16流派による異種格闘技トーナメントはプロレスが制覇!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、舞浜アンフィシアターにて『巌流島 全日本武術選手権 2018 in MAIHAMA』が開催された。

 16武術流派による異種格闘技トーナメントということで『リアル刃牙』と注目を集めていたこのトーナメント。実戦空手、喧嘩、インド王族武術、キャチ・アズ・キャッチ・キャン、空道、柔道、プロレス、日本拳法、修斗、サンボ、数見空手、相撲、パンクラシスト、現代空手道研究会、ムエタイ、システマという普段では戦う事がない武術が揃い、“3回転落させたら一本”という天下一武道会よろしく場外押し出しありな巌流島独特のルールで行われた。

 一回戦では空手がケンカに勝利し武術の強さを見せつけ、相撲とプロレスがぶちかましとスピアーの押し出し力で突破。ムエタイとシステマが互角の戦いを見せ、西浦ウィッキー聡生が独特な修斗styleでサンボをいなす。
 続く二回戦も押し出しが強さを発揮し奥田のスピアーで1分16秒で勝利。決勝はウィッキーと奥田の戦いとなり、お互い後1回落とされたら敗北となる中、奥田のスピアーが炸裂しウィッキーから転落3回を奪った。

 勝利した奥田は「今日ここに来てるプロレスファンどれぐらいいるんだ?お前らプロレスファン!プロレスが一番強いんだ!お前ら今日胸張って帰れ!これから俺がプロレス界引っ張っていくからなお前らよう見とけこのやろう!ありがとう!」とマイクアピール。
 さらに「俺が今日一番言いたいのは、プロレスラーが一番何でもできるし、一番つえーってこと。それを俺が証明しに今日来ただけだから。優勝したとかそんなんとかどうでもいいんだよ。今日16の武術の中で一番ね、プロレスラーがつえーっていうのを皆の前でそれが証明できたんだから、それが俺の目指したやつだから。普段俺プロレスやってる方が全然きついから!パワーボムとか全然それに比べたら余裕ですよ」と余裕の表情を見せる。

 全試合押し出しにこだわった事に関して聞かれると「だってプロレスって殴るのないじゃん。だから俺プロレスの技で勝っただけだよ。スピアーで俺は勝った。タックルじゃねぇ。スピアーだよ。ほんとにプロレスに俺リスペクト持ってるから。プロレスは最強、それだけだよ」と理由を語り、プロレス最強を宣言した。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×