佐村河内守作曲の新入場曲で登場したザ・グレート・サスケが高輪ゲートウェイでミサイルを破壊!

  • -
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、東京都・後楽園ホールにて『みちのくプロレス2018年東京大会Vol.7 宇宙大戦争』が行われた。

 今年の宇宙大戦争は『グレイテスト・ボヘミアン・ガチ星・オブ・ザ・セクシーズ』と題され、ザ・グレート・サスケ&バラモンシュウ&バラモンケイ&ゴージャス松野&ウルトラマンロビンvsデイジーヒルトン1号&ヴァイオレットヒルトン2号&ヤッペーマン3号&LGBTaro&髭女ガイナ&チビクソプリティ将軍が激突。

 ミゼットレスラーであるチビクソプリティ将軍(プリティ太田)率いる社会的マイノリティに配慮した軍団が虹色の旗を振りながら入場し、フレディ・マーキュリーに酷似したTaroが観客席になだれ込んでチョビヒゲの男性の唇を奪っていく。
 サスケは佐村河内守さんが作曲した荘厳な曲調の新入場曲『Resurrection』に合わせ、自身が「今年一番の邦画」と絶賛する競輪映画『ガチ星』の影響を受けてかロードバイクに乗って入場するが、サスケと敵対するミゼットレスラーのプリティは「オイ、ムーの太陽!今まで障害者に対して差別をメチャクチャしてくれたな!その障害者に対して……攻撃出来るのかなぁ~?」と挑発。

 試合が始まると、元妻である女優の沢田亜矢子へのDV疑惑で知られるゴージャス松野が女性であるヤッペーマン3号の髪を掴んで引きずり回したりヒジの軟骨をグリグリ抉ったりと熟達したDV技術を見せる。
 リング上に持ち込まれた大量の自転車で正面衝突事故が多発する中、ムーの太陽信者の手によりイルカのなごり雪がリングへ。両軍なごり雪の押し合いを始めるが、サスケの神通力の力でこれを制すると、綱引き用ロープを持って南側客席中段までなだれ込み、観客も交えて綱引きでも対決。リング上ではボクシングとテニスと野球の異種格闘技戦が行われており、ケイがバットでみかんやりんごを打って対戦相手や観客席に破片を飛ばしていく。

 そして、なぜかこの間に選手・スタッフたちによってリングが撤去されていき、1/4がフレームだけの状態に。サスケは巨大な和桶を被ってラダーを登っていくが、相手にこれを倒されてしまいフレームとフレームの間の何もない空間へ和桶ごとキレイに頭から落ちていき、会場は阿鼻叫喚。サスケが奈落の底から這い上がってくると、髭女がサスケをリングフレームの鉄骨へパワーボムで叩きつける容赦のない追撃。
 ここへ太陽の塔を模したデザインにフレディ・マーキュリーの顔写真を貼り付けた謎の弾道ミサイルが入場するが、復活したサスケが再び和桶を被ってコーナーに上がり、高輪ゲートウェイ(和桶を被っての背面落下式アトミコ)でミサイルを破壊して今年も宇宙の平和を守ることに成功した。

 試合後、サスケはプリティと握手を交わし和解すると「新入場曲、佐村河内守さんがゴーストライター無しで、ご自身が作曲して、そして演奏もして、レコーディングしてくださいました。映画『FAKE』に続く復讐劇第二弾ですね!まだまだ奥様と2人手を取り合って頑張って生きていらっしゃいます!どうか応援してくだささい!」と佐村河内守さんへエールを贈った。
 続けて、「みちのくプロレス、おかげさまで25周年です!ありがとうございます!25年前は『一人前のプロレス団体になるまで50年かかる』と思ってました。まだまだ我々、道半ばです!これを英語で言うと、ハーフウェイ!halfway there…」と語ると、ボン・ジョヴィの『リヴィン・オン・ア・プレイヤー』を熱唱。ここへ唐突にリッキー・フジと味方冬樹が登場して三人で歌い上げた後、サスケが「皆さんが一人でもいる限り!みちのくプロレスは永遠に不滅だーッ!」の掛け声で興行を締め、今年の宇宙大戦争は終焉を迎えた。

 バックステージに戻ったサスケに試合のダメージについて聞くと「かなりヤバいですね。なんかもうどこで何を痛めたのかわかんなくて、肩だ、もちろん頭だ、なんか顔も痛いしなんかもう……大腿骨も骨折する勢いじゃないかなーという勢いだしヤバいですね。はい!」と笑顔で回答。
 なぜこれだけ身を粉にして戦えるのかと聞くと「それは、まだ道半ばだからです。We are halfway there……祈りながらこれからも生きていきますよ。Thank You!」と快活に答えて会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る