NEVER王座戦で後藤に敗北した鈴木みのるが自らバリカンを入れ坊主に!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2018年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会『ブシモ 5th ANNIVERSARY WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』の第5試合で、鈴木みのると後藤洋央紀による『NEVER無差別級選手権試合 敗者髪切り&ノーセコンド・デスマッチ』が行われた。

 王者・鈴木みのるを後藤洋央紀が再三付け狙い、髪切りマッチを要求してなんとか取り付けたこのタイトルマッチ。開始早々鈴木が後藤をスリーパーで落とし、林リングドクターとレフェリーが鈴木を制止し後藤の回復を待つ。鈴木はそのレフェリーとドクターを突き飛ばして、後藤に膝蹴りから場外に投げ捨て場外乱闘へ。

 リングに戻るも何度も崩れ落ちる後藤に、鈴木は膝蹴りから首投げで倒しPK。ゴッチ式パイルドライバーの体勢になるが、リバースした後藤が牛殺しで流れを引き込む。しかしここで鈴木軍がリングに走り乱入しようとするが、ヤングライオンがこれを押さえ、タイチがイスを掴んでエプロンへ登るもYOSHI-HASHIがこれを阻止。後藤はタイチをエルボーで場外に落とすも、鈴木がドロップキックを顔面に叩き込み左右の掌底連打でふらつかせるとゴッチ式パイルドライバーの体勢へ。切り替えした後藤が串刺しラリアットから雪崩式牛殺しを叩き込み、GTRで逆転勝利を掴んだ。

 鈴木軍は鈴木みのるの肩を担ぎ場外に連れ出そうとするが、鈴木はイスを掴むとリングに戻り、後藤が用意したイスを吹っ飛ばすと自ら用意したイスを設置。後藤からバリカンを奪うと、自ら頭にバリカンを入れていった。

 勝利した後藤は「たまたま髪になりましたけど、今の俺には髪くらいしか賭けるものがなかった。この髪が唯一残されていたものだから。昨年柴田から獲ったこのベルト、無事にこの手に取り戻せたことでまたここがスタートラインになった。最後、潔く髪を切った。それがホント真の格闘家としての、スポーツマンとしての、真の強さだと思ってる。鈴木みのる、今回が一番強かったよ。初めてですよ、彼とやってこんな清々しい気持ちで終われるのは。俺の知ってる昔の鈴木みのるを見れたような気がします」とコメント。
 さらに柴田へ向けて「柴田、特別な思い入れもあるし、今後どうなるかはわかりませんけど、このベルトは俺が持ってる方が彼も戻りやすくなるかなって。どうなるか分かりませんけど、俺はこのベルトを持って待ちますよ」とメッセージを送った。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る