【試合結果】12・18 新日本プロレス後楽園ホール大会 内藤哲也&BUSHI&高橋ヒロムvsオカダ・カズチカ&SHO&YOH 後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvs鈴木みのる&飯塚高史

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『JRA presents Road to TOKYO DOME』
日時:2017年12月18日(月)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1721人・超満員札止め

▼山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦 15分1本勝負
○海野翔太【2勝2敗=4点】
6分8秒 逆エビ固め
●成田蓮【4敗=0点】

▼山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦 15分1本勝負
○岡倫之【3勝1敗=6点】
7分13秒 逆エビ固め
●八木哲大【4敗=0点】

▼山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦 15分1本勝負
●川人拓来【3勝1敗=6点】
6分12秒 ジャックハマー片エビ固め
○北村克哉【4勝=6点】

▼8人タッグマッチ 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー/タイガーマスク/KUSHIDA/○マスクドホース
8分44秒 スライディングケツ→片エビ固め
[鈴木軍]●TAKAみちのく(K-DOJO)/タイチ/エル・デスペラード/金丸義信(フリー)

▼タッグマッチ 20分1本勝負
真壁刀義/●ヘナーレ
6分48秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
[CHAOS]矢野通/○石井智宏

▼タッグマッチ 20分1本勝負
[L・I・J]○SANADA/“キング・オブ・ダークネス”EVIL
8分8秒 マジックキラー→片エビ固め
[BULLET CLUB]バッドラック・ファレ/●高橋裕二郎

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
[BULLET CLUB]タマ・トンガ/タンガ・ロア/●レオ・トンガ
10分34秒 カミゴェ→片エビ固め
天山広吉/小島聡/○飯伏幸太(飯伏プロレス研究所)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
[CHAOS]○後藤洋央紀/YOSHI-HASHI
16分32秒 反則勝ち
[鈴木軍]●鈴木みのる(パンクラスMISSION)/飯塚高史

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
[L・I・J]○内藤哲也/BUSHI/高橋ヒロム
15分6秒 デスティーノ→片エビ固め
[CHAOS]オカダ・カズチカ/SHO/●YOH

内藤がオカダをデスティーノでKO!棚橋がリングに登場もジェイが現れシェルショックでKO!鈴木と後藤のNAVERカベジェラ戦正式決定!

第1試合

 成田がエルボー連打。これを海野が返していきエルボー連打合戦。これに成田が打ち勝ちストンピング連打からエルボー連打。海野は立ち上がるとチョップ連発からヘッドロックで捕らえるも、成田が足を刈ってリバースインディアンデスロック。海野はロープへ這うが足を引っ張り中央に戻した成田が膝へのエルボードロップからアンクルホールド。海野は蹴りつけこれを逃れるも、成田が膝へのストンピング。海野はチョップも成田はエルボーで倒しストンピング。海野は立ち上がるとチョップ連打からエルボー連打。これで倒すとストンピングも、成田がドロップキックからコーナーに叩きつけてアームホイップ。さらにロープに振るとショルダースルーで落としフォールも2。

 海野はエルボーからチョップ連打。さらにエルボー連打も成田はガットショットからエルボー連打。さらにフロントスープレックスで叩きつけてフォールも2。成田は逆エビ固めで捕らえるが海野はロープへ這いブレイク。

 成田はストンピング連打。海野は立ち上がると顔面に強烈なビンタ。成田はチョップで倒しストンピングを落とすと、髪を掴んで引き起こしエルボー連打から走り込むが海野はドロップキックで迎撃。海野は串刺しバックエルボーからミサイルキックを叩き込んでフォールも2。
 海野はボディスラムからダイビングバックエルボードロップからフォールも2。海野は逆エビ固めで捕らえ成田はギブアップ。

<試合後コメント>
海野翔太
「昨日に引き続き、今日も勝てた。残りはあと一つ。もちろん答えは優勝!今日の第3試合次第でね、見込みはないかもしれないけど、最後まで諦めないぞ絶対!今日の勝ちを、そして昨日の勝ちをプラスにしてもっと上に行ってやる!来年はもっと怖くなるぞ」

第2試合

 前日鈴木みのるにバリカンで髪を剃られた八木がスキンヘッドで登場。

 岡がタックルも八木はこれを避けてグラウンドの攻防。お互い距離を取り睨み合うと、八木がタックルも岡が転がしフォールしようとするが、八木が抜けてヘッドロックを狙うも岡が潰してフロントネックロック。八木が抜けてスリーパーを狙うが岡は一本背負いで叩きつけてヘッドロックで絞り上げる。八木は足を取って切り替えすと岡はロープへ。

 八木はストンピング連打から背中へエルボーを落とし、さらに岡の膝をリングに叩きつけてストンピング。悲鳴を上げる岡の足をとった八木はアンクルホールドから膝へのエルボードロップ。そのままアンクルで捉えていくと、そのままフォールも2。
 八木はストンピングからリバースインディアンデスロック。岡はロープを掴む。

 八木はストンピングから頭をはたきロープに飛ぶも、岡はバックエルボーで迎撃し逆に頭をはたいていく。岡はコーナーに振ると串刺しボディスプラッシュも、避けた八木が串刺しドロップキック。八木はボディスラムで叩きつけてフォールも2。

 八木は逆エビ固めで捕らえていくが岡はロープへ。八木はストンピングも、岡は膝立ちでチョップ。八木は「来いよオラ!」とエルボーを叩き込み、岡は立ち上がるとエルボー連打。さらにエルボースマッシュからボディスラムで叩きつけると、再度ボディスラムで叩きつけフォールも2。

 岡はサイドスープレックスからフォールも2。岡は逆エビ固めで捕らえギブアップを奪った。

<試合後コメント>
岡倫之
「次!泣いても笑ってもラストだ!なら全力で行くしかねぇだろ!北村!首洗って待ってろ!」

第3試合

 北村が掴みかかろうとするも、避けた川人がエルボー連打からミドルキック。さらにエルボー連打からヘッドロックで捕らえるが、北村はロープに突き飛ばすとショルダータックルを受け切る。川人はロープに飛んでショルダータックルも、北村が受けきってふっ飛ばし、立ち上がらせるとチョップでコーナーに吹っ飛ばす。川人はチョップも、北村はエルボー。さらに逆水平チョップを叩き込んでアームホイップ。フォールも2。
 北村はボディスラムで叩きつけてフォールも2。北村はエルボー連打から強引にサイドスープレックス。フォールも2。
 北村はストンピングから背中にエルボー。ロープに飛んで走り込むも川人はドロップキックで迎撃。川人はランニングバックエルボーからスワンダイブミサイルキック。フォールも2。
 川人は腕ひしぎから三角絞めに移行。北村はそのまま持ち上げてバスターからフォールも2。

 北村は雄叫びを上げてジャックハマーを狙うが、着地した川人がスクールボーイも2。川人は首固めを狙うが、北村がぶっこ抜いてジャックハマー。これで3カウント。

<試合後コメント>
北村克哉
「川人さん……勝ちました……。あと一勝、あと一勝です。必ず勝ちます」

第4試合

 マスクドホースはニンジンを咥えてムチを持ち入場。対するタイチはサンタコスプレをしたあべみほを連れて入場。あべみほがライガーを誘惑すると、ライガーは担いでいくが、あべみほが暴れてリングに転がる。ホースはあべみほにムチを渡し尻を叩くよう要求。だがタイチがムチをあべみほから受け取りスパンキング連打で試合を開始。

 タイチはホースをコーナーに座らせるとマスクを剥ぎほとんど素顔が見えるが、なんとかホースは逃れてリングへ。ホースはチョップ連打から走り込むが、タイチがボディブローを叩き込むと衝撃でマスクが外れ、正体が田口隆祐であることがバレてしまう。
 タイチはガットショットから走り込むとホースはヒップアタックで迎撃しライガーにタッチ。

 ライガーは次々掌底からタイチに風車式バックブリーカー。さらにロメロスペシャルを狙うが、あべみほが誘惑し、ライガーがそれに釣られると鈴木軍がライガーを倒しストンピング連打。金丸がライガーの顔面を踏み潰し、タイチが場外からマイクスタンドを使ったチョーク攻撃。さらにあべみほがビンタを叩き込み、タイチはリングにライガーを投げ入れるとフォールも2。タイチは顔面を踏み潰しながら金丸にタッチ。

 金丸はストンピングから頭頂部にエルボー。さらにコーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、足を伸ばしたライガーの足をキャッチしサミングからコーナーに上るも、ライガーは正面からチョップを叩き込み正面に登る。だがタイガーが金丸の足を掴み動きを止めると、ライガーが正面に登り直し雪崩式ブレーンバスター。ライガーはKUSHIDAにタッチ。金丸もタイチにタッチ。

 KUSHIDAはエルボー連打からハンドスプリングエルボー。だがTAKAが出てきてソバットから走り込むがKUSHIDAはアームホイップで叩きつけ顔面に低空ドロップキック。デスペが走り込むも、KUSHIDAは丸め込むと、カットに来た金丸もジャーマンで叩きつけてそのままダブルフォールも2。
 KUSHIDAは金丸の腕にサッカーボールキックから人工衛星DDTを狙うが、着地した金丸が人工衛星DDT。両者タッチ。

 タイガーが飛び込むも、避けたデスペがハイキックも避けて十字固めも2。デスペはサミングからコーナーに振って串刺し攻撃も、タイガーはショルダースルーでエプロンに落とすがデスペはチョップからコーナーに登る。正面に登ったタイガーとナックルの打ち合いからデスペがサミング。だがタイガーがビンタから雪崩式ダブルアームスープレックス。さらにタイガードライバーで叩きつけてフォールもTAKAがカット。
 タイガーはタイガースープレックスを狙うが、そのまま下がってコーナーで潰したデスペがバックエルボーも、タイガーはソバットを叩き込んでいきホースにタッチ。

 ホースは自らの尻を叩いて勢いをつけると、ロープ往復式のヒップアタックを放つがデスペは開脚してこれを逃れるとTAKAにタッチ。

 コーナーに振ってトレイン攻撃からTAKAの二段蹴りとタイチのトラースキックの同時攻撃。
 田口が延髄斬りもTAKAが延髄斬りで返し走り込むがホースはヒップアタックで迎撃しどどん。フォールも鈴木軍がカット。
 ホースはマスクを脱いで滾るとケツイェ。これで3カウント。

<試合後コメント>
タイガーマスク
「2017年、自分はすべての日程が終わり。最後のワールドタッグ、デスペラードが出てる以上出たいと思ったけどね。来年もねアイツらとは続くだろうから、必ず、必ずアイツらが手出し、口出しが出来ないように仕留めたいと思います。今年一年ありがとうございました!また来年もライガーさんとしっかりタッグを組んで、しっかりとした戦いを見せていきたいと思います」

獣神サンダー・ライガー
(マスクを脱いで素顔になったライガーが登場)
「オイ!人を変態親父って言いやがって!おじさん傷つくだろうが!……えっ?!(素顔の状態では映像が)使えない?!ごめ~ん。失礼しました」
(照れ笑いを浮かべながら退席)

KUSHIDA
「2017年、全部の試合が終わりました。こんなにも充実していた一年があったかと思うくらいの年だったんですけど、何回かチャンピオンになって思うことは、なったらなったで続々と現れる挑戦者の挑戦を受けなきゃいけないし、チャンピオンでなければ発言権もない。そんな中で今年一年、無差別級の戦いと言うんですかね。まだまだやり残したことがあるので、来年以降は無差別級の闘いというのを平行してやっていきたいですね。東京ドーム、4WAY決まりました。色んな思いがありますよ。色んな可能性を使って僕は今までレスラー人生を歩んできました。色んな可能性を使って東京ドームで試合ができるレスラーになってきました。そんな中で自分のどこに伸びしろがあるのか、無いかもしれない。いや、あるはずだ。いろんな葛藤があってこの一年、新しい自分を見つけられなかったと思います。何回かベルト獲ってますけど、本当に僕がやりたいこと……獣神サンダー・ライガーとタイガーマスク、田口隆祐……意外とやれてないことはありますので、2018年にもう一回、もう一回引き戻してみせます。2017年、ありがとうございました!」

マスクドホース(田口隆祐)
「オイ!鈴木軍よ!マスクマンのマスクを剥いで、何がしたいっていうんだ!マスクマンはマスクが命だろうが!そのマスクを剥いで何がしたいと言うんだ!……しょうがない。正体がバレてしまったからしょうがない」
(マスクドホースがマスクを脱ぎ、改めて田口隆祐としての素顔を晒す)
「マスクドホースの正体は、私、田口隆祐だよ。何がしたい?何が言いたい?俺は何が言いたい?!オイ!俺は何が言いたいんだ!何が言いたいと思う?(記者陣へ)」

――2017年を振り返ってとかですか?
「違う!有馬記念だ!有馬記念は、6-9。それからスワーヴリチャードと、シュヴァルグランの二頭軸。これで勝負します。……まあ、熱しやすく冷めやすいので怒りも冷めてきました。2017年を振り返るとですね、タグチジャパンに始まり馬に終わる、マスクドホースで終わるという波乱万丈でバラエティに富んだ一年でございました」

第5試合

 先発は真壁と矢野。真壁のラリアットを避けた矢野が「ここが違うんだバカ野郎」とアピールするが、真壁は背後からエルボーを叩き込んでラリアット。避けた矢野がロープを掴み「ブレイク」連呼も、構わず殴りかかった真壁がショルダータックルで倒しヘナーレにタッチ。

 ヘナーレはショルダータックルで矢野を倒し、そのまま石井に殴りかかり場外乱闘へ。
 リングに戻り、石井がコーナーにヘナーレを叩き込みチョップとナックルを交互に打ち込んでいく。ヘナーレが気合を入れて体勢を変えるとエルボー連打も、石井は受け切り体勢を変えるとチョップとナックルを交互に打ち込みヘナーレは座り込む。石井は矢野にタッチ。

 矢野は金具がむき出しのコーナーにヘナーレを叩き込み、ストンピングからロープに振るが、ヘナーレはエルボーを避けてジャンピングエルボー。ヘナーレは真壁にタッチ。

 真壁はショルダータックルから串刺しラリアットを叩き込みナックル連打。真壁はノーザンライトを狙うが矢野はサミングからロープに飛ぶが真壁はラリアットで迎撃しフォールも2。
 矢野は髪を掴むも真壁はコーナーに突き飛ばし串刺しラリアット。矢野が逆コーナーに振って走り込むが、真壁はラリアットで迎撃。真壁はヘナーレにタッチ。

 ヘナーレはエルボー連打も矢野はサミングからロープに振るが、ヘナーレは石井にエルボー。矢野はマンハッタンドロップから石井にタッチし、石井はヘッドバッド連発からバックドロップ3連発。これでフォールも真壁がカット。
 矢野と石井が真壁をロープに振るが、真壁はダブルラリアットも避けた石井がエルボーから矢野が髪を掴んで引き倒し場外に連れ出す。
 ヘナーレがエルボー連打も、石井がエルボーで返すがヘナーレが往復ビンタ。だが石が喉元への逆水平チョップを連発しコーナーに押し込むと、串刺し攻撃を狙うがヘナーレがラリアットで迎撃。ヘナーレはロープに飛ぶとショルダータックルで倒しフォールも2。
 ヘナーレはヘッドバッド連発から担ぐが、石井が着地しバックを取るも、真壁がラリアットで迎撃しヘナーレがバックフリップ。フォールも矢野がカット
 ヘナーレはヘッドバッド連発からヘッドバッドの打ち合い。打ち勝ったヘナーレがラリアットも、受けきった石井がショートレンジラリアットでなぎ倒しフォールも2。
 石井はブレーンバスターで叩きつけてフォールし3カウント。

<試合後コメント>
真壁刀義&ヘナーレ
真壁「オイ見たかこの野郎。コイツにとっちゃタッグリーグはステップアップだったって証明しただろこの野郎。矢野石井、次は怖いぞ。首洗って待ってろこの野郎。それだけだ」
ヘナーレ「多くの人たちが負けたと思っているだろう。たしかに今日は負けたが俺は以前より上のレベルに上がった。俺はもうヤング・ボーイではないと思っている。石井さんともう一度やりたい。石井さんだけじゃない。矢野さん後藤さんみんなとやりたい。もっと闘いたい。俺の中の戦士が目覚めた」

第6試合

 先発はEVILとファレ。EVILがガットショットからショルダータックルも、受けきったファレにEVILはショルダータックル連発からサミング。だがファレは膝蹴りから担ぐが、着地したEVILがベイダーハンマーを避けてガットショットもキャッチすると、ファレの足をレフェリーに持たせてソバットからショルダータックルで倒す。
 EVILはブレーンバスターを狙うが、上がらないと見るやSANADAが入ってくるも裕二郎がSANADAをカットし、ファレがボディスラムで叩きつける。場外に転げ出たEVILをファレが追ってそのまま場外乱闘へ。
 リングに戻るとファレがEVILを踏み潰していく。ファレは裕二郎にタッチ。

 裕二郎はエルボーからナックル。さらに逆水平チョップを打ち込んでいくと、首投げで倒しギロチンドロップ。フォールも2。
 EVILのガットショットをキャッチして足を刈って倒すと顔面に低空ドロップキックから、ロープにくくって串刺しビッグブーツ。さらにフィッシャマンを狙うが、耐えたEVILが裕二郎のラリアットを避けてバックを取り、エルボーを避けてフィッシャーマンバスター。EVILはSANADAにタッチ。

 SANADAはファレに殴りかかり、ファレが怒ってロープをまたごう号としたところでロープを蹴りつけ場外に落とすと、裕二郎を倒して顔面にドロップキック。フォールも2。
 SANADAは串刺し攻撃も、足を伸ばした裕二郎の足をキャッチしパラダイスロック。そこへ低空ドロップキックを叩き込んでフォールも2。
 裕二郎がロープに振ると、ロープを掴んでタイミングをずらしたSANADAが、走り込んで来た裕二郎をロープに落とすも、裕二郎はロープを使ったネックブリーカーからロープへフラップジャック。ファレが出てきてSANADAをコーナーに振ると、裕二郎が串刺しビッグブーツからファレが串刺しボディスプラッシュ。裕二郎が低空ドロップキックを発射しフォールも2。
 裕二郎はリバースDDTからフォールも2。裕二郎は担ぐも、着地したSANADAがラリアットもバックを取り返した裕二郎が投げ捨てジャーマン。SANADAが着地し、EVILが串刺しラリアットからソバット。SANADAがバックドロップで叩きつけてフォールも、ファレがボディプレスでカットしようとするがSANADAが避けて誤爆。EVILがラリアットでファレを場外に叩き出し、裕二郎にマジックキラー。これで3カウント。

<試合後コメント>
EVIL
「俺達がこのワールドタッグリーグの価値を上げてやったよな?新日本はもっと俺とSANADAに敬意を払え。何が言いたいか分かるだろ?次、タッグのベルトを獲ってあのベルトの価値も俺らが上げてやるよ。よぉく覚えとけ!This is EVIL!! Everything is EVIL……全ては、EVILだ!!」

第7試合

 先発は飯伏とタマ。タマがヘッドロックからショルダータックルも、すぐにハンドスプリングで起き上がった飯伏に再度ヘッドロック。タマは走り込むが、飯伏は飛び越え走り込むが、タマがカニバサミで倒しギロチンドロップも、飯伏は避けてその場飛びムーンサルトを投下するがタマは剣山で迎撃。タマはロアにタッチ。
 ロアとタマがダブル攻撃を狙うが飯伏は二人まとめてオーバーヘッドキック。飯伏は天山にタッチ。

 テンコジがレオにダブルショルダータックルも、受けきったレオにダブルのブレーンバスター。天山がロアにモンゴリアンチョップ。小島がエルボーから二人で交互にモンゴリアンチョップを落とすと、小島がボディスラムでセットし、小島が振り子式エルボードロップと天山のヘッドバッドの同時投下。
 天山はコーナーに押し込んでヘッドバッド。さらにコーナーに振って串刺しラリアットからブレーンバスター。フォールも2。
 天山はヘッドバッドからモンゴリアンチョップ。さらにロープに飛ぶも場外からタマが足を引っ張り引きずり落とすと場外乱闘へ。

 リングに戻ると、ロアが天山にパウンド連打。ロアはスパインバスターでコーナーに叩きつけてボディにショルダータックル連発。ロアはレオにタッチ。

 レオは逆水平チョップを叩き込んでいき、エルボーから顔面を踏みつける。これがレフェリーに注意されるとタマにタッチ。
 タマはモンゴリアンチョップ連発からヘッドバッド。だが頭が固くて悶絶したタマがガットショットから走り込むも天山は水車落としで迎撃し小島にタッチ。

 小島はガットショットからマシンガンチョップ。カットに来たロアもコーナーに押し込みマシンガンチョップ。さらにカットに来たレオにもマシンガンチョップ。次々倒すが、タマがエルボーも避けた小島が再度コーナーに叩きつけてマシンガンチョップからコーナーに振って串刺しエルボー。「行っちゃうぞバカ野郎」と叫ぶがレオが後頭部にエルボー。さらにガットショットからコーナに振ると、レオが串刺しラリアットからタマが串刺しボディスプラッシュ。レオが担いでバックフリップからフォールも2。
 タマがガンスタンを狙うが、耐えた小島がラリアットからガットショットを叩き込んでコジコジカッター。小島は飯伏にタッチ。タマもレオにタッチ。

 レオがコーナーに振るとロアが串刺し攻撃を狙うが、避けた飯伏がタマをフランケンで場外に投げ捨て、レオが飯伏をコーナーに振りロアがショルダースルーも、飯伏はそのままコーナーに飛び乗り場外のタマへバミューダトライアングル。
 エプロンに登るとレオにエルボーからスワンダイブミサイルキック。フォールも2。
 飯伏はエルボーからガットショット。さらに逆水平チョップからロープに飛ぶがレオはドロップキックで迎撃。レオはコンプリートショットからフォールもテンコジがカット。
 タマがテンコジに交互にエルボーから交互にモンゴリアンチョップ。タマがロープに飛ぶがテンコジカッターで迎撃するも、ロアがダブルラリアットでテンコジをなぎ倒し、レオが飯伏にガットショットからブレーンバスターを狙うも、飯伏は着地しコンビネーションキックからバズソーキック。フォールも2。飯伏はカミゴェを叩き込んで3カウント。

<試合後コメント>
天山広吉
「今年最後の新日本プロレス。まだもう一個残ってますけど。今年は中途半端であんま出来んかった。来年はしっかり動けるようにしてね、コジと一緒に暴れられるようにね」

小島聡
「今年の新日本プロレスの大会は全て終わりました。今こうして何の怪我もなく生きていられることが幸せだと思います。今年一年、漢字一文字で表すとしたら……『テンコジ』かな。来年も頑張ります!」

飯伏幸太
「いやぁ、今日もカミゴェで勝つことが出来ました。まあ結果的には昨日も勝ってるんですけど」

――1・4のカードが正式に「スペシャルシングルマッチ」と決まりました
「昨日も言ったんですけど、おかしいですよね。ベルト無い状態じゃないですか。ベルトあると思ってたんですよこっちは。なんでこんなことになったのか聞きたいですね。モチベーションが低かったのかな、僕とのドームの試合が。それとも、ただただ狂ってるのか。僕はただ狂ってると思います。絶対おかしい。だから試合が楽しみです。楽しみです。早くドームにならないですかねー。コンディションも完璧なんで」

第8試合

 後藤が入場するなり鈴木が走り込んで殴りかかりバリカンで髪を刈ろうとする。なんとか耐えた後藤とともにリングに上がると、鈴木は顔面を蹴りつけ膝立ちの後藤にミドルキック。鈴木はストンピングからロープに振るとフロントキックも、避けた後藤がショルダータックルで倒しYOSHI-HASHIにタッチ。

 YOSHI-HASHIはエルボーからチョップを叩き込み、コーナーに振ると串刺しチョップ。さらにロープにかけると背中にドロップキックを発射。フォールも2。
 YOSHI-HASHIはエルボー連打も、鈴木は受け切りロープに振ると、飯塚が場外からイス攻撃。そのまま場外乱闘へ。

 リングに上がった鈴木は、エプロンに上がったYOSHI-HASHIにぶら下がり腕ひしぎ。リングに戻ると腕固めから肘へエルボーを落とし、サッカーボールキックを叩き込む。
 鈴木はミドルキックからストンピング。鈴木は飯塚にタッチ。

 飯塚は腕に噛みつき、注意されても何度も噛み付く。頭頂部や指にも噛み付いた飯塚は鈴木にタッチ。
 鈴木は腕固めで捕らえるが後藤がカットしようとするが、鈴木は後藤の足も一緒に極めていく。鈴木はこれを離すと飯塚にタッチ。
 飯塚はコーナーに振って走り込むと、YOSHI-HASHIが足を伸ばしてカットしようとするが飯塚はその足に噛み付く。これを離すとフォールもレフェリーはカウントを叩かず、飯塚は怒ってレフェリーに噛み付く。
 飯塚は鈴木の足にYOSHI-HASHIの顔面を叩き込み鈴木にタッチ。

 鈴木は顔面を蹴りつけ、顔面を左右に張っていくが、YOSHI-HASHIはエルボーを打ち込むも鈴木は膝蹴り。YOSHI-HASHIはロープに振って逆水平チョップも、受けきった鈴木はストンピングから投げようとするが、YOSHI-HASHIはバックキックを叩き込んで後藤にタッチ。

 鈴木が後藤の顔面にビッグブーツからエルボー連打でコーナーに叩き込み、後藤が体勢を変えてエルボー連打も鈴木も体勢を変えてエルボー連打から顔面を張る。後藤は逆コーナーに振って村正から投げようとするが、鈴木は着地しスリーパーを狙うも後藤はバックドロップで叩きつける。
 後藤はサッカーボールキック連発。さらにエルボーからガットショットも、鈴木はボディブローから膝蹴りを叩き込んでコーナーに振ると串刺しフロントキック。さらに首投げからPKも、後藤はキャッチしエルボー連打。鈴木もエルボー連打で返すと、エルボーの打ち合いへ。お互いエルボー連打から後藤がロープに飛ぶも、鈴木が追走しスリーパー。コーナに振って串刺しフロントキックから飯塚が串刺しラリアット。さらに鈴木が髪を掴んで動きを止めると、飯塚がコーナーロープを使ったチョーク攻撃。座り込んだ後藤へ鈴木がサッカーボールキックを叩き込んでフォールも2。

 後藤のエルボーに鈴木はビンタで倒しスリーパー。鈴木はゴッチ式パイルドライバーの体勢も、YOSHI-HASHIがカットし走り込んで鈴木をラリアットでなぎ倒す。
 鈴木がガットショットから走り込むが後藤が担いで牛殺し。後藤は裏GTRからGTRを狙うが、飯塚が走り込むも後藤はヘッドバッドで迎撃し鈴木に脇固めから腕ひしぎ。だが鈴木軍がリングに乱入しこれをカット。
 飯塚がレフェリーを場外に投げ捨て後藤にストンピング連打。そのまま反則で勝利が終了した。

鈴木「後藤よ、よく聞け。そして新日本プロレスよ、テメーらもよく聞け。1月4日東京ドーム、NAVER無差別級選手権、お前の望みどおり、ノーセコンド一対一で敗者髪切りデスマッチ、決定だ!おい、東京ドームでな、テメーの右腕、テメーの左腕、そして足、そして首!全てへし折ってやる。そしてな、テメーの全てを!俺が奪ってやるそう東京ドームは、お前は全てを失うんだ!さぁ、勝ったほうがこのベルト、そして、このバリカン、オール・オア・ナッシング、負けたらゼロだ。どうだ?やるのか?やらねーのか?俺の前で坊主にするというのはどういう意味か自分でよく考えろ。どうすんだ?どうすんだ!?やるのかやらねーのか!(ベルトを掲げる)」
後藤「全てを賭けて、俺が勝つ!(お互い髪を掴んで睨み合う)」

<試合後コメント>
鈴木みのる
「オイ、もう一度言うぞ。新日本プロレス、これは王の命令だ。1月4日東京ドーム、鈴木みのるvs後藤洋央紀、NEVER無差別級選手権……ノーセコンド、フェンスの中には誰も入れない。テメェらも誰も入れない!そして、敗者はすべてを失う。俺は1月4日東京ドーム、後藤!テメェを踏み潰して俺は次に行く。俺の次はな……へへへ……お前刈ってやろうか?刈ってやろうかオイ?よく斬れんぞオイ?!」(バリカンを片手にカメラマンの一人を追いかけて退場)

棚橋弘至がリングに登場

 髪にパーマをかけた棚橋がベルトを肩にかけて足を引きずりながらリングに登場。
棚橋「本日の欠場申し訳ありません。毎日、治療してました。おかげで、膝も、だいぶ良くなりました。ありがとうございます。1・4東京ドームは、必ず、万全の状態で、出ます!肝心の挑戦者、ジェイ・ホワイトは、どこで何やってるかわかりませんが、俺は、苦しい時、ピンチな時こそ笑って乗り越えてきたんで大丈夫です。年内最終興行、そして試合の途中ですが、やりますか?おし、じゃあ最後に!最後じゃない、最後じゃない」
(ジェイ・ホワイトがリングへ)
棚橋「カモン」
 睨み合い挑発しあうと、棚橋とジェイはジャケットを脱いでエルボー合戦。だがジェイがドラゴンスクリュー。さらに腕を足で挟んでエルボーを連打。倒れた棚橋にジェイがブレードランナーを叩き込み棚橋をKOした。

<バックステージコメント>
ジェイ・ホワイト
「お前ら、俺が言いたいことを知りたいか?棚橋、お前は俺から何も得るものがないと言ったそうだが、この試合で俺は証明してみせる。棚橋、お前はこのニュージャパンのエースだ。このリングで俺が今回お前を倒してやる。俺はお前から全てを奪ってみせる。インターコンチネンタルのベルト、そしてこのレッスルキングダム……全てを、だ。この”スイッチブレイド”が全てを覆す」

第9試合

 先発は内藤がオカダ。内藤が殴りかかり場外に投げ捨て場外乱闘へ。リングに戻ると、オカダが内藤にドロップキックを叩き込みYOHにタッチ。

 SHOとYOHがロープに振って、YOHがカニばさみで倒しSHOが低空ドロップキックを顔面に叩き込む。YOHがチョップを打ち込んでいきロープに押し込むと、内藤がロープに振ってBUSHIがエプロンから蹴りつける。YOHは内藤にソバットから走り込むが、内藤が低空ドロップキックからヒロムが顔面に低空ドロップキック。内藤はYOHの顔面にストンピング連打からフロントネックで捕らえBUSHIにタッチ。

 BUSHIは背中にエルボーからTシャツを使ったスリーパー。コーナーに振って串刺しダブルニーからネックブリーカードロップ。フォールも2。BUSHIはヒロムにタッチ。
 ヒロムはチョップ連打でコーナーに押し込み顔面を踏み潰す。さらに首投げから背中にストンピングを落としBUSHIにタッチ。
 BUSHIはソバットから首投げで倒しSTF。YOHはロープへ。BUSHIはエルボーから内藤にタッチ。
 内藤はロープに振ってガットショットからBUSHIが丸め込むと内藤がそこへ顔面にドロップキック。フォールも2。内藤はヒロムにタッチ。
 ヒロムはチョップからコーナーに振って串刺しラリアット。さらに低空ドロップキック。YOHはチョップ連発もヒロムはチョップ一発で倒し、ブレーンバスターを狙うが着地したYOHのバックをヒロムが取るも、YOHはエルボーで逃れビッグブーツ。YOHはSHOにタッチ。

 SHOはランニングバックエルボーからジャンピングエルボー。さらにロープに飛んでジャンピングエルボーも、BUSHIが出てきてコーナーに振るがSHOはショルダ―スルーでエプロンに落とし、足を刈って低空ドロップキックで場外に叩き出す。SHOはヒロムに走り込むとフランケンでコーナーに投げ捨て串刺しラリアット。さらにローキックで倒し、前後からローキックを叩き込むとスーパーキック。フォールも2。
 SHOはバックを取るが、ヒロムはトラースキック。さらにエルボーも避けたSHOが走り込むも、ヒロムはホイップしシットダウンパワーボム。ヒロムは内藤に、SHOは岡田にタッチ。

 オカダはビッグブーツも避けた内藤が走り込むも、オカダは担ぐが内藤が着地しネックブリーカーから首への低空ドロップキック。
 内藤はガットショットからスイングネックブリーカードロップ。内藤はコーナーに振って串刺しキックから足を刈って倒し振り子式ドロップキック。内藤はオカダをコーナーに乗せるも、オカダは着地し内藤を逆さ吊りにするとパイルドライバーの体勢。だが内藤は暴れて着地し延髄斬りからロープに飛ぶも、オカダはキャッチしコブラクラッチ。これはBUSHIがカット。

 オカダはボディスラムからコーナーに上りダイビングエルボードロップ。さらにレインメーカーポーズからレインメーカを発射も、避けた内藤がデスティーノを狙うが、切り返したオカダがエルボースマッシュからロープに振るも内藤はジャンピングエルボーで迎撃。オカダはYOHにタッチ。

 YOHはエルボー連打も内藤がロープに振るがYOHはジャンピングエルボーからファルコンアロー。フォールも2。
 内藤はエルボーからガットショット。さらにロープに飛ぶがSHOが出てきてダブルのジャンピングニーからSHOがバッククラッカー。YOHがランニングニーからフォールも2。
 SHOとYOHが3Kを狙うが、BUSHIがSHOにバッククラッカー、ヒロムがYOHにジャ-マンで投げ捨て、オカダにダブル攻撃を狙うがオカダはBUSHIにガットショットからヒロムにフラップジャック。だが内藤がジャーマンでオカダを投げ捨て、YOHに浴びせ蹴りから投げようとするがYOHがバックエルボー。YOHが走り込むも、内藤はホイップしてリングに叩きつけるとグロリアからフォールもオカダがカット。内藤はデスティーノで叩きつけ3カウント。

 試合後、内藤はオカダに殴り掛かるが、オカダはBUSHIとヒロムを場外に叩き出し、内藤の低空ドロップキックを避けてコブラクラッチを狙うが、耐えた内藤が急所蹴りからデスティーノ。

内藤「後楽園ホールへお越しのお客様、オカダ・カズチカか、内藤哲也、IWGPヘビー級チャンピオンにふさわしいのは一体どちらだと思いますか?(内藤コールが上回る)先週の福岡でも、そして今日後楽園ホールでも、お客様が選んだのは内藤哲也ということでよろしいでしょうか?オカダ、オカダ、惨めだなオイ。俺が、東京ドームで、楽にしてやるぜ。2018年、1月4日東京ドーム大会まで!トランキーロ!あっせんなよ」

<試合後コメント>
高橋ヒロム
「2つだけ、自分の悪口言わせてくれよ。俺は……弱い。俺は、情けない。でも、今は見てなくていいよ。見てなくていい。でも、必ずお前らのところまで行ってやるよ。俺は常にお前らヘビー級の戦いを見てるから。もう少し待ってろ。もう終わりだ。これで終わりだ。1月4日東京ドーム、KUSHIDA、オスプレイ、マーティ……お前らの強さは俺が一番分かってんだよ!なぁ、お前らがドレだけスゴイ3人かよく分かってる!俺が一番良くわかってる!でも!1月4日東京ドーム!勝つのはこの俺だァ!」

内藤哲也
「ベルトを失っても果たしてレインメーカーは輝けるのか。本当にレベルが違うんだったらベルトがなくても輝けるだろ?東京ドーム大会以降、レインメーカーの真の姿がお目見えするんじゃないでしょうか。彼は本物のレインメーカーなのか、それとも、ニセモノの作られたレインメーカーだったのか。まずは東京ドームですね。1月4日、東京ドームを楽しみに待っててください。レインメーカーの真の姿が露わになるその日まで……トランキーロ!あっせんなよ!アディオス!」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る