「サッカーは良くて格闘技はダメなの?」RIZINの榊原信行CEOが外国人選手入国問題について苦言

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、都内某所にてRIZINが記者会見を実施。2月23日に静岡県・エコパアリーナ『SPASHAN HPS presents RIZIN TRIGGER 2nd』および3月6日に開催の『+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.2』の対戦カードが発表された。

 大会後の囲み取材に応じた榊原信行CEOは、未だ収まらぬコロナ禍の渦中にある格闘技界の苦難について吐露。
昨年末の段階では2022年に段階的に外国人選手の入国が認められる見込みがあり、それを踏まえてカード編成を構想していたものの、昨今のオミクロン株の大流行によって状況は逆戻り。現状では3月大会での外国人選手の参戦は絶望的であり、情勢を見て年間15~17大会の計画を縮小することも視野に入れているという。

 榊原CEOは「次の3月は追いつかないけど、その次のLANDMARKは敢えて海外でやろうと今準備してます。日本人選手が行けばアメリカ人選手とも戦えるわけだし、アメリカにはフリーで入れるんで。そうしないと、日本だけ鎖国した感じでですね、どんどん世界のプロモーションから置いていかれるんですね。だから選手たちともそういう話をしてます。アメリカってMMAの競技をやるときにはプロモーターライセンスがいるんで、BELLATORとも話してるし、メイウェザープロモーションとも話をしてます」と外国人選手との対戦を求める選手を海外へ送り出す計画があると明かし、「ファンの人達も日本人対決に飽きるところもあるんで、自ら動くことを実行したい」という想いを語る。

 そして、外国人選手の入国問題について、会見前日に行われたカタールW杯アジア最終予選の日本vsサウジアラビア戦を引き合いに出し、「ワールドカップでは、サウジアラビアの選手たちは入ってるわけじゃないですか。まあよくある話で、建前と本音じゃないですけど、入れるところは入れてるわけなんで。『だったらウチも入れてよ』って当然言いたいですよね。『サッカーは良くて格闘技はダメなの?』っていう。サッカーとおんなじバブル方式だったらバブル方式で外国人を受け入れて2週間待機。これはアゼルバイジャンの昨年の東京ドームのときもそれでやれてるんでね。そういうことをやってでも日本で試合したいっていう外国人の選手はいっぱいいるんで、ここは僕らがロビー活動をして、スポーツ庁とか入国管理局と、政治家の先生たちにも働きかけて。ホントにこれは格闘技界全体で考えなきゃいかんけど、格闘技業界として、みんなの署名とか『力を合わせて』っていうのが中々……。格闘技議連とかは出来たけども、まあまあ弱いですよ。そういうのはホント、他のスポーツ競技を見習うところは見習って、しっかり働きかけたいなと。アマチュアレスリング協会、レス協さんとも足並み揃えながら、なんとか4月以降外国人選手の入国に向けた運動をしたい。働きかけたいと思います」とぼやきつつもプロモーターとして格闘技界のために暗躍する計画を明かした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る