火野裕士が初出場のチャンピオンカーニバル初戦で前年度覇者・石川修司に勝利!「一番強い人倒したんだから優勝するのは間違いないよ」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、宮城県・仙台サンプラザホールにて全日本プロレス『2018 チャンピオン・カーニバル【開幕戦】』が行われ、Aブロック公式戦で石川修司と火野裕士が対戦した。

 石川修司はチャンピオン・カーニバルの前年度覇者であり、今回が初出場となる火野裕士との対戦には注目が集まっていた。
 試合は開始直後から乱打戦。互いのパワーを見せつけ合うようにショルダータックルやチョップ、エルボーなどで打ち合っていく。石川がエルボーを連発していくと火野は崩れ落ちるが、火野は不敵な笑みを浮かべながら手を後ろに組み、「打ってこい」とばかりに胸を突き出す。これには石川もニヤリと笑い、エルボーをフルスイングで撃ち込むが、火野は立ち上がる。二発、三発と打ち込まれても火野は立ち上がり石川に組み付いてパワーボム。これを2で返した石川はラリアットを狙うが、火野も走り込んでカウンターでラリアット。さらに最後にFucking Bombで叩きつけると石川も肩を上げられずカウント3。

 バックステージに戻った火野は、「いやぁ……獲ったね。チャンピオン・カーニバル、すごい選手がいっぱいおるな。いっぱいおるよ。一番強いのは俺や!わかっとんのや。石川修司、全日本プロレスのチャンピオンと言えば最強や。俺が今までシングルマッチやって来た中でも一番強いよ。それに勝ってるんやからね。このまま優勝するのはこの俺や。(石川は)今までシングルでやったやつの中で一番強い。一番強い人倒したんだから優勝するのは間違いないよ」と優勝への自信を見せた。

 前年度覇者の石川修司が初戦からチャンピオン・カーニバル初出場の火野裕士に敗れ、同じく初参戦の鷹木が三冠王者の宮原に勝利するなど、下馬評を覆す結果が続出している今年のチャンピオン・カーニバルは荒れ模様になりそうだ。
 

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る