【試合結果】1・24 ガッツワールド新木場大会 【GWCタッグ】松田慶三&YUJI KITOvsマスクドミステリー&ダイスケ 雁之助&ガッツ&影山&CHANGOvs折原&東郷&アミーゴ&梁

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ガッツワールドvol.104 新春スーパーガッツワールド 2017』
日時:1月24日(火)
開始:19:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:207人・満員

▼「ガッツワールド2017闘会始」 30分1本勝負
●大谷譲二
7分6秒 ミサイルキック→エビ固め
○忍(666)

▼「Guts女子プロレス」 30分1本勝負
ドレイク森松/○神田愛実(フリー)
7分28秒 八鹿落とし→片エビ固め
ミクロ(フリー)/●パピヨン朱美(デラべっぴん)

▼「BATTLE ARRIVAL」 30分1本勝負
○黒田哲広(フリー)
10分9秒 哲ちゃんバスター→片エビ固め
●阿部史典(スポルティーバ)

▼「ハッとしてgood vs タカイシダ」 45分1本勝負
[ハッとしてgood]新井健一郎(DRAGON GATE)/○バッファロー(先駆者/鳥取だらず)
10分46秒 首固め
[タカイシダ]高井憲吾(チームでら)/●石田慎也(スポルティーバ)

▼「鬼神悪魔道雄CHAN vs トンパチマシンガンズ with FEC 4対4イリミネーションマッチ」 時間無制限
○[鬼神悪魔道雄CHAN]ミスター雁之助/ガッツ石島/影山道雄(チームでら)/CHANGO(フリー)
1-0
●[トンパチマシンガンズ]折原昌夫(メビウス)/ディック東郷(NVP)/アミーゴ鈴木(フリー)/梁和平
<一人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]●ミスター雁之助/ガッツ石島/影山道雄(チームでら)/CHANGO(フリー)
8分48 OTR
[トンパチマシンガンズ with FEC]折原昌夫(メビウス)/ディック東郷(NVP)/○アミーゴ鈴木(フリー)/梁和平

<二人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]ガッツ石島/○影山道雄(チームでら)/CHANGO(フリー)
11分0秒 OTR
[トンパチマシンガンズ with FEC]●折原昌夫(メビウス)/ディック東郷(NVP)/アミーゴ鈴木(フリー)/梁和平

<三人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]ガッツ石島/●影山道雄(チームでら)/CHANGO(フリー)
11分43秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め
[トンパチマシンガンズ with FEC]○ディック東郷(NVP)/アミーゴ鈴木(フリー)/梁和平

<四人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]●ガッツ石島/CHANGO(フリー)
16分50秒 回転エビ固め
[トンパチマシンガンズ with FEC]○ディック東郷(NVP)/アミーゴ鈴木(フリー)/梁和平

<五人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]○CHANGO(フリー)
18分24秒 OTR
[トンパチマシンガンズ with FEC]●ディック東郷(NVP)/アミーゴ鈴木(フリー)/梁和平

<六人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]○CHANGO(フリー)
20分16秒 ジャックナイフ式エビ固め
[トンパチマシンガンズ with FEC]アミーゴ鈴木(フリー)/●梁和平

<七人目>
[鬼神悪魔道雄CHAN]○CHANGO(フリー)
21分55秒 ダイビング・セントーン→片エビ固め
[トンパチマシンガンズ with FEC]●アミーゴ鈴木(フリー)
※一人残りで鬼神悪魔道雄CHANの勝利

▼「GWC認定タッグ選手権試合」 60分1本勝負
【王者組/IWA熱波軍】松田慶三(フリー)/○YUJI KITO(フリー)
22分53秒 バルス→片エビ固め
【挑戦者組】●マスクドミステリー/ダイスケ
※第14代王者組が4度目の防衛に成功

松田とKITOのIWA熱波軍がミステリー&ダイスケ相手に4度目の防衛に成功!KITOはGWCシングル挑戦決定!

第1試合

280125guts_1st 大谷は入場曲を変更。忍はギラギラボーイズのテーマで入場。ロックアップから忍がロープに押し込むとクリーンブレイク。再度ロックアップから大谷がロープに押し込むと強烈なチョップを叩き込む。
 リストの取り合いから忍がヘッドロックからホイップするが大谷は抜けて距離をとる。
 チョップの打ち合いから忍がコーナーに押し込み顔面にドロップキック。さらに足を取ってグラウンドに持ち込むと、2で返した大谷に腕固め。ロープに足を伸ばそうとする大谷の腕を蹴り上げると、ハンマーブローを落としていくが大谷はエルボー。忍のエルボーと大谷のチョップの打ち合い。忍がボディスラムからフォールも2。
 忍は逆片エビ固め。急角度に絞り上げられるが大谷は必死にロープへ。

 大谷はトーキックからロープに飛ぶと、忍はドロップキックで迎撃しフォールも2。
 忍はハンマーブローから後頭部にナックル。忍はブレーンバスターを狙うが、耐えた大谷が逆にブレーンバスターで叩きつける。

 忍がソバットからロープに飛ぶが、大谷が追走バックエルボーからショルダータックルで吹っ飛ばす。
 大谷はコーナーに振ると串刺しバックエルボーからフェイスバスター。大谷はコーナーに登ると、ミサイルキックを叩き込んでフォールも2。
 大谷はストンピングからノーザンライトスープレックスを狙うが、忍は耐えて後転し丸め込むと顔面に低空ドロップキック。忍はみちのくドライバーからフォールも2。
 忍はSEXボンバーを予告するが、大谷は避けてスクールボーイ。返されると逆さ押さえ込み。再度返されるとエルボーから顔面を張りノーザンライトスープレックスホールド。これは2.9。
 大谷はエルボーからヘッドバッド。大谷はは走り込むが忍はSEXボンバーで迎撃しフォールも2。忍はミサイルキックからフォールし3カウント。

第2試合

280125guts_2nd パピヨンが急襲するが避けられ、神田とドレイクがサンドイッチラリアット。助けに来たミクロのクロスボディをキャッチしてリングに叩きつける。

 リングには神田とミクロ。神田はスリーパーからサーフボードストレッチ。ミクロはロープへ足を伸ばす。神田は自軍コーナーに叩きつけてドレイクにタッチ。ドレイクは神田とともに顔面を踏みつける。

 ドレイクはミクロをコーナーに叩きつけてヘアーホイップ。顔面を踏みつけ、ボディスラムからフォールも1。ドレイクはハンマーブローから髪を捻ってのヘアーホイップ。ドレイクはバットを取り出し、ボディを殴ってから改めてボディにフルスイング。ドレイクは神田にタッチ。

 神田は逆エビ固めもミクロはロープへ。ミクロは低空ドロップキックから丸め込むが2。ミクロはパピヨンにタッチ。

 パピヨンはジャンピングラリアット。更にドレイクにもジャンピングラリアットも、ポーズを決めてる所を神田が背後から急襲しドレイクとダブル攻撃。これを避けたパピヨンがダブルのジャンピングラリアットで迎撃すると、ミクロにタッチ。

 ミクロとダブル攻撃を狙うが神田は次々ラリアットでなぎ倒し、ボディスラムからドレイクにタッチ。
 ドレイクはラリアットも、避けたミクロがカサドーラも1。ミクロはタッチしようとするがドレイクはこれをカットし、コーナーに振ると串刺しラリアットから神田からイスを受け取りイス攻撃。これを避けたミクロが、再度イス攻撃も避けて、イスを蹴りつけ踏みつけるも、ドレイクをイスを開いてその足を挟む。ミクロは必死にイスを掴むも、ドレイクはその手もイスで挟んでラリアットからフォールも2。
 ドレイクはボディスラムを狙うがミクロは丸め込んでからパピヨンにタッチ。

 パピヨンはミサイルキックからロープに飛ぶが、場外から神田が足を引っ張り倒し、ドレイクがラリアットからドレイクボトム。フォールもミクロがカット。ドレイクは神田とタッチ。

 神田とドレイクはサンドイッチラリアットもパピヨンが避けて同士討ちさせるとチョークスラム。フォールもドレイクがカット。
 パピヨンは再度チョークスラムを狙うも、神田が逆にチョークスラムで叩きつけてフォールも2。
 神田は八鹿落としを叩き込んで3カウントを奪った。

第3試合

280125guts_3rd バックの取り合いからリストの取り合い。グラウンドの攻防から黒田が絞め上げていくが阿部はロープへ。
 阿部がミドルキック連打も、黒田はキャッチしエルボーで倒す。その足を持ったまま場外に降りると鉄柱に叩きつける。「もういっちょ!」の掛け声から鉄柱に叩きつけるとその足にエルボー。阿部は場外に落下するとチョップ合戦。黒田は叩き伏せて違うコーナーの鉄柱に阿部の足を叩きつける。

 リングに戻り、阿部の足を蹴りつけてから足4の字。お互い回転し切り返し合うが阿部がロープへ。
 阿部はアリキックも、黒田はその足にストンピングからスライディングキック。コーナーに押し込みチョップを打ち込んでいく。阿部もチョップで返していくが黒田が強烈なチョップで倒す。
 黒田はコーナーに叩きつけてからロープを使ったアンクルホールド。黒田は阿部の足を蹴り上げ、逆コーナーに振ると串刺しラリアット。再度串刺しラリアットも、避けた阿部がカウンターの脇固め。黒田はロープに這う。

 阿部はボディブローから首投げで倒しサッカーボールキック。フォールも返されると脇固め。アームバーに移行するも黒田はロープへ。
 阿部はコーナーに振ると串刺し攻撃を狙うが、バックエルボーで迎撃した黒田がコーナーに登る。だが阿部は走り込んでダブルチョップから正面に登り雪崩式ブレーンバスターを狙うが、耐えた黒田が哲っちゃんカッター。

 黒田はラリアットも避けた阿部がバックをとる。バックエルボーで逃れた黒田がDDTで突き刺しフォールも2。
 黒田は走り込むもも阿部がドロップキックで迎撃。阿部はソバットから二弾蹴り式の延髄斬り。さらにサッカーボールキックからフォールも返されると腕ひしぎ。これは黒田がロープへ足を伸ばしブレイク。
 阿部は黒田の腕にエルボーからサマーソルトキック。ロープに飛ぶが黒田が追走エルボーからラリアット。フォールも2.9。黒田はシャイニングウィザードを叩き込んでフォールも2.9!黒田は哲っちゃんバスター。これで3カウント。

第4試合

280125guts_4th高井が「皆さんコンバンワ!今日は寒いですね!そんな時は僕達と一緒に声を出して暖かくなりましょうよ!そんな時にすごい良い方法があるんです!この石田慎也はお客さんの声をパワーに変えて、相手を叩き潰す超必殺技、BOON!BOON!エルボーというものがあるんです。何かしらの形で、相手が寝てますね?その時に石田がBOON!BOON!と腕を振るのでその時にみなさんも一緒にBOON!BOON!と叫んでください!」と石田の実際の動きを交えながら説明。

 ハッとしてgoodは入場するなり急襲。だがタカイシダがバファローをコーナーに振って高井が串刺しラリアットから石田がボディスラムで叩きつけてBOON!BOON!エルボー。だがバファローが避けてアラケンがリングへ。
 高井と石田がダブルのバックエルボーから石田がBOON!BOON!エルボー。これもアラケンが上半身を上げて避けると、高井にナックルからバファローとともにナックル。さらにダブルのショルダータックルで倒し、交互にストンピング。

 バファローがコーナーに振り串刺しバックエルボー。フォールも1。
 バファローが頭頂部にエルボーからブレーンバスター。ギロチンドロップを落としフォールも2。バファローはストンピングからアラケンにタッチ。

 アラケンはトーキック連打から顔面を踏みつける。アラケンがボディスラムを狙うが、高井はそのまま体重で潰し石田の膝に叩きつける。高井は石田にタッチ。

 石田はトーキック連打から顔面を踏みつけるがこれはレフェリーが注意。石田は対角線を走り連続でアラケンをコーナーに叩きつけると首投げからスリーパー。アラケンはロープへ。石田は高井にタッチ。

 高井はボディスラムからエルボードロップ。アラケンはタッチしようとするが、これを捕まえフェイスロック。
 高井は頭頂部にエルボーから石田にタッチ。アラケンは急いでタッチしようとするが高井と石田二人でカット。

 石田は投げようとするが、ボディブローで逃れたアラケンがサミングから走り込むも、石田はスリーパーで捕らえてアラケンはリングに伸びる。石田はそこへBOON!BOON!エルボー。アラケンはこれを回転して避けてナックル連打。アラケンはロープに飛ぶが、高井がエプロンから蹴りつけ石田は高井にタッチ。

 高井はエルボーでロープに押し込み、ロープに振るもアラケンは前方回転エビ固め。返されると走り込むが、高井は担ぎ上げてカット。だがアラケンは回転して逃れてなんとかバファローにタッチ。

 バファローはラリアットで高井をなぎ倒し、サードロープに寝かせるとエプロンでギロチンから場外を走り込んでのドロップキック。リングに投げ入れるとミサイルキックからフォールも2。
 バファローは投げようとするが、耐えた高井にラリアット。バファローはバックドロップからフォールも2。バファローは走り込むがラリアットの相撃ち。高井はハングリーバスターを叩き込んで石田にタッチ。

 石田は今度こそとBOON!BOON!エルボー。バファローはこれを回転して避けて、アラケンが出てくると石田はチョップ連打からロープに飛ぶが、アラケンもロープワークでこれを避けると石田をショルダースルーからリングに叩きつけフォールしようとするが高井がカットしラリアットでなぎ倒す。

 高井がバファローを振って石田がトラースキック。高井と石田はダブルのバックエルボーから石田がBOON!BOON!エルボーを投下。なんとかこれをきめフォールもアラケンがカット。
 石田はロープ駆け上がり式のスイングDDTからフォールも2。石田はロープに飛ぶが、アラケンが場外から足を引っ張り倒すと、バファローもロープに飛ぶが場外から阿部が足を引っ張りカット。バファローがレフェリーを捕まえ阿部に抗議していると、アラケンが石田にマンハッタンドロップからバファローが首固め。これで3カウント。

アラケン「俺は改めて宣言させてもらうよ。この新井健一郎が新木場に集まるあなたたちマニアのために頑張りましょう。まあご存知の通り我々ハッとしてgoodの盟友、親友である翔太は手術当日ということで」
バファロー「翔太くん頑張ってください!早く帰ってこい翔太!」
アラケン「まあ、私ね未だにガラケーですし、スマホ使えないしパソコンも使えないしTwitterの見方もわからないですけど彼はマメに更新してるんでもしかしたら手術終わってるのかな?長期欠場の翔太に勝利を捧げましたよね。ちょっと待ってください。新生ハッとしてgoodは翔太と二人でやってきて荒々しい部分がいないと思ってバファローさんに入ってもらって、猪突猛進があなた、ずる賢いのが私、あなた入って二戦目で、ずる賢いのも猪突猛進も両方やっちゃったじゃないですか」
バファロー「猪突のことと猛進なことしか私出来ませんよ!ただ、ただ、ハットしてgoodの魅力はなんぞや、翔太くんの穴を埋めなければとアラケンさんにアピールしたかったのと、バファローで翔太の代わりが務まるのかなというお客さんの気持ちにお答えしたいというか翔太くんの見よう見まねとアイコンタクトでやらせていただきました」
アラケン「このね、日本全国のプロレスマニア、全員相手にしてやりましょうや。というわけで、あなた達休憩入りますけど、やることわかりますね?Twitterで呟いてくださいよ。バファローとアラケンは最高だったと。翔太が返ってくるまで6人タッグのベルトは無理だけど、タッグのベルトかシングルのベルト獲って、彼が最高の状態で帰ってこれるようにしましょう。前半戦終わりましたけどガッツの選手バシッといい試合してくれたんでマニアの皆さんお楽しみに、ありがとうございました」

<試合後コメント>
ハッとしてgood
アラケン「えー、なんでしょうね。あのー、まあ、バリバリやってる人からしてみたら「なんだ手を抜きやがって」って試合かもしれないけども、お客さんの反応が全てじゃないですか。ホントに」
バッファロー「いやいやいや、なんだろうな。プロレスの面白さ、楽しみ方っていっぱいあると思うんだよね。ハッとしてgoodを応援してる支持者っていうのはやっぱ、そういうなんていうのかな、ちょっと……いい意味でちょっとこう、穿った見方をするお客さんだからね。やっぱその辺も手のひらの上でじゃないけども、その想像の上を行きたいなってのはプロとしてあるし、その辺翔太くん上手かったから。その辺の、負けちゃいけないって気持ちで今日はやりましたね」
アラケン「まあ、今日ね、見てもらって分かる通り、バッファローさんが入ってこれから荒っぽいチームになるかと思いきや、こういう試合も出来るし、なんだったら次、荒っぽさ一辺倒で行ってもいいしね。んで、荒っぽさプラス頭使ってやれば、俺たち時代は違いましたけどね、俺たちロードウォーリアーズにだって勝てるんだ!」
バッファロー「確かに」
アラケン「頭使ってね、レフリーの見えないところでね」
バッファロー「チ○コ蹴って丸め込んでね」
アラケン「そうすればロードウォーリアーズだろうとね、ハンセン&ブロディ組にだって勝てますよ。これ大々的に書いといてくださいよ」
バッファロー「生きてんだからハンセンとアニマルで組んで来いよ!」
アラケン「なあ? ガッツワールドこの野郎オイ!そのくらいやれこの野郎!」
バッファロー「なんならアニマルと2対1でやってやってもいいぞ!2対1だったら勝てそうだろ」
アラケン「絶対勝つぞこの野郎」
バッファロー「本気で勝てそうだろ、2対1だったら」
アラケン「ねぇ? プロレスはここですよ、ここ(頭を指差しながら)」
バッファロー「チ○コ蹴って押さえりゃいいんだよ」
アラケン「というわけで、これからも、マニアの皆さんを唸らせましょう!」
バッファロー「唸らせましょう!」

第5試合

280125guts_5th トンパチマシンガンズが急襲。そのまま場外乱闘へ。
 リングには和平とCHANGO。チョップの打ち合いからCHANGOがトーキックからストンピング。顔面を踏み潰し影山にタッチ。

 影山と雁之助が和平にトレイン攻撃から雁之助がブレーンバスターで叩き伏せ影山がサッカーボールキック。さらに雁之助のラリアットと影山のサッカーボールキックのサンドイッチ。影山はガッツにタッチ。

 ガッツはロープに振ってバックエルボー。さらにボディスラムで叩きつけてCHANGOにタッチ。
 CHANGOはストンピングからハンマーブロー。膝立ちでチョップを打ち込む和平はチョップ連発からサミング。和平は走り込むが、CHANGOは膝蹴りからセントーンも和平は剣山で迎撃。和平は折原にタッチ。

 折原はストンピング連打からトーキックを叩き込み、中央に引きずると足にエルボードロップ。フォールも2。
 折原はロープに押し込み顔面をかきむしると、注意したレフェリーを突き飛ばしてからCHANGOの顔面を踏み潰しサッカーボールキック。折原は東郷にタッチ。

 東郷と折原のダブルエルボーから東郷がセントーンを投下。東郷はロープに押し込みチョーク攻撃。東郷はフィストドロップからフェイスロック。これを離すと腕を捻ってアミーゴにタッチ。

 アミーゴはハンマーブローからトーキック。激しいチョップの打ち合いからアミーゴがサミング連打。CHANGOの上半身をロープにかけると和平が馬跳びヒッププレスからアミーゴがフォールも2。
 アミーゴはボディスラムから折原がダイビングエルボードロップから和平がダイビングフットスタンプ、折原がボディスラムから東郷がシルバーブレッド。フォールも2。

 折原がCHANGOを羽交い締めにしアミーゴがエルボー連打。アミーゴは投げようとするが、耐えたCHANGOがブレーンバスター。CHANGOは雁之助にタッチ。

 雁之助はアミーゴにバックドロップからファルコンアロー。フォールも2。
 雁之助はラリアットも避けたアミーゴはトーキックから飛行機投げでエプロンに落とすと、そのまま折原が蹴りつけ雁之助は場外に落下。これで雁之助は失格。

 影山が出てきて折原とエルボーの打ち合い。影山のラリアットを巻き込んだ折原がコンプリートショットからフォールも2。折原はコーナーに振って串刺しラリアットも、避けた影山がハイキック。ロープに振ってレッグラリアートとかフォールも2。
 CHANGOが出てきて、影山とダブルのミドルキックからCHANGOがジャンピングかかと落とし。影山とダブルのブレーンバスターから影山がボディスラムでセットしCHANGOがロープに登るが、折原が下から影山を蹴りつけCHANGOを突き飛ばす。だが影山が背後から折原を蹴りつけガッツと太鼓の乱れ打ち。CHANGOもリングに戻り、3人で折原を場外に投げ捨てようとする。折原はエプロンで耐えるが、雁之助が場外から引きずり落とし折原は失格。

 トンパチマシンガンズが急襲し、影山に東郷がペディグリーからダイビングセントーンを投下。これで影山が3カウントで失格。

 東郷と和平がCHANGOをロープに押し込み東郷がナックルから顔面を踏みつける。東郷は自軍コーナーに叩き込み和平にタッチ。

 和平がエルボー連打から首投げで倒し顔面を踏みつけるとロープワーク式の踏みつけからエルボードロップ。フォールも2。和平は自軍コーナーに叩き込みアミーゴにタッチ。

 アミーゴはサミングからロープ際に寝かせてシーソー式のチョーク攻撃。アミーゴは東郷にタッチ。東郷はクロスフェイスロック。CHANGOはロープへ。
 東郷はエルボードロップ2連発からフォールも2。再度フォールも2。東郷はナックルからコーナーに振ると串刺し攻撃を狙うが、足を伸ばしてカットしたCHANGOがミサイルキックも東郷は避けてナックル連打。東郷は走り込むがCHANGOはドロップキックで迎撃しガッツにタッチ。

 ガッツは次々ショルダータックルで倒すも、和平とアミーゴがトーキック。だがダブルラリアットでなぎ倒したガッツと東郷がチョップの打ち合い。ガッツがトーキックからラリアットも、受けきった東郷がラリアット。ガッツも受けきり走り込むが、東郷がカウンターのラリアットでなぎ倒し、ペディグリーを狙うが、耐えたガッツがリバースしてエプロンに落とす。東郷はガッツにぶっこ抜きブレーンバスターを狙うが、ガッツが逆にブレーンバスターでリングに叩きつけて、パワーボムを狙うが東郷はそのまま丸め込んで3カウント。ガッツは失格。

 CHANGOが東郷に走り込んでナックルも、和平がコーナーに叩きつけてトレイン攻撃を狙う。和平を避けたCHANGOだったが東郷がラリアットでなぎ倒しフォールも2。
 東郷はサミングから走り込むが、CHANGOはフランケンでエプロンに東郷を落とすと、そこへCHANGOが走り込んでエルボー。これをガードした東郷がエルボーでリングに戻り、和平がチィニーズゴリースペシャルから東郷がコーナーに登るが、CHANGOは和平をロープに叩きつけ、その反動でエプロンに落下した東郷にスライディングキック。これで東郷は落下し失格。

 和平とアミーゴがダブルエルボーからアミーゴが羽交い締めにして和平が走り込むも、CHANGOは足を伸ばしてカットしアミーゴにフェイマサーからフォールも和平がレフェリーの足を引っ張りカット。
 トンパチマシンガンズが次々串刺し攻撃も、鬼神悪魔道雄もリングに入り乱闘。
 ガッツが和平にパワーボムの体勢からCHANGOがコーナーに登るも、これはアミーゴがカットしデッドリードライブから和平がガッツを場外に落としCHANGOにナックル。アミーゴがイスを振りかぶるがCHANGOが避けて和平の頭に誤爆。ここをCHANGOが丸め込んで3カウント。和平は失格。

 アミーゴとCHANGOがエルボー合戦。CHANGOがランニングエルボーで倒し丸め込もうとするがアミーゴはエルボーからジャーマン・スープレックスホールド。これは2。
 アミーゴはトーキックから走り込むが、CHANGOがトラースキックで迎撃し左右のビンタから腕を巻き込んでのショートレンジラリアット。フォールも2。
 CHANGOはコーナーに登るとダイビングセントーン。これで3カウント。

 鬼神悪魔道雄CHANが一人残りで大逆転勝利した。
280125guts_5th2
ガッツ「おい、お前らさ、今日のイリミネーションマッチ、俺たち勝ったぞ。お前らの持ってる、GWC、6人タッグのベルト、俺たちに挑戦させてもらおうか。おいうけんのか!」
折原「あ?回数がちげーんじゃねーか?たった一回勝っただけだろうが。それと勝ったのはお前じゃねーだろそのガキだ!おいデブ!何度俺たちに負けてんだ。こいつ何回俺たちに負けた?」
ガッツ「子供の喧嘩じゃねーんだからデブとか言うな、ガキとか言うなよ同じ36歳だよCHANGOは!俺のが誕生日早くてちょっと年上だよ!」
折原「こまけーんだよ!」
ガッツ「A型はこまけーんだよ!」
折原「お前だけじゃねーんだ俺もA型だ」
ガッツ「奇遇だな」
折原「お前そんなにこのベルトがほしいのか?」
ガッツ「やらせろ!」
折原「どうすんだ、やってやってもいいよ」
ガッツ「まあそっちが2勝してるわけでしょ?こっちは1勝しかしてないよ。2月の新木場、また形式変えてやろう。4対4のシングル4番勝負。どうだ?シングルで勝ち越したほうが勝ちだよ。やんのかこの野郎!」
折原「やるよやるよ!東郷いいだろ?その代わりな、お前ら負けたらどうすんだよ?負けたらどうすんだよ?」
雁之助「折原!じゃあ俺たちが勝ったら、ベルト挑戦で良いんだな?いいんだな?どうすんだオラ!返事しろ!」
折原「お前こえーんだよ」
雁之助「どうすんだ俺たちが勝ったら挑戦でいいんだろ!」
折原「こえーんだよ」
雁之助「お前だよ怖いのは!」
折原「だから俺たちが勝ったらどうするんだっていうの」
雁之助「俺たちが勝ったらベルト挑戦でいいんだな?(トンパチFECはリングを後にする)おい、返事しろよ!逃げるんじゃねーよ返事しろよ、逃げるな返事しろ!これがお前のやり方かコラ!」
ガッツ「また帰っちゃったよ。いつもいつも帰りやがってこの野郎」
雁之助「とりあえず次はシングル4番勝負。組み合わせまだ決まってないけど、4番勝負シングル、カードどうやって決めんだよ?当日リング上で綱引いてシングルマッチ組もうぜ」
ガッツ「綱は経費がかかるんで」
雁之助「せこいこといってんじゃねー!」
ガッツ「責任者なんで、何かしら」
雁之助「当日シングル決めるって言ったら綱引きに決まってんだろ!昭和はそうだったんだよ!」
ガッツ「なにかしら抽選で決めましょうね。当日考えてきますから、じゃあ次のシングル4番勝負、次も俺たちが勝つぞー!行くぞ!」

第6試合

280125guts_6th 先発はダイスケとKITO。グラウンドの攻防からリストの取り合い。再度グラウンドの攻防からKITOがヘッドロック。首投げもダイスケは抜けて距離を取る。
 手4つにみせてKITOが腕を捻り松田にタッチ。ダイスケも抜けてミステリーにタッチ。

 松田がヘッドロックで絞り上げていく。ミステリーはエルボーを叩き込んでいくが松田は離さない。やっと抜けるとショルダータックルの打ち合いからミステリーがヘッドロック。ショルダータックルのぶつかり合いからお互い逆サイドに走ってのショルダータックルを松田が提案し指切りも、お互い全くタイミングを合わせずにミステリーがショルダータックルで倒す。ミステリーはダイスケにタッチ。

 ダイスケはロープに押し込むも松田はエルボーで返す。ダイスケ自軍コーナーに叩きつけるとミステリーにタッチ。ミステリーとダイスケはダブルのエルボーで倒し、ミステリーがストンピングから頭頂部にエルボー。エルボーの打ち合いからミステリーが打ち勝ちダイスケにタッチ。

 ダイスケは首投げからエルボードロップ。ミステリーもスワンダイブセントーンからダイスケがフォールも2。
 ダイスケと松田はエルボー合戦。松田がサミングから走り込むが、トーキックで迎撃したダイスケがロープに飛ぶが、KITOがエプロンから蹴りつけ、松田が念仏ブレーンバスター3連発。松田はKITOにタッチ。

 KITOはサッカーボールキックから逆エビ固め。ダイスケはロープへ。
 KITOはストンピングからハンマーブロー。KITOはダブルアームスープレックスからフォールも2。KITOは松田にタッチ。

 熱波軍は太鼓の乱れ打ちからワンハンドサイドバスター。松田はキャメルクラッチでとらえるがミステリーがカット。松田は場外にダイスケを投げ捨てるとKITOがダイスケの腰をエプロンに叩きつける。
 ダイスケをリングに投げ入れると松田がフォールも2。松田は逆エビ固め。ミステリーがカット。
 松田はボディスラム3連発からフォールも2。松田はKITOの膝にダイスケを叩き込みタッチ。

 KITOはストンピング連打からバックブリーカー。KITOは腰にエルボードロップから松田にタッチ。
 熱波軍は股裂きから松田が滞空時間の長いブレーンバスター。フォールも2。
 松田はストンピングからコーナーに押し込みショルダー連発。コーナーに振って走り込むが、足を伸ばしてカットしたダイスケが走り込むも、松田はエルボーで迎撃し投げようとするがダイスケがブレーンバスターで叩きつけミステリーにタッチ。

 ミステリーは次々クロスチョップで倒すと次々ボディスラム。だがKITOが背後から襲いかかるが、ミステリーはダブルラリアットでなぎ倒し、松田をコーナーに振ると串刺しジャンピングバックエルボー。再度串刺しジャンピングバックエルボーから俵投げ。フォールも2。
 ミステリーはスリーパー。腕極め式のスリーパーに移行するがKITOがサミングでカット。

 ミステリーは松田をコーナーに座らせると正面に登るが、コーナ上でエルボーの打ち合い。松田が突き飛ばすとミサイルキック。松田は走り込むがミステリーはパワースラムで迎撃しダイスケにタッチ。

 ダイスケはエルボー連打でコーナーに押し込み、逆コーナーに振ると串刺しエルボーからフィッシャーマンバスター。ダイスケはコーナーに登るとダイビングクロスボディアタック。フォールも2。
 ダイスケはロープにくくりつけチョップからランニングエルボー。再度走り込むが松田はカウンターのラリアットで一回転させKITOにタッチ。

 KITOはナックル連発からジャンピングショルダータックル。更にフィッシャーマンバスターからフォールも返されると逆片エビ固め。
 松田がミステリーに、KITOはダイスケにIWAスペシャル。ダイスケはロープへ。
 エルボーの打ち合いからダイスケはローリングエルボーもガードされるとローリングラリアットでなぎ倒す。
 ダイスケは走り込むが足を伸ばしてカットしたKITO。再度足を伸ばしてカットするとハンマーも避けたダイスケがラリアットでなぎ倒し、コーナーに登るとミサイルキック。フォールも松田がカット。ダイスケはミステリーにタッチ。

 KITOが近づいてきたミステリーを丸め込むが2.9でダイスケがカット。
 ダイスケがKITOをコーナーに振り串刺しエルボーからミステリーが串刺しラリアット。
 ミステリーがブレーンバスターからダイビング・エルボードロップ。カウント2で松田がレフェリーの足を引っ張り場外に引きずり落とす。

 KITOがラリアットでミステリーを倒し、松田が垂直落下式ブレーンバスター。松田がレフェリーをリングに投げ入れ、KITOがDDTからフォールも2。
 KITOが投げようとするも、ダイスケが後頭部にドロップキックからカットにきた松田もジャーマンで投げ捨てる。KITOがダイスケをバックドロップで叩きつけると、ミステリーがKITOにチョークスラムを狙うが、これを着地したKITOが松田とダブル攻撃を狙う。ミステリーはこれを振り切り走り込むが、松田が担ぎ上げバックフリップとKITOのネックブリーカーの合体技。さらにダブルのバックドロップで叩きつけフォールも2。KITOはバルス。これで3カウント。
 IWA熱波軍が見事防衛に成功した。

エンディング

280125guts_edKITO「おい、気づいたら俺ら4回も防衛してるぞ。なかなかないんじゃねーか?しかも今日はシングルのチャンピオン、ミステリーから3つ獲ってますよね?ということは、そのお前が今持ってる、シングルのベルトに挑戦する資格があるってことでいいですよね皆さん?」
松田「どうだ、次はKITOが二冠になるためのチャレンジャーだ。お前から取ったんだ、ベルト獲ったるぞ」
KITO「オイ責任者、いるか責任者よ、出てこいよ」
松田「見てたんだろオイ!」
(ガッツが登場)
松田「おいはえーな、もうちょっとじらしてもいいんじゃねーか」
KITO「おい、来月ミステリーと俺のシングルマッチ組めよ」
ガッツ「2017年2月21日、新木場大会メインイベント、チャンピンマスクドミステリー対YUJI KITO決定します」
松田「IWA熱波軍でガッツのベルト取りに行くからな、6人タッグは1人足りないから後回しだ」
KITO「三冠だぞ。行くぞ勝利のねーねーねーぱーぱーぱー」
ガッツ「IWA軍、挑戦認めてやるけど条件がある。勝ったお前らで責任持ってしめろ」
KITO「ちょっと待てそんなのいきなり言うんじゃねー。普通お前らが今年のガッツはー!ってやるべきだろ」
ガッツ「お客さん、IWAのシメみたいですよね!」
松田「OK、IWAコールが起きるからよ、シメてやろうか」
ガッツ「ダイスケ早く控室戻って、後楽園ホールのチケット売る準備しろ。IWA軍、今日のシメは任せた」
松田「OKOKOK、俺たちはいつもどうやってしめてるのか知らない!いつも勝利の美酒を飲んでるからな。ここは熱波軍ぽく行こうぜ。ねーねーねーぱーぱーぱーの後に、ガッツルガッツルしようじゃねーか」
KITO「ねーねーねー(ぱーぱーぱー)ねーねーねー(ぱーぱーぱー)」
ガッツ「(リングサイドに戻ってきて)3.2.1ガッツルガッツル、皆で行こう後楽園で」
松田「ねーねーねー(ぱーぱーぱー)×3、よし立て、いくぞ!3.2.1.ガッツガッツル、行こうぜ後楽園!」

<試合後コメント>
松田慶三&YUJI KITO
KITO「シングルチャンピオンのミステリーから3つ獲ってやりましたよ」
松田「見たでしょう?KITOの、なんて技だっけ?あれは?」
KITO「えっと、バルス……」
松田「そうだぞオイ!返し技だけじゃねえんだぞKITOはよぉ!パワー技もあんだよ。見せなかっただけだよ」
KITO「来月、シングルのベルト獲って、その後6人タッグ……」
松田「3月あんのか?3月ガッツあったら6人タッグでよ!」
KITO「6人タッグ……あと一人いないんだ今」
松田「募集中だオイ」
KITO「誰か……」
松田「バッファがいつまで経っても帰ってこねぇからよ」
KITO「IWA熱波軍入りたいやつ」
松田「サウナ好きな奴な!」
KITO「メールくれ」
松田「待ってるぞ、ここまでだ」
KITO「誰でも良いぞ」
松田「やったるぞ俺達は」
KITO「今年全部ベルト獲りましょ」
松田「おういいぞ。何冠でもいっちゃおうぜ。他団体にも出ていくぞ俺達はよぉ。IWA熱波軍はガッツワールドだけじゃない。プロレス界でネーネーネー!パーパーパー!を起こすんだ。波起こすぞ、あっつい波を今年も。やったろうぜ!さぁ、缶バッチが出来上がってるからよぉ!Peopleたちに売りに行こうぜ!待ってんぞ!行くぞ!」

ダイスケ&マスクドミステリー
ミステリー「申し訳ない……スマンカッタ……」
ダイスケ「いやいやいや……今日の負けはね、しょうがないから。次のとき、またやりましょ
ミステリー「おう、次絶対負けねぇぞ」
ダイスケ「俺も新年一発目、勢いに乗りたかったけど、サポートできなくて」
ミステリー「いやあ、タッグだからさ。サポートだけじゃなくて二人で獲りに行かないと。まんまと二人がかりでやられたよ」
ダイスケ「やっぱりタッグのチームワークってのは、熱波軍の方が一枚も二枚もウワテだった」
ミステリー「ウワテだったね」
ダイスケ「でも、これに懲りずにまたタッグ組みましょ」
ミステリー「磨いてね、みがいてやっていきましょう」
ダイスケ「次、シングルマッチ、頑張って」
ミステリー「2月は絶対負けねぇぞYUJI KITO!シングルのベルトは俺のものだ!いずれタッグのベルトももう一回獲りに行ってやる!待っとけ!」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る