【試合結果】3・18 アイスリボン道場マッチ 世羅りさ&藤本つかさ&弓李vsつくし&柊くるみ&テキーラ沙弥 星ハム子&宮城もちvs松本都&雪妃真矢

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『アイスリボン791』
日時:2017年3月18日(土)
開始:18:00
会場:アイスリボン道場
観衆:81人

▼エキシビジョン3分間
宮城もち
(0-0)
しぐれ(仮)

▼第1試合 タッグマッチ15分1本勝負
235/●長崎まる子
8分26秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
○テキーラ沙弥/松屋うの

▼第2試合 タッグマッチ20分1本勝負
星ハム子/○宮城もち
11分06秒 棚からぼた餅→片エビ固め
●松本都(崖のふち教)/雪妃真矢

▼第3試合 6人タッグマッチ30分1本勝負
世羅りさ/藤本つかさ/●弓李
14分17秒 ジャパニーズオーシャンスープレックス
○つくし/柊くるみ/テキーラ沙弥

世羅が1万票を励みに後楽園のメインで山下との防衛戦へ!藤本つかさとつくしが引退発表した豊田真奈美への思いを語る

エキシビジョン


 3月26日後楽園ホール大会でデビュー戦を行う練習生しぐれ(仮)。リングネームが「トトロさつき」に決定したことを入場式で観客に発表された。3月12日の広島大会で現ICE×∞王者の世羅とのエキシを行ったものの、勢いが無かった為、この日も世羅とエキシを行う予定だった。しかし、もちが自分がエキシの相手をした時にダメ出しした事で、さつきが奮起したことを理由に、世羅に代わって対戦相手に立候補。もちvsさつきの2度目のエキシ行う事になった。

 さつきはもちとの握手から気迫を全面に出し3分間も気持ちが折れる事なく、目をむき出して戦い抜いた。
 エキシ終了後、笑顔で健闘を称えたもちは「おい、トトロ!あんた良いじゃない!私とエキシビションやってダメ出しされて、ハムさんとやって良いなと思ったんだけど、広島でまたダメだったねって言って。今日は良いって言って、浮き沈みが激しいと思うんだけど、それが新人の良い所であり、悪い所であり、のびしろだと思います。今日戦って思ったのは、あなたの眼力は武器になります」とさつきにエールを送った。

第1試合


 後楽園大会でトトロさつきのデビュー戦に出場する4選手によるタッグ戦。3月12日の広島大会で同じ組み合わせの一戦は、まる子が初公開の雪崩式まる投げで沙弥から勝利。その試合を藤本が見たいということから今回の再戦となった。
 今回は勝者がメインに出場できるという“懸賞”付きということもあり、試合はスタートから4選手が熱い戦いを繰り広げていった。終盤、沙弥にまる投げを決め、勝利に大手をかけたのはまる子。しかし、ここでうのがまる子にスタナー、そしてかつドンを決めて沙弥をフォロー。コーナーに上がった沙弥は初公開のムーンサルトプレス。まる子からリベンジのカウント3を奪った。

 試合後、フォール負けを喫したまる子が「オープニングから気合を入れて挑んだのですが、ムーンサルトが飛んできて、負けてしまいました。自分が雪崩式まる投げを投げれば、後輩が別の新しい技を出してくるという、どんどん隙を衝かれているので、自分も新たな技、新たな攻撃を考えていこうと思います」と語れば、沙弥は「今日、ここぞというときだと思いまして(涙声になり)前回、広島大会でまる子さんに大技を出されて負けてすごく悔しくて、いつも一緒に練習をしていたから、どんな技するか、お互いに分かっているのに、知らない間に(雪崩式まる投げの)練習しやがって。悔しかったので、私も(まる子が)知らないうちに練習していたムーンサルトを出す事が出来て、勝利を収めました。ありがとうございました。この技、どんどん磨いて、もっといっぱい先輩に勝てるように頑張って行きたいと思います」と涙ながらに勝利を噛みしめた。

第2試合


 後楽園大会ではアイス初参戦となる井上貴子との対戦が決まっているらぶりー・ぶっちゃーず。この日は貴子のパートナーを務める雪妃との前哨戦が組まれたが、この日の雪妃のパートナーは都。前日の崖のふち教旗揚げ集会で勢いに乗っているとはいえ、雪妃とタッグはちぐはぐで息が合わない。相手のウイークポイントにきっちりと狙いを定めて攻め込んでいくあたりはタッグ屋らぶっちゃの真骨頂。終始、試合をコントロールしてみせたらぶっちゃは、都にシャイニングハラザードの波状攻撃を決めると、最後はハム子のトッププレスから、もちの棚からぼた餅につなげてフィニッシュ。快勝で飾った2人は雪妃を挑発する余裕もみせた。

 試合後、雪妃が「敗因は…、ちょっと仲良くなりましょうよ、都さん。友だちになる気は無いですけど、こうやって組んだ時に仲たがいすると負けるので、ちょっと仲良くしたいなと思いました。(頑なに仲良くなる事を拒否する都に)じゃあ良いです。私、7番勝負をやらせて頂いたり、シングルのチャンピオンの世羅さんとタッグ組んでいたりして、すごく強い方々と試合をする事が続いていたので、立ち向かって負けているうちに、負ける事にちょっと慣れてしまって、勝て無い事が悔しいとか、何がなんでもこの試合に勝ちたいと思って取り込む事がデビュー当時に比べたら、減ったかもしれないなって思ってたんです。自分より後にデビューしたまる子や沙弥、うのが勝った負けたで喜んで切磋琢磨している姿を見て、やっぱり自分も勝って行きたいって、心新たに持てたので、後輩たちにものすごく感謝しています。なので、私は今年、勝って行きたいと思ってます」と語り、都は「今日はパートナーのせいで負けてしまったんですけど、それに私は昨日ここで伝説の大宗教イベントをやってしまって、手負いの状態なので、この状態でも精一杯頑張って負けてしまったのはパートナーのせいです。そして後楽園ホールのカードが決定しました。新興宗教崖のふち教、葛西純&松本都vs新興宗教オレ教、ジャガー横田&藤田あかね。そして新興宗教オレ教の教祖・大槻ケンヂさんが降臨されます。崖のふち教をやるってなって、出家して入場曲も技名も尊敬する大槻ケンヂさんに公認頂いたんですけど、こんなにもあっさり裏切られるとは、憎しみで一杯で殺意しかないんですけど。私が宗教をやるって言わなければ、昨日の宗教法人マラヤとか大槻さんとかがアイスリボンのリングを跨ぐ事はなかったと思うので、これも宗教の力だなと思ってます。こういった大きなムーブメントを起こす崖のふち教だという事を後楽園で証明したいと思います」と後楽園へ前向き発言。

 一方のもちは「ユキ、もっと感情を出していこうぜ!最初負けた時は(雪妃の口調を真似て)“負けたんですよ~!”って言ってたじゃん。若い子が切磋琢磨しているのを遠くで見ている発言したけど、もっと感情出していこう。3月26日、もっと感情出しておいで。勝たせないけどね」と雪妃にメッセージを送り、ハム子は「ユキはやっぱりねえ、きれいだと思う。キレイだと思うから闘志燃えるの。貴子さんもきれいじゃん。だからさあ、うちら燃えるじゃん({えっ?うちらは?きれいじゃないの?}ともちに言われ)うちらはもっときれいだから、だから後楽園、すごい燃え上がる試合になると思う。私たち、大阪で井上貴子さんとらぶりー・ぶっちゃーずで3人でタッグを組ませていただいた事があって、その時に貴子さんがアイスリボンに参戦したいって言って下さったんですね。それをすぐに会社に言ったら、今回、後楽園にオファーしてくれて。私たちその時にも貴子さんのエキスを吸い取ったので、たぶん後楽園では貴子さん、よぼよぼのおばさんになってると思いますので、後楽園、楽しみにしていてください」と語った。

第3試合


 後楽園大会ではタイトルマッチに臨む世羅、つくし&くるみ、中島とのベストフレンズけじめマッチに挑む藤本、そして妹加との下剋上タッグでJWPタッグ王者チームと対戦の弓李、今、勢いのある後楽園大会の主役たちによる6人タッグがこの日のメイン。
 当初は妹加の出場が予定されていたが、インフルエンザにより急遽欠場となり、代わって加わったのが第1試合の勝者の沙弥。

 試合は序盤戦7分近くまで、本日2試合目となる沙弥が世羅組に捕まり、徹底的な集中攻撃を浴びる。弓李→藤本→世羅と3人から攻めを決められるも、なんとか逃れると、ここで一気にくるみのパワーが爆発。世羅ら3人を次々と吹っ飛ばし、試合の流れをしっかりと引き戻した。
 中盤では、前日に引退を発表した豊田へのメッセージなのか、藤本が不発に終わったものの、ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックスの体勢に入り、つくしをローリング・クレイドルを決めていった。そして最後はこちらも豊田の娘であるつくしが弓李をジャパニーズ・オーシャン・スープレックスホールドで弓李からカウント3を奪取。この日のオープニングで、後楽園のメインを決める投票結果が発表され、世羅と山下のICE×∞戦に、つくし&くるみが挑むリボンタッグ戦が大差をつけられ負けた、その悔しさをバネにしてのつくしの勝利だった。

 試合に敗れた弓李は「3月14日に無事、高校を卒業する事が出来ました。卒業の波に乗って、今日の試合は勝てるかなと思ったんですけど、簡単には勝てなかったです。3月26日のホールは高校生最後の試合となるので、強敵ですが勝ちたいと思います。」と気持ちを引き締め、世羅は「1万票を手に入れたことは大きな励みと共に強みになったので、この勢いでICE×∞防衛して次に向けて歩き出した気持ちがあるので、3月26日後楽園ホールでお待ちしています」と語った。
 そしてリボンタッグ戦に向けて「私たちのタッグチーム名はTHIS IS ICERIBBONです。アイスリボンっていう団体名をタッグチーム名に入れたからには負けることは許されないと思っています。アイスリボンは強いんです。私たちも強くなっていきます。色んな壁になっていきます」(つくし)「前回は自分たちがベルトを持っていて、初防衛をしないままアビリバに落としてしまって。あれから何カ月も経ったんですけど、自分たちはあの時よりも絶対に成長しています。絆もすごい深まっています。なのでアビリバよりも自分たちが暴れまくって、つくしには動いてもらって、自分はアビリバ2人をなぎ倒して、ベルトを獲って、自分たちがTHIS IS ICERIBBONだと言いたいと思います」(くるみ)とベルト奪回を宣言した。

 最後に前日に引退を発表した豊田真奈美に関して、豊田と関係の深い藤本とつくしが思いを語った。

つくし
「昨日ニコ生を見ていたんですけど、実は前から豊田さんに直接、お話しして頂いていて、とうとう引退を言う日が来てしまったんだなって悲しくなりました。体が痛いところが沢山あって、それ自分は知らなかったんですね。つくしはプロレスの悩みとか聞いてもらっていたので、体が痛いとか悩みがあったら、自分がもっと聞いてあげられたんじゃないかなって、娘だし。そう思いました。でも悲しんでいる前に、発表してしまったのはしょうが無い事だと思うので、豊田さんとタッグを組める時間を1分でも1秒でも大事にしたいなって思ってます。なので、今日、豊田さんからいただいたジャパニーズ・オーシャン・スープレックスでフォールも獲ったし、コスチュームも技も豊田さんが引退しても大事にして行きたいと思いました。引退まで、豊田さんの体を労ってあげるとか、車を出して病院までいっしょに連れて行ってあげるとか、豊田さんに出来る事をそばにいてしてあげたいなって思っています」

藤本つかさ
「アイスリボンの選手はほぼ全員、豊田さんと試合をしていて。沙弥だって豊田さんに憧れてレスラーになったし、ユキだって7番勝負の最初の相手は豊田さんだもんね。世羅だって、豊田さんと毎日飲み歩いて(笑)…私は豊田真奈美というレスラーは一生引退しないんじゃないかなって思っていたんです。痛みに強い選手だし、一生、女子レスラー豊田真奈美っていうのは続いていくんだなと思ったんですけど、昨日(引退までの)期限を聞いて、やっぱりショックでした。なんで引退するの?まだまだいけるじゃんって色々思ったんですけど、豊田さんが決めたことだったら、アイスリボンは11月3日、全面協力という形で豊田さんの引退興行をお手伝いさせて頂きます。だから私に、だからつくしに、コスチュームあげたんだ。ガウンあげたんだ。技あげたんだって色々思いますけど、でもそれもひっくるめて豊田真奈美というレスラーを尊敬しているので、安心して引退してもらう事が私たちの目標なのかなって思いました。11月3日、皆さん、ぜひ来てください。アイスリボンの大会にも豊田さん、オファーさせて頂くので、戦いたいっていう人がいたら、都以外、手を挙げて下さいねい。仙台リボンにも参戦していただきますのでよろしくお願いします」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る