SANADA&EVIL組がIWGPタッグ王座防衛!掟破りのレインメーカーを放ったSANADAが「精々大阪まで色んな雨降らせておけ」と余裕のマイク!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、後楽園ホールで行われた新日本プロレス『Road to THE NEW BEGINNING』にて、EVIL&SANADA組が後藤洋央紀&オカダ・カズチカ組を退け、IWGPタッグ王座の初防衛に成功した。

 この日のメインイベントに行われたこの試合では、NEVER無差別級王者の後藤とIWGPヘビー級王者のオカダという二人のシングルチャンピオンがタッグを組んでベルトに挑んだが、タッグで戦績を重ねてきたEVIL&SANADAにタッグワークで一歩及ばず、最後はSANADAがオカダに掟破りのレインメーカーを叩き込み、EVILが後藤にEVILを叩き込んで試合を決めた。

 この王座戦が行われている間の後楽園ホールは、常に大・SANADAコールが巻き起こっており、オカダが困惑の表情を浮かべる場面も見られた。オカダの持つIWGPヘビー級王座への挑戦が決まっているSANADAをファンが後押ししているようにも見えた。

 試合後、SANADAが後楽園ホールで初めてのマイクを取ると会場にどよめきと歓声が起きる。
 SANADAが「おいオカダ!大阪でそのIWGPのベルト、俺が獲ってやるよ!精々、大阪まで色んな雨降らせてくれよ!」と叫んでマイクを叩きつけると、この日一番のSANADAコールが沸き起こった。

 L.I.Jの中核を担う内藤は、1・4東京ドーム大会でオカダのIWGPヘビー級王座に挑み敗北を喫している。2・10大阪大会では同じくL.I.JのSANADAが内藤の仇を取れるかどうかに注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る