五味隆典から勝利を奪った矢地祐介へ高田延彦がヘアスタイルの変更を提案!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、東京都・恵比寿にて12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われる『RIZIN.14』についての記者会見が行われ、“お祭り男”矢地祐介が元UFCファイターのジョニー・ケースと対戦することが発表された。

 RIZINは来年からライト級グランプリの開催を発表しており、今大会では同グランプリ出場選手の選考も兼ねてライト級の試合が三試合組まれている。
 榊原信行RIZIN実行委員長は、同グランプリの出場選手の選考基準について矢地の名前も挙げつつ「名前があるから、実績があるから出れるっていう安易なものにはしたくない」と発破をかけており、矢地にとっては結果も内容も問われる試合となった。

 これについて矢地は、「前回ちょっと8月大会で派手に負けて、しっかり今回大晦日は勝って、良い再スタートを切りたいなっていうのと、相手のジョニー・ケース選手っていうのはUFCファイターでそれなりに実績も残してて、世界の標準選手というか世界を知れる対戦相手なのかなと思うので、来年ライト級グランプリが開催されるということも含めて、今回勝って、来年グランプリ出場して世界の強豪たちと戦っていきたいなと思います。やっぱ大晦日は日本で一番大きな格闘技の祭典なんで、お祭り男らしく、平成最後の大祭りって感じで、楽しい皆が笑顔になる試合をしたいと思います」とコメント。

 その後、高田延彦統括本部長は各試合の見どころを語る際にどんどん熱が入っていき、「矢地祐介!これだけの才能豊富な、まだまだこれから強くなる、進化する矢地祐介選手。人気も急上昇ですよ。ただ、五味隆典から勝利を奪ったあの日をピークにして欲しくない。これからもっともっとですね、RIZIN、あるいは世界の格闘技を支えていくような、引っ張っていくような、そんな才能を持ったファイターなんだから、もっともっと光り輝く矢地祐介を見せてもらいたいです。そのためには、スタンドで打撃で打ち合ってるときの、髪をかきあげるあの間がちょっとね、矢地選手にとってハンデになってないかなってみんな心配してるんですよ。パンチ打つと髪かきあげるから。あれは矢地選手、どうなんすか?」と唐突に矢地のヘアスタイルについて言及。
 これについて矢地は「その点は色んな方にご指摘いただいてまして。ちょっと大晦日に向けてどうしようかなって考えてるところなんで、そこ含めて楽しみにしていただければと思います」と苦笑い。

 しかし、今年8月の『RIZIN.12』で自身が敗れているルイス・グスタボについて話が及ぶと「あっちもリベンジはしたいですね、すぐにでも。やりたい気持ちはすごくあったんですけど、時が来れば交わることもあると思うんで、そのときにしっかり借りを返したいと思います」と真剣な表情で想いを語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る