アジャと里村がさいたまスーパーアリーナで激突!赤井沙希は甘さを痛感

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催された『Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~』。
 『スーパー女子プロ大戦2017』と銘打たれた試合では里村明衣子&赤井沙希&中島翔子がアジャ・コング&チェリー&山下実優と激突。

 チェリーと山下がアジャと一緒にダブルチョップからポーズを決める場面を見せ、アジャが里村に一斗缶攻撃も里村はハイキックでカットしソバットからエルボースマッシュ。赤井がアジャにハイキックから里村が山下にデスバレーボムを叩き込んで3カウント。
 実力の差を見せつけた里村だったが、山下は試合後ビンタを叩き込み悔しさを露わにする。この行為に里村は「東京女子プロレス、本気出せばやるじゃねーかって思いますね。山下のアレ忘れませんよ。すぐにでも1対1でやりたいくらいです」とコメント。山下は涙を流しながら「もうなんか悔しいっていうだけじゃなくて、全部が大きくて……東京女子プロレスで、ここまでやってきたものは絶対に間違ってないと思うし、東京女子プロレスに入って本当に良かったですけど、自分がまだまだだったなっていうのを痛感させられました。でも、この先また里村さんと闘う時は絶対に勝ちます!次は絶対に負けません!」と気持ちを爆発させた。

 見せ所を作ることができなかった赤井は「アジャ選手の首を獲ると言っていたのですが、逆に私がガッツリやられてしまって自分の甘さを感じました。そして、中島選手と山下選手は同期ではあるんですが、里村選手にここまで言って頂いている山下選手にちょっと嫉妬しています。自分は試合でもっと出していけるように経験と練習を積んでいきます」と悔しさをにじませ、アジャは「きちんとどこで生まれ育っていようが、どこでやっていようが何をしていようが、プロレスという共通言語があるのであれば、それさえ理解をしていればリングの上ではきちんとした会話ができるでしょう。そういう意味ではきちんとした会話はできたかなと思います。今日の里村とのやり合いを見てても山下とやってみるのもちょっとおもしろいかなとも思いました」と、赤井ではなく山下に興味を見せた。

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る