受けて、ここに着たことには間違いないから、去年、俺が、棚橋弘至、弘至……ヒロとシングルで向き合ったときに俺は感じた言葉、調べて、それは、調べたら『灯滅せんとして光を増す』って言葉が、俺の頭に浮かんできて、その光はすごく、まだまだ消えないと思ったし、これからも光り続けるなっていうのは、すごく、かんじました。ただ、あの人達も言ったように、ここから、ここからはじまるから」

第7試合


 現IWGPヘビー級王者のオカダが挑戦権利証を保持する飯伏とタッグを組み、次期挑戦者のSANADAと飯伏との権利証戦が迫るEVILがタッグを組んで闘うダブル前哨戦。
 EVILが前に進み出ると飯伏はオカダを下げて先発を買って出る。飯伏とEVILでゴングが鳴ると、EVILがガットショットで先制してヘッドロック。EVILがショルダータックルでなぎ倒せば飯伏はネックスプリングで起き上がってドロップキックと互角の攻防を展開。飯伏はオカダにタッチ。
 オカダはSANADAに出てくるよう挑発すると、SANADAがタッチを求めEVILがタッチ。
両国決戦を控えるオカダとSANADAの対面となると、場内はSANADAコールとオカダコールに満たされ、ややSANADAコールが優勢。するとオカダは観客席へ耳を傾ける仕草を見せ、SANADAもトップロープから観客席に身を乗り出しコールを煽っていく。
 ようやくリング内で両者が対峙すると、オカダがドロップキックを何発も放ち、SANADAがことごとくこれを回避。自爆したオカダを場外に放り出すと場外戦に突入。
 場外戦を優位に終えたSANADAがオカダをリングに戻すとEVILにタッチ。
 EVILはオカダに串刺しバックエルボーを見舞い、マットを叩いて観客のコールを煽ると走り込んでブロンコバスター。SANADAにタッチ。
 SANADAはオカダの首筋へエルボースタンプを叩き込んでいき、さらにランニングバックエルボーでなぎ倒してスリーパーホールド。SANADAはロープに飛ぶが、オカダはフラップジャックでカウンター。両者タッチ。
 飯伏はEVILのラリアットをかわしてレッグラリアート。さらにコンビネーションキックからソバット、ミドルキックからその場飛びムーンサルトプレスと畳み掛けジャーマンスープレックスを狙うが、EVILがこれを耐えてプッシュしローリングラリアット。SANADAにタッチ。
 SANADAは飯伏のブートをキャッチしてパラダイスロック。身動きが取れない飯伏に低空ドロップキックを見舞い、バックドロップを狙っていくが、飯伏がこれを耐えて飛びつきフランケンシュタイナー。オカダにつなぐ。
 オカダはSANADAにバックエルボーからSANADAの攻撃をかわしながら縦横無尽のロープワークを見せランニングバックエルボー。そしてSANADAに足を止めてのエルボー合戦を挑み、両者正面から打ち合っていく。ふらついて倒れると見せかけた低空ドロップキックでこれを制したSANADAはコーナーに上がるが、オカダはこれをキャッチしてリバースネックブリーカー。そしてオカダはボディスラムで叩きつけてコーナーに上がるとダイビングエルボードロップを投下。さらにレインメーカーポーズを決めると、ここにEVILが飛び込んできてオカダにジャーマンスープレックス。飯伏も入ってきてオーバーヘッドキックを叩き込むと、SANADAがスワンダイブ式ミサイルキックで飯伏を排除。続けてオカダがSANADAをツームストンパイルドライバーの形で持ち上げるが、着地したSANADAが組み付いてSkull End。これは飯伏がカットも、EVILが飯伏を排除。SANADAはシュミット式バックブリーカーからラウンディングボディプレスを放つが、オカダがこれを回避するとSANADAは着地。SANADAは再びSkull Endを狙っていくが。これを丸め込みで切り返したオカダがドロップキック。両者タッチ。
 飯伏はEVILにビッグブートを放つも、EVILは倒れず正面からゼロ距離でエルボーの打ち合いに。これを制したEVILがラリアットを狙って走るが、飯伏はパワースラムでカウンターし、セカンドコーナーに飛び乗ってムーンサルトプレス。飯伏はシットダウン式ラストライドを狙うが、EVILが振り払うと即座にクラッチを変えてジャーマンスープレックス。飯伏はボマイェを狙うが、EVILが待ち受けてラリアット。そしてダークネスフォールズで叩きつけるが、これはオカダがカット。SANADAがオカダを排除し、EVILは飯伏の首を掻っ切る仕草をカメラにアピールしEVILを狙うが、飯伏が耐えてローリングエルボー。EVILもローリングエルボーからラリアットを狙うが、飯伏がカウンターのハイキックを叩き込み、カミゴェの体勢へ。
 飯伏がカミゴェを放つとEVILが回避し、SANADAが飛び込んで生きて飯伏へドロップキック。オカダはがこれを排除し、オカダと飯伏がダブルのドロップキックでEVILを狙うが、EVILがこれを回避。EVILはオカダをEVILで叩きつけるが、飯伏もEVILへランニングニー。そしてカミゴェを狙うが、SANADAがは背後から忍び寄りSkull Endの体勢へ。これを振り払った飯伏だったが、SANADAが変形RKOで飯伏をダウンさせるとEVILが飯伏へ完璧なEVILを決め、そのまま3カウントを奪った。

EVIL「ウェルカム・トゥ・ザ・ダークネスワールド!後楽園!勢いは止めねえぞ。俺は権利証を取って歴史を動かしてやる!SANADA!東京ドームで勝負だ!This is EVIL!! 後楽園 is EVIL!東京ドーム is EVIL!!Everything is EVIL!!……全ては、EVILだ!」

<試合後コメント>
SANADA
「言いたいことは言ったんで。あとは、今週号の週刊プロレスと、今シリーズのパンフレット読んでください」

EVIL
「リング上で言ったとおりだ!あの動かねえ権利証を、この俺が動かして東京ドームを、そして新日本をダークネスに染め上げてやる!よぉく覚えとけ!This is EVIL!! Everything is EVIL……全ては、EVILだ!!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×