【試合詳細】7・2 我闘雲舞新宿FACE大会 里歩vsさくらえみ 紺乃美鶴vs志田光 水森由菜vs水波綾 駿河メイvs梅咲遥

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Last song for you』
日程:2019年7月2日(火)
開始:19:00
会場:東京都・新宿FACE
観衆:420人(超満員)

▼6人タッグマッチ 15分1本勝負
高梨将弘(DDT)/○趙雲子龍(新北京)/サワディー仮面
11分23秒 チャイニーズ・ゴリースペシャルボム→片エビ固め
E.K.バギー/●バリヤンアッキ/エイダン・レックス

▼6人タッグマッチ 15分1本勝負
帯広さやか/○SAKI(Color‘s)/アントーニオ本多(フリー)
9分12秒 ブレーンバスター→エビ固め
真琴(フリー)/●杏ちゃむ(信州ガールズ)/新納刃(魔界)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
○駿河メイ
11分28秒 ほうき星
●梅咲遥(ディアナ)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
●水森由菜
10分3秒 ダイビングギロチンドロップ→片エビ固め
○水波綾(WAVE)

▼シングルマッチ 15分1本勝負
●紺乃美鶴
10分38秒 スリーカウント→片エビ固め
○志田光(魔界)

▼シングルマッチ 時間無制限1本勝負
●里歩
15分32秒 ラ・マヒストラル
○さくらえみ

里歩が我闘雲舞ラストマッチで13年間の想いを込めてさくらえみと激突し「しあわせな7年間でした」と涙!美鶴と水森が意地を見せ格上相手に肉薄!メイと梅咲に遺恨発生?!

オープニング


 まずは希月あおいが登場し前説へ。続いてアイドルユニット『ガトームーブ』のライブへ。

里歩「本日はご来場いただきましてまことにありがとうございまーーーす!ちょっとね、平日ですし埋まるか不安だったんですけども皆さんのおかげでなんとか満員で迎えることができましたありがとうございます!今日で私は我闘雲舞を退団するんですけども、私の8年間と私とさくらさんの13年間とこれからの我闘雲舞と私の覚悟を見てほしいなと思います。今日はよろしくお願いします!それではいつもやつ行きます!我闘雲舞の行き先は!リャオサーイ?(メシャーイ)リャオクァー?(メシャーイ)トンパーイ?(シャーイ)レッツゴーガトームーブ!」

第1試合


 先発はサワディーとレック。レックが足を刈って倒しグラウンドへ。サワディーがリストを取って切り替えしていくが、レックは横十字で丸め込むが1。
 サワディーはヘッドロックで捉えショルダータックルで倒すも、跳ね起きたレックにサワディーが走り込む。避けたレックが走り込むとコルバタで投げ捨てサワディーは場外へ。レックはバギーにタッチ。サワディーも趙雲にタッチ。

 趙雲が丸め込むが2。趙雲はボディスラムを狙うがバギーが逆に担ぐも、着地した趙雲が足を踏みつけて動きを止める。バギはコーナーに振って行くが、趙雲はコーナーに駆け上り飛び越えてドロップキック。しかしバギーも走りこんでショルダータックルで倒す。趙雲は転がり高梨にタッチ。バギーもアッキにタッチ。

 高梨が走り込み、避けようとしたアッキを丸め込むが2。高梨はタカタニックの体勢も、切り返したアッキが延髄斬り。避けた高梨がロープに飛んで走り込むがアッキはドロップキックで迎撃しレックにタッチ。

 レックはミドルキック連発からロープに飛んで走り込むも、高梨が丸め込み、趙雲が高梨を踏み台にしたカンフーキック。高梨が首投げからサワディーにタッチ。

 サワディーはスワンダイブセントーンからフォールも2。
 サワディーにニードロップからフォールも2。
 サワディーはコーナーに振って串刺しエルボーから趙雲にタッチ。

 趙雲は首投げから顔面を踏みつけていく。さらに顔面を踏みつけての往復ロープワークからエルボードロップ。フォールも2。
 趙雲はキャメルクラッチ。高梨がストンピングからタッチ。

 高梨はストンピング連打。レックがロープに振ろうとするが、高梨が鼻つまみからグルグルパンチ。レックが避けて高梨は勢い余って場外に落ちるが、タッチしようとしたレックを趙雲がカットしエルボー。だがレックもエルボースマッシュ連発からロープに飛ぶが、場外から高梨が足を掴んでコケさせると趙雲が顔面に低空ドロップキック。
 趙雲と高梨は交互にチョップを打ち込みコーナーに振るも、レックは趙雲を飛び越えるが高梨が羽交い締めに。走り込んだ趙雲をレックが蹴りつけると、高梨を踏み台にしたスイングDDTを超雲に叩き込む。レックはバギーにタッチ。

 バギーはエルボーで次々なぎ倒し、高梨に左右のエルボーも、避けた高梨が走り込むがバギーはバックブリーカーで迎撃。場外に転がりでた高梨へ、アッキがノータッチトペコンヒーロ。
 リングに戻った高梨にバギーがアームホイップからフォールも2。
 バギーはネックハンギングボムを狙うが、高梨が鼻つまみからソバットを叩き込みドロップキック。高梨はサワディーにタッチ。

 サワディーはスワンダイブフォアアームから、バギーをコーナーに振って走り込むが、避けたサワディーがハイキックからソバット。続けてトラースキックも、キャッチしたバギーがエルボーで迎撃しアッキにタッチ。

 アッキはエルボーもサワディーは足を刈って丸め込むが2。
 サワディーは投げようとするが、アッキは旋回式ブレーンバスターからフォールも2。
 アッキはフィッシャーマンも、サワディーは着地し延髄斬りから趙雲にタッチ。

 アッキはコーナーに振って串刺し攻撃も、避けた趙雲がカンフーキックから619。コーナーに登りチャイニーズ・ボムズ・アウェイを投下しフォールもバギーがカット。
 高梨がレックに、趙雲がアッキに、サワディーがバギーにフロントスリーパーも、それぞれ切り替えしてブレーンバスターで叩きつける。
 レックが趙雲にブーメラン式スリングブレイド。バギーがアトミックドロップ。アッキがスワンダイブダブルニードロップを投下しフォールも高梨がカット。
 レックが首投げからバギーが前回り受身で潰し、レックがバギーを踏み台にしたムーンサルト。アッキがフロッグスプラッシュを投下も、趙雲は避けてサワディーがサワディースプラッシュを投下。趙雲がチャイニーズゴリースペシャルを狙うが、アッキが切り返して延髄斬り。だが高梨がトラースキックから趙雲もトラースキック。趙雲はチャイニーズゴリースペシャルで叩きつけて3カウント。

第2試合


 乱闘から試合開始。
 SAKIが刃にエルボー連打からショルダータックルも、刃は受けきりショルダータックルで倒す。刃はソバットからラリアットも、避けたSAKIがショルダータックルで倒すが、真琴が出てきてダブルチョップ。SAKIがロープに振るが真琴がブーメランアタックから杏ちゃむとダブルでグラビア固め。これはアントンがカット。
 アントンは場外に投げ捨てトペを狙うが、リング中央でコケてマイクを要求。アントンは創作昔話のごんぎつね~アラジンVer~も、杏ちゃむがキャッチし逆にサミング。杏ちゃむはエルボー連打からランニングエルボー。さらにラリアットを避けて丸め込むが2。
 杏ちゃむはコーナーに振って串刺しニーからコーナー上でのヘッドシザース。
 杏ちゃむはコーナーに上りダイビングクロスボディアタックからフォールも2。杏ちゃむは刃にタッチ。

 刃はナックルを打ち込んでいくがアントンはチョップで返す。だが刃はナックルを再度打ち込むが、アントンがロープに振りボディへのアッパーカット。アントンは帯広にタッチ。

 帯広はナックルも、ガードした刃に逆の腕でボディブローからローリングダブルチョップで倒す。帯広は地獄突きも刃は避けて、両手の地獄突きをキャッチ。帯広はボディへヘッドバッドして抜けるとロープに飛んで突っ込むが、刃はキャッチしブレーンバスター。刃は真琴にタッチ。

 真琴は串刺しビッグブーツからフォールも2。
 真琴はダブルアームの体勢も、帯広は丸め込むが2。
 帯広は左右のチョップ連発からダブルチョップ。真琴がコーナーに振っていくが、帯広はコーナーに駆け上がり飛び越えると、不規則なロープワークからドロップキック。帯広は投げようとするが、真琴が逆にボディスラムで叩きつけてロープに飛んでWWニー。これをアントンが帯広の足を引っ張り避けさせ、帯広はSAKIにタッチ。

 SAKIはビッグブーツから投げようとするが、耐えた真琴が逆にビッグブーツ。キャッチしたSAKIがビッグブーツからコーナーに振って串刺し攻撃も、真琴が足を伸ばしてカットしダイビングクロスボディーアタック。フォールも2。
 真琴はダブルアームスープレックスホールドからフォールも2。真琴は杏ちゃむにタッチ。

 杏ちゃむはヒップアタックから真琴と刃がダブルのビッグブーツ。刃がセットし杏ちゃむがシャイニングウィザードからフォールも帯広がカット。
 杏ちゃむはヒップバットから真琴がヒップバット。刃もヒップバットから三人がロープに飛ぶも、帯広が真琴を、アントンが刃の足を場外から掴んで倒し、杏ちゃむはSAKIがキャッチしアトミックドロップ。
 アントン達はバイオニックエルボーを狙うが、刃たちはガットショットから逆にバイオニックエルボーを狙う。これもアントンたちがガットショットでカットし、お互いバイオニックエルボーを狙うがこれはアントンたちが打ち勝つ。
 杏ちゃむにSAKIと帯広がダブルのアトミックドロップからSAKIがカワイルドバスターで叩きつけて3カウント。
 

第3試合


 ロックアップから一度離れ、再度ロックアップから遥がロープに押し込むもメイが切り返しロープ際での攻防。メイがそのままコーナーに押し込むも、ブレイクした直後に遥がビンタからコーナーに振る。メイはすぐに走り込んで腕を巻き込んでステップを踏むも、遥はコーナーに振り直すがメイは駆け上がり腕を巻き込んで投げ捨てるとメイジャンプ。遥は丸め込んでフロントネック。そのままグラウンドの攻防から足を刈ってのフォール合戦も両者2で距離を取る。

 メイはカニバサミで倒してインディアンデスロック。逃れた遥とフロントネックロックでの絞り合いからメイが切り返してヘッドロック。メイは改めてメイジャンプからアームホイップ。メイは首投げからボディシザースで絞り上げてダイヤル固めも2。

 メイはストンピングからブレーンバスターを狙うが、耐えた遥にエルボー。メイは突撃も、遥は突き飛ばして串刺しドロップキックからランニングクロスボディアタック。フォールも2。

 遥はインディアンデスロックからロコモーション弓矢固め。これを離すとストンピングから投げようとするも、耐えたメイがラリアット。避けた遥がボディスラムを狙うが、着地したメイが担ぐも、遥は耐えるがメイは4回目にして叩きつける。
 メイは突撃2連発からフォールも2。

 メイはインディアンデスロックから弓矢固め。逃れた遥に再度弓矢固め。3度めの弓矢固めも耐えた遥に逆エビ固めも遥はロープへ。

 メイはストンピングからロープに飛ぶが、遥はドロップキックを避けて逆に四方からドロップキック連発。フォールも2。

 遥はボディスラムからフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。繰り返しフォールも2。

 遥はミサイルキックからフォールも2。

 遥は逆エビ固めメイはロープへ。

 遥が走り込むも名はカニバサミクラッチも2。遥はスクールボーイも2。遥は首固めも2。遥は逆さ押さえ込みも2。
 遥は低空ドロップキックからラ・マヒストラルを狙うがメイはスクールボーイも2。メイはドロップキックからフォールも2。メイはプロペラクラッチも2。メイはほうき星で3カウント。

 試合後納得いかない遥が殴りかかるが、セコンドが引き離しメイは両手を掲げた。

第4試合


 ショルダータックルのぶつかり合いから水波がガットショット。水森がコーナーに振るが、水波がすぐに走り込んでショルダータックルで倒す。
 だが立ち上がった水森がエルボーからロープに飛んでショルダータックルで倒す。
 水森はエルボー連打から投げようとするが、水波が逆にボディスラムからギロチンドロップを投下しフォールも2。

 水波はキャメルクラッチ。これを離すとストンピングからチョップでコーナーに押し込みマシンガンチョップ。水森はチョップをキャッチしエルボー。水波はガットショットから走り込むが、水森はコーナーに押し込み串刺しボディスプラッシュからエルボー連打。水森は串刺しヘッドバッドも、避けた水波がエルボーからマシンガンチョップ。さらにナルシストラリアットも、水森は腕を巻き込んで膝蹴りから、腕を回転させてトロピカルヤッホーとポーズを決めさせる。恥ずかしがる水波がガットショットからエルボー。さらに左右のエルボー連打でふっ飛ばし、水森はトロピカルランニングエルボーも、受けきった水波がチョップあらショートレンジラリアット。さらにラリアットからギロチンドロップを投下しフォールも2。

 水波は袈裟固め。立ち上がった水森がエルボーで逃れて担ごうとするが、キャッチした水波がラリアット。ガードした水森がエルボーからリバースしてボディプレスを投下。フォールも2。

 水森は低空クロスボディアタック連発からフォールも2。
 水森は倒立プレスも避けた水波がランニングギロチンアタック。フォールも2。

 水波はコーナーに上るが、水森はエルボーから担いだままキャノンボール。さらにパパイヤマンゴーココナッツアタックからサンセットフリップを投下しフォールも2。

 水森は武者返しも、水波は足を伸ばしてカット。
 水森は後ろ回し蹴りに連発で倒しフォールも1。
 水波が走り込むも水森はドロップキックで迎撃しフォールも2。
 水森は武者返しからフォールも2。
 水森は走り込むが、水波はラリアットでなぎ倒すフォールも2。
 水波はラリアットからフォールも2。
 水波はスピアーからフォールも2。
 水波はダイビングギロチンドロップを投下し3カウント。

第5試合


 同じ魔界所属の刃がなぜか志田ではなく美鶴のセコンドへ。チェリー、メイ、帯広も美鶴のセコンドにつき、志田はセコンド0人で闘うことに。

 ロックアップから志田がロープに押し込みクリーンブレイク。
 ロックアップから再度志田がロープに押し込みクリーンブレイク。美鶴が走り込みロックアップも、志田がロープに押し込むが美鶴がすぐにロックアップを仕掛けロープに押し込みエルボー連打。
 美鶴は投げようとするが志田がボディスラム。美鶴は走り込んでエルボーから投げようとするが、志田が投げ捨てロープにもたれかかる美鶴にランニングニー。さらに場外を走り込んで顔面に膝蹴りから、リングに戻り顔面を踏みつける。志田は担いでバックブリーカーからフォールも2。

 志田はキャメルクラッチも美鶴はロープへ。

 美鶴がエルボー連打も志田はサミングからコーナーに振って走り込むが、美鶴は足を伸ばすも志田はスカして串刺しニー。だが美鶴は逆コーナーに振って串刺しドロップキックからカンフーキック。美鶴は逆エビ固めも志田は切り返して膝蹴りから背中にランニングニー。フォールも2。

 志田はブレーンバスターからフォールも2。

 志田はランニングニーも、美鶴はガードしスクールボーイも2。美鶴は飛び込み式エビ固めも2。美鶴は逆さ押さえ込みも、切り返した志田が二段式の膝蹴り。美鶴はダウン。

 美鶴は膝立ちでエルボー連打も、志田は小突いてで倒す。美鶴は再度膝立ちでエルボー連打も、志田は顔面を突き飛ばして倒し、美鶴はやけになってエルボー連打も、志田は髪を掴んでビンタ。美鶴は髪を掴んで立ち上がるが、お互い髪をつかみ合うと志田がエルボー。美鶴は髪を掴んでエルボー連打でロープに押し込み、ビッグブーツで場外に叩き出す。
 場外戦で美鶴は鉄柱に叩き込み、さらに客席へ叩き込む。

 リングに戻り、美鶴はノーザンライト・スープレックスホールドも2。
 美鶴はビッグブーツからフォールも2。
 美鶴のラリアットを避けた志田がジャンピングニーからフォールも1。
 美鶴はビッグブーツも志田が延髄斬りから荒鷲ドライバーも丸め込み合戦。

 志田はエルボーから走り込むも美鶴はセカイバレーで迎撃しフォールも2。

 志田はサミングから首固めも2。
 志田は魂のスリーカウントを叩き込んで3カウント。

 両者は試合後に握手を交わし、志田は美鶴をしっかりと抱きしめた。

第6試合


 ロックアップからリストの取り合い。里歩が側転して逃れて距離を取る。
 里歩が手4つを要求し、さくらが潰してボディに乗っていくが、里歩が切り返すもさくらは投げ飛ばすが里歩は側転して着地。里歩のクロスボディを受けきったさくらが弾き飛ばし、里歩は負けじと走り込むがさくらはアームホイップで迎撃しロメロスペシャル。里歩がこれを飛び跳ねて抜けると、里歩は掟破りのロメロスペシャルを狙う。だが重くて上がらず、今度はニコニコ印からコーナーに叩きつけて串刺しジャンピングニー連発。さくらはモンゴリアンチョップ連発からヘアーホイップ。さらにコーナーで顔面を踏みつけ「なんで辞めるんだオラ!」と叫び、「裏切り者ー!」と叫びながら顔面ウォッシュ。
 さくらはロメロスペシャル。これを離すと「辞めるのやめるなら今のうちだぞ」と言いながら起こしてダブルアームを狙うが、着地した里歩がコルバタで場外に投げ捨ててコーナーからのプランチャ。
 リングに投げ入れると、里歩はダイビングクロスボディアタックからフォールも2。

 里歩はノーザンライトを狙うが、さくらはさくらえみ斬りからシュークリーム。里歩は着地し腰へのドロップキックから619。さくらはガードしマジックキラー式バックブリーカー。
 さくらはダブルアームバックブリーカーからフォールも2。

 さくらはチョップからロープに飛んで走り込むが、里歩はカニバサミから619。さらにノーザンライトスープレックスホールドも2。

 里歩はコーナーに上りダイビングフットスタンプも、さくらは避けてチョップ。里歩は走り込んでバックブリーカーを狙ったさくらを丸め込みフットスタンプ。
 里歩は背中にランニングニー。さらにさくらえび固めもさくらはロープを掴む。

 里歩は腰へのエルボー連打。さらに投げようとするがさくらはスマッシュマウス。さくらはさくらえみ70kgからリバーススプラッシュ式フットスタンプ。さらにリバーススプラッシュも剣山で迎撃した里歩がダイビングフットスタンプを投下しフォールも2。

 里歩は蒼魔刀を発射するが、さくらは避けて丸め込むが2。
 里歩とさくらは座り込みながらエルボー合戦。立ち上がると強烈なエルボーの打ち合いから、さくらはチョップ。里歩はビンタを打ち込み、さくらもビンタで返すと里歩は崩れ落ちる。
 さくらは低空ドロップキック。里歩は左右のビンタからエルボー。さくらはエルボーからロープに飛ぶも、里歩は追走ニーからロープに飛ぶが、さくらはジャンピングニーで迎撃しコーナーへ。だが里歩は追走し掟破りのさくらえみ70kg。両者ダウン。

 里歩がコーナーへ上るが、さくらは正面からエルボー。さらに駄々っ子パンチも、里歩は突き飛ばして逆さ吊りにすると断崖式フットスタンプ。
 里歩は蒼魔刀を発射するが、さくらは丸め込みラ・マヒストラルも、里歩は切り替えして丸め込むが2。

 里歩はくるくるリボンを狙うが、さくらは振り回して投げ捨てるとラ・マヒストラルを狙うが里歩は切り替えしてラ・マヒストラルも2。
 里歩は後頭部にゼロ距離蒼魔刀から蒼魔刀を発射しフォールも2。

 里歩は髪を掴んで引き起こすが、さくらが投げ捨てジャーマン。
 さくらはガトムードライバーからフォールも2。
 さくらはチョップからロープに飛ぶが里歩はラリアットでなぎ倒しフォールも2。
 里歩は走り込むがさくらが逆さ押さえ込みからのラ・マヒストラルで3カウント。

 さくらは先にリングを降り、里歩は正座をして一礼すると、立ち上がり中央で四方に礼をしてリングを後にした。

エンディング


 TAMURAがコールの練習からガトームーブのライブへ。ライブが始まると会場はピンクのサイリウム一色で埋め尽くされ、一番好きな人の名前も里歩で埋め尽くされる。
 すると『ガンバレ!』が流れ、「ことり」とアーサが登場し一緒に歌に混ざる。
 「ことり」から花束が渡されると、『一番好きな人の名前を叫ぼう』に戻り、「里歩」の名前が叫ばれた。

里歩「本当に、7年間ありがとうございました。いつも我闘雲舞は私達に幸せな時間を作ってくれました。さくらさんから13年教えていただいたものは全く無駄にはせず、これからはしっかり背負って、さくらさんが理想とする我闘雲舞は作れないと言っていましたけどさくらさんが理想とするレスラーにこれから私がなっていけるように、もっともっと頑張っていきます。本当に今までこんなちっちゃい頃から教えていただいていたのでもうほんとに、全然実感ないんですけど、これからは一人で胸を張ってプロレスをして、さくらさんが喜んでくれるように頑張ります。本当にありがとうございました。私は我闘雲舞でできることは、もう全てやったと思ってたんですけど、一つだけ叶えられなかったことがあって、それは今のメンバーでもう一度後楽園ホールに、後楽園ホールで試合をすることが私にとっては夢でした。それが、叶えられなくて、悔しいし、申し訳ない気持ちが正直あります。でも、次、みんなと会った時には、私が後楽園に立てば超満員になるような、嘘ですけどね、選手になれるようにこれからもっともっと頑張っていきますので里歩と我闘雲舞をこれからもよろしくお願いします。それではいつものやつやってもいいですか?それでは最後に行きます!我闘雲舞の行き先は!リャオサーイ?(メシャーイ)リャオクァー?(メシャーイ)トンパーイ?(シャーイ)レッツゴーガトームーブ!」
 最後は里歩を胴上げして送り出した。

さくら「私は、里歩さんにとってのお母さんと呼ばれることがとても嫌いでした。そんな簡単なことではないし、お母さんなんて大変じゃないですか。今日は、新宿フェイス、420人のお客様が来てくださいました。でも私は、今日たった一人のために試合をしました。それは、里歩さんでもなく、私自信のためでもなく、今日会場に来てくださってる里歩さんの母さん、まりこさんです。ある時は大きな傘をさして、時に雨に打たせてくれました。13年間プロレスを信じて預けてくださって本当にありがとうございました。無事にお家に帰せること心からホッとしています。本当にありがとうございました。里歩さんの才能の大本のまりこさんはもっとすごいと思います。里歩さんが退団した後はまりこさん、プロレスはじめましょうよ!ありがとうございます。さぁ♪これからどうしよー♪未来がみえなーいのー♪夢見たひ~びは、もう届かない~の~♪手を取り合って歌お~歌お~♪(コーラス「おー♪」)私は、決めました。我闘雲舞を解散。すると。思いきや、新人を入れます!でも、どうせ募集したって来ない。だから諦めました。でも、募集してこないんだったら、呼べばいいと思って、手当たり次第、声をかけてみました。そしたら見つかったんです!練習性を紹介します!中学生レスラー・リンリン、44歳・桐原、週末コスプレイヤー・さやか、フリーライター・ルルペンシル!里歩さんは、すごい特別な存在だったんです。里歩さんに変わるような選手はもう出てこない。だから、誰でもいいんです。冗談だと思う?私は冗談じゃないんです。里歩さんがトップとした女子プロレス団体をつくりたかった夢はかわらないんで。だからこのメンバーとやっていくって決めました。8月28日、新木場大会、ここにいる4人でデビュー戦を組みます。そしてその日は、我闘雲舞を史上初となる純正興行。つまりここにいる9人で試合を組みたいと思います。新木場大会、チケットは全席自由席3500円。この試合後から販売しますので是非よろしくお願いします。さあみんな後ろに。なんとかなるし、なんとかしてきたから!このメンバーで頑張ります!レッツゴー、我闘雲舞!」

 最後はみなで手をつないでジャンプして結束を見せた。

<試合後コメント>

里歩
――試合を終えられたお気持ちは
「雰囲気に呑まれて泣いたんですけど、まだなんか実感なくて(笑)これから市ヶ谷に行かない自分がまだ想像できてないです」

――さくら選手との対戦でした
「コンディションとか、対戦相手ながら不安はあったんですけど、やっぱりここぞというときのさくらさんが出てきて、最後までさくらさんは超えられなかったなって。試合中は試合に夢中すぎてあんまり思い出に浸る余裕はなかったんですけど、試合が終わったときには『あぁ、もう最後なんだ』って……」

――試合には負けてしまいました
「やっぱり理想としては勝って、我闘雲舞全員超えていくのが自分の中では理想だったんですけど、やっぱりさくらさんは超えられなかったし。でも、それでいいのかなって。これでまだ頑張る理由というか、次会ったときは勝てるように頑張っていかなきゃなって。私は出ていく側の人なので、残る人たちは思うところが色々あるだろうし、大変になっちゃうと思うんで。でもそこを含めてみんな一致団結して頑張ろうとしているので、それは新しい我闘雲舞が、私が抜けることで見えてくるんだと思います」

――改めて我闘雲舞での7年間を振り返っての思いは
「なんかすごく、しあわせでした。お客さんもですし、もちろん所属選手もですし、出てくださる選手も凄く温かくてて、ホント家族みたいな雰囲気をみんなで作り上げていたのが我闘雲舞だったと思うので、これからは故郷を出ていく気持ちというか、温かく見守ってくれるところを抜けて自分でガシガシと茨の道を進んでいかなきゃいけないんだなあという気がしています」

――明日からフリーとしてやっていくわけですが、その準備は進んでいますか
「準備は……あんまり進んでないです(笑)でも海外とかこれから行くと思いますし、もちろん日本でも今まで以上に活躍したいなと思っているので、もうちょっと今から準備します(笑)まだこれからのことはカッチリは決まってないんですけど、今までどおりちょっと海外は行きつつ、拠点は日本に置く形になるかなと思っています」

――今後に向けての決意は
「やっぱり、我闘雲舞はいつも優しい場所なので、ここにいても誰も文句は言わなかっただろうし、でもそこを敢えて出ていくのはすごく覚悟がいる決断だったので、その決断を下したからには今まで以上にもっと色んな方に会う機会があったらいいなと思いますし、もっと大きな事を言うと、女子プロレス界を引っ掻き回すような存在になれたら良いなあと思っています」

――我闘雲舞ではプロレス以外にも歌ったり踊ったりという活動もあったわけですが、これからはなくなってしまうと思います
「無いですね~(笑)最初はすごくやらされてたので、そういう部分はあったんですけど、やっぱり今日も歌いながら『あっ、最後なんだ』って思いましたし、さくらさんの歌は別れのときとかにグッと来る歌詞が多いので、今日はすごく存分に浴びたなあという感じです(笑)」

――最後に我闘雲舞のファンに向けて
「ホントにいつも温かい場所をありがとうございました。私が我闘雲舞からいなくなっても大丈夫だと思ったので、この決断をしたので、これからも皆さんには見守ってほしいですし、よければ私のことも見守ってくれると嬉しいです。これからも宜しくお願いします!」


さくらえみ
「終わりました!私の中ではレイちゃんのことがあって、あおいちゃんを送り出せたということで、お母さんのもとに返せたということが大事だと思いました。辞めるって決めてから2ヶ月半くらい時間があったからこそ、2人で色んな事を話すことも考えることが出来たので、気持ちの整理はできていて、今後はホント里歩ちゃんの今後が楽しみです。それと同時に、我闘雲舞のことは里歩ちゃんみたいな特別な存在を失ってどうでもいいかなって思ってるんで、もうなんでもやってみようと思ってます。ほんと批判されるくらいでちょうどいいかなって思ってます。もう里歩ちゃんもいないから里歩ちゃんが傷つくこともないし、他のメンバーはどうでもいいんで、色んなことをやってみようと思っています。私の目標だった『女子プロレス団体を作る』っていうのは、まだまだかなってないんですけど、8月28日には初めて、練習生4人紹介したんですけど何人辞めるかわかんないんで、それでも我闘雲舞のメンバーだけで大会をやっていこうと思っています。時代も変わってきているんで、若くてかっこよくて強いだけじゃない女の子が活躍できるステージを作っていきたいですし、誰でも女子プロレスを広めていきたいと思ってます。里歩さんに関しては……(涙ぐみながら)これからの活躍を期待すると言うよりは、もう、『怪我しないかな』とか『ちゃんと時間どおりに行けるかな』とか心配ばっかりしていて、本当の意味で里歩さんが辞めてからお母さんになったのかなと思いますし、きっと世界中の人を楽しませてくれるんじゃないかと思っています。怪我なく送り出せたことが本当に嬉しいですし、こっちゃんやアーサちゃんが戻ってきてくれたり、今日は高橋李佳ちゃんとか……ご存じないかも知れないですけど、牧場みのりちゃんとか、我闘姑娘時代のOGも来てくれていたので、私は引退試合しないつもりなんで、今日が引退試合無事に終わったつもりです(笑)ありがとうございました!」

――今日は里歩さんに伝えられることは全部伝え……
「もう無いです!私がもらって『あぁ、女の子って変わっていくんだな』ってことをホントに教えてもらって、ホントに感謝の気持ちでいっぱいです。……どうせ私の言うことなんて聞きやしないですよ。色んな新しい人に出会って、色んな人の声を聞いて、ホントに里歩ちゃんが言ってたんですけど『私は負けず嫌いなんで皆さんが思ってる以上の里歩を皆さんにお見せします』って言ってくれたんで、それを楽しみにしたいと思っています。我闘雲舞の収益の半分は里歩さんだったんで……ヤバい。これからがヤバイ。頑張ります(笑)」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×