“霊長類ヒト科最強女子”ギャビ・ガルシアの試合が14秒でノーコンテストへ

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日、さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント 1st ROUND -夏の陣-』。第9試合では、ギャビ・ガルシアvsオクサナ・ガグロエヴァの試合が行われた。

 試合が始まるとオクサナのフックにギャビがパンチを合わせるが、ギャビの指がオクサナの右目に入ったということでタイムストップ。長時間のドクターチェックのすえ、オクサナは指が目に入ったことを抗議し続け開始14秒でのノーコンテストとなった。

 二人共バックステージに現れずノーコメント。この件に関し榊原代表は「またチャレンジをギャビには続けて欲しいと思うし、これで腐ったりすることないと思う。格闘技の中ではそういう事が起きうるリアルなファイティングスポーツですから、計算されてるものではないんで。アクシデントはある程度のパーセンテージでつきものですから、次のステップを踏み出してほしいなと思ってます」とコメントした。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る