大仁田厚が『電流爆破』を世界知的所有権機関に申請!『爆破甲子園』の開催を発表!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 9日、神田明神にて大仁田厚と高木三四郎による『爆破甲子園2019』の会見が行われた。

 先日のTAKAYAMANIAに大仁田厚が参戦した際に、高木三四郎と久々に遭遇。大仁田の「次世代の爆破を志願するレスラーがいてもいい。爆破甲子園じゃ」という提案に感銘を受け、かつての恩を返すために二人でプロデュース興行『爆破甲子園2019』を11月17日に鶴見青果市場にて開催することになった。

 大仁田は「なぜ甲子園?純粋な気持ちで野球をやる。純粋な気持ちでバスケットをやる。純粋な気持ちでサッカーをやる。純粋な気持ちで爆破をやるという気持ちで、甲子園という名前がいいんじゃないかと。相撲とかだと素質はあったとしても勝ち抜けなかった人が、爆破に入ったことによって開花するというのはある。力道山だってそうですけど、関脇まで行ったんですけどマゲ切ってプロレスの世界で開花した
。馬場さんも野球選手だったけどプロレス来たから開花した。そういうチャンスはあるんで、相撲界、格闘界、プロレス界、そしてまた卓球界から水谷選手が来てくれたら面白い。そういった幅広いところから次世代の爆児を育てたい。是非どんどん応募してください」とコメント。
 
 さらに、『電流爆破』を世界知的所有権機関WIPOに申請し、世界120ヶ国での電流爆破マッチを目指すという。DDTは今年ニューヨーク大会を成功させており、来年には電流爆破をアメリカで行う予定とのことだ。

 最後に、「我こそはというプロレスラー、格闘家、特殊技能を持ったアスリートの方は『bakuha.koshien@gmail.com』宛に、件名に「次世代の爆破レスラー募集係」と、本文に氏名(リングネーム)、連絡先、キャリア、得意技などを明記し応募ください。優秀な人達だけでは駄目です。何かに挫折した人。うだつがあがらないままレスラー人生終えていく人たちでもいいかもしれません。電流爆破に情熱を持っている人を募集します」と、業界関係なく広く爆児を募った。

『爆破甲子園2019』
日程:2019年11月17日(日)
開始:17:00
会場:神奈川県・鶴見青果市場

<参戦予定選手>
大仁田厚、高木三四郎、他

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×