【インタビュー】ワイルドネットワーク再始動!征矢学&河上隆一のワイルド対談!「new Wild orderは死んだ」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月22日(水)「WRSTLE-1 TOUR 2017 W-IMPACT」東京・新宿FACE大会にて、久々にタッグを結成する征矢学と河上隆一(大日本プロレス)のワイルドネットワークが対談を行った。ワイルドネットワーク結成当時の事や、今後の活動について両選手は何を語るのだろうか?

――2月22日の新宿FACE大会で久々にワイルドネットワークが復活しますが、そもそもワイルドネットワークというのはどのような経緯で結成されたのでしょうか?
征矢「僕が全日本プロレスを辞めてフリーになったんですけど、その時に大日本さんに上がらせて頂きまして。その時シングルマッチをしたんです。その時試合を通して相通ずるものがありました、ワイルドとして。今までは僕より先輩と組むことが多かったんですけど、後輩としてワイルドの素質を感じて誘ったところですね、その3秒後に“ワイルド俺もやりますよ”って。大体1日考えさせてくれとか言われるじゃないですか、プロレス界って。それを3秒ですよ?」

――なぜ河上選手はその時即決したのでしょうか?
河上「正直ですね、その時は自分自身を見失っていたというか。自分に自信がない、まだ自分が 河上隆一であるという事を自分で証明できないというか。わかりにくいですけど、自分自身が無かったと言えばなかったので。何か刺激が欲しかった。そしたら衝撃の出会いがあり、試合を通じて誘われて。これだ、と即断即決してそこに魂を売りました」

――では征矢選手が当時大日本プロレスさんに参戦している時は基本的にタッグを組んでいたという事でしょうか?
征矢「基本的にはそうですね。河ちゃんとタッグでした」

――普段は“河ちゃん”と呼んでいるんですか?
征矢「ええ」

――河上選手は征矢選手の事を何と呼んでいるのでしょうか?
河上「まぁお酒が入っていない時は征矢さんですね。お酒が入ると征矢ちゃんとかですね」
征矢「まぁワイルドに先輩後輩関係ないですから。“征矢”でもいいんですよ。この社会っていうのは上下関係とかありますけどそんなもの全部壊してやりゃいいんですよ。男女平等とかいろいろ平等平等言ってますけど、そこがまず平等じゃないんですよ。俺からしてみたら“武藤ちゃん”とか、ね?“関もっちゃん”とか言うでしょ?そんな感じですよ」

――なるほど。ではお互いの最初の印象はどのようなものだったのでしょうか?
征矢「そりゃもう(ワイルドに対して)3秒後に即決してくるフットワークの軽さとか、ちょっと読めない部分。そこに惹かれましたよね」
河上「僕はやっぱりこの昭和の俳優のような顔。先日亡くなった松方弘樹さんとかね?そんな昭和の俳優のような顔立ちとワイルドな出で立ち。もうこれしかない。特に当時の自分自身にはなかったものなので、良くも悪くも便乗してやろうと思ってやっちゃったら馴染んじゃって。なんだこれは?気持ちがいい、と」
征矢「まぁ彼はこんな言い方失礼かもしれないけど、ブッ飛んでる。なかなか臆することもない」
河上「お互いある意味どっかブッ飛んでるのかもしれないですね。どっかしらのネジが」
征矢「ネジ錆びついて折れているのかもしれない。刺さっているんだけど、錆びて折れてる」

――わかりました。そのお二人がタッグを久々に組む2.22新宿FACE大会ですが、対戦相手は将軍岡本選手、三富政行選手です。
征矢「将軍ってどこの将軍なんだ!?」

――どこの将軍かはちょっとわからないです。
河上「たぶん冬将軍ですね、冬将軍。彼はこの寒い時期にうちの大日本にも突如として現れた、まぁSMOPの人です。やっぱ相撲上がりなんで体もすごいし、これは冬に現れたから冬将軍だと」
征矢「という事はもしかしたらこの時代の人間ではないかもしれない。そういうの最近流行ってるでしょ?ドラマとか」
河上「氷河期…氷河の中から溶けて現れたのかもしれない」
征矢「マンモスと同じか…」
河上「マンモス岡本かもしれない、本来」
征矢「本来の名前はマンモス岡本だけれども、今のご時世に合わせて将軍という名前にしたんじゃないか?」

――将軍という名前でも今の時代にはあっていない気もしますが…
河上「冬将軍ですよ。冬将軍の“将軍”」
征矢「という事はもしかしたら春になったらもう全然機能しないかもしれない」
河上「彼は2月がピークなんじゃないですか?暖かくなり始めたらドンドン力が弱ってくるかも」
征矢「そのピークを我々が刈り取る。岡本討ち取ったり、とね」

――では今後、ワイルドネットワークとしての目標などはあるのでしょうか?
征矢「もちろんありますよ。大日本さんとWRESTLE-1が許すのであれば全然やっていきたい」
河上「去年の大日本の両国大会ではワイルドネットワークで出場してるんですよね。その後にケガをしてしまって、正直その活動を絶やさせてしまったという負い目が僕にはあるんですよね。せっかく盛り上がってきたところを僕の欠場という事で二人の道が途絶えてしまったという申し訳ない気持ちもすごくあるんで。今はものすごく調子もいいですし、そんな時にいろいろやりたいです。ただ今ちょっと別の活動もしていて。僕の親戚がアメリカ人になったりもしていますし。でもやっぱり河上隆一はワイルドの心が残っているので、河上隆一としてワイルドをやっていってもいいんじゃないかと」
征矢「リング上で空いてしまった分、この大会でもう一度確認して、また再始動していきたいと思います。ワイルドネットワークここにあり、というのを2月22日に見せてやりたいと思います」

――ちなみに征矢選手はnew Wild orderというユニット活動も行っていますが、ワイルドネットワークとの関係性はどうなのでしょうか?
河上「ワイルドネットワークの方が先輩です」
征矢「モーニング娘。の中にプッチモニやミニモニとかいろいろあったでしょ?それと一緒だよ。方向性でよ。そこに入るのか入らないのかは自由です。それでいいじゃないか」
河上「ベクトルは一緒です…new Wild orderって今やっているんですか?」
征矢「死にましたね。自害しました。ワイルドを名乗らない時は死ぬ時なんで。葛西純は生きているのか?でも全然ワイルドって言わないですからね」
河上「僕の中では征矢さんも発信力弱くなってきているんじゃないかと思っているんですけど。ワイルドが落ち着いてきたんじゃないかっていう。なんか守りに入ってる。口だけで攻めてないんですよ」
征矢「そうだったのか…そこは河ちゃんの力を借りてスパイスをぶち込んでくれ!」
河上「スパイス入れてやりますよ。ブッ飛んでることやらないと」
征矢「もしかしたら一番ブッ飛んでるかもしれない。私の周りのワイルドな人たちは意外と家族思いの人が多い」

――…わかりました。では最後になりましたが、2月22日の新宿FACE大会に向けての意気込みをお願いいたします。
征矢「意気込みもなにも久しぶりにね、河上選手とタッグを組めるという事が楽しみです。今後、ワイルドネットワークはどのように活動していくのか、この先の道筋、方向を決めたいと思います。そういう試合にしたいと思います。勢いを復活させます」
河上「僕も久しぶりに組めて楽しみですし、彼も僕も調子がいい。ケガが治ったのでこれから本格始動ができればと。そしてWRESTLE-1と言ったらボスの武藤敬司。武藤敬司に何かちょっとワイルドネットワークとして発信できればいいなと思います」
征矢「入りたいんじゃないですか?」
河上「たぶん、まぁワイルドさだったら結構ね。髪型とか」
征矢「ただ一つ、髭は全部生やしてもらいたい。あと髪の毛もぶわぁって生やしてもらいたい。どうしても入れてくれというなら、こちらから出す条件は今言ったものです」

 昨年の大日本プロレス両国国技館大会を最後に、河上選手のケガもあって活動を事実上の休止状態にあったワイルドネットワークの両選手。その河上選手にはユニットとしての勢いを断ち切ってしまった負い目もあったという。
 しかし征矢選手はそんなことを気にする男ではない。同じワイルドという物を掲げ共に戦った仲間は、どんなに時を隔ててもワイルドの魂さえあれば戦友なのである。GET WILD、new Wild order、そしてワイルドネットワーク。メンバーやユニット名が違えど根本は同じ。ワイルドを標榜する男たちの戦いが今、始まろうとしている。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 W-IMPACT』
日時:2017年2月22日(水)
会場:東京・新宿FACE
開始:19:00

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第52代王者組】近藤修司/葛西純(FREEDOMS)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
vs
【挑戦者組】稲葉大樹/児玉裕輔/藤村康平
※第52代王者組・近藤修司&葛西純&NOSAWA論外組、初の防衛戦。

▼WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ初代王者決定トーナメント準決勝① シングルマッチ 時間無制限1本勝負
土肥孝司
vs
タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)

▼WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ初代王者決定トーナメント準決勝② シングルマッチ 時間無制限1本勝負
熊ゴロー
vs
村瀬広樹

▼WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ初代王者決定トーナメント決勝戦 シングルマッチ 時間無制限1本勝負
準決勝①の勝者
vs
準決勝②の勝者

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ前哨戦 タッグマッチ
河野真幸/頓所隼(Pro-Wrestling ACE)
vs
芦野祥太郎/立花誠吾(Pro-Wrestling ACE)

▼6人タッグマッチ
カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)/木髙イサミ(プロレスリングBASARA)
vs
アンディ・ウー/吉岡世起/進藤翔(Pro-Wrestling ACE)

▼タッグマッチ
征矢学/河上隆一(大日本プロレス)
vs
将軍岡本(フリー)/三富政行(愛媛プロレス)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る