【会見】世界最強タッグを全勝優勝し30ワイルド倍自信がついた征矢がW-1王座への挑戦決定!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 都内GSPメディアセンターにて、2017年1月8日の後楽園ホール大会にてシングルマッチが決定していた河野真幸と征矢学の一戦がWRESTLE-1チャンピオンシップに変更となったことを受け、改めて両選手が記者会見を行った。果たして両選手の現在の心境とはどのようなものなのか。

河野真幸
「まぁ彼が最強タッグ優勝したとのことなので。プロレス界では素晴らしい実績だと思うのでチャンピオンシップ、このベルトを賭けてね。本人が実績、実績と言っていたので、これで問題ないと僕は思っています。2017年一発目はこのベルトを賭けて思いっきり戦って勝ちたいと思います」

征矢学
「昨日の最強タッグ、決勝戦で。大森さんとGET WILD再結成しまして優勝することができました。WRESTLE-1の実績ではないですけどプロレス界を通して大きな実績だと思っておりますので。これを実績として私は1月8日の後楽園ホール、2017年の一発目、河野さんと勝負します。以上です」

――昨日の千葉大会で河野選手は征矢選手が世界最強タッグリーグを優勝したという事について疑いの言葉を投げかけていましたが、なんらかの方法でその情報を得たのでしょうか?
河野「そうですね。一応帰りに。僕の二つ折りのケータイで調べて。そしたら優勝したっぽい写真、大森さんと映っているのがあったので。一応そうなんだな、と」

――シングルマッチが王座戦に変更になりましたが、改めて征矢選手についてどのように感じていますか?
河野「まぁ彼も実績実績言っていましたけど、もともと過去のチャンピオンで歴代チャンピオンの中にいるのでもうすでに実績はあると思っています。だから手間がなくなってよかったです。少なくとも2回やることはなくなったので」
征矢「ちょっと待ってください。実績って…じゃあ私が挑戦表明した時にすぐに受託してくださいよ」
河野「いやお前が自分で言ったんでしょ?実績を積んでWRESTLE-1のチャンピオンシップに挑戦したいって。自分でハードル上げて」
征矢「いや言ってないでしょ?勝手にハードル上げたんでしょ?」
河野「いや上げたのお前だよ。自分でずーっと実績実績言ってたんじゃん。俺はお前の実績が足りないなんて言ってるわけじゃないもん」
征矢「そんな事言ったら、じゃあ私は最強タッグ出なくてよかったって事ですか!?」
河野「いや勝手に出たのお前だろ?」
征矢「いや…これはこれで置いといていいです!とりあえず、実績関係なしに挑戦できたならオッケーって言ってくださいよ!どういうことですか!?」
河野「いや実績って言ってたのお前でしょ?自分で持ってくるって言ったから、じゃあガンバレって。見守ってたよ、俺は」
征矢「…くそぉ」

――今のようなお話がありましたが、征矢選手は王座戦が正式に決定した現在はどのような心境でしょうか?
征矢「いやでも実績、実績と言っている中で、それとは別でまた最強タッグに出て大森さんと優勝したことに関してはやはり自信というか。今年欠場して復帰したばかりだったので。試合に関しての自信という部分では出る前より出た後の征矢学の方が多少、いや30倍、30ワイルド倍、そのくらいは自信がついたのかなと。ただもう一つ俺に必要なものがあるとすれば百八つの煩悩があるこの世の中。もう時期的には百八つの煩悩を全て洗い流したときに真の勝者に私はなるのではないかと思っております。だから百八つの欲望とか…そこのあなたいろんな欲がありそうですけど。でも人間の欲があるでしょ?性欲にしても食欲、睡眠欲、いろんな欲を洗いざらい流してやりたい。そしたら必ず私はもう一度、もう一段上のワイルドにいけるんではないかと思っております」

――百八の煩悩っていうのは食欲、睡眠欲などの他に征矢選手の中には何があるのでしょうか?
征矢「…歩きたくないよ欲、とかもあります。買い物欲とか物欲もあるでしょ?そうでしょ?この世の中皆さん今パソコンいじったりカメラいじったりしてるでしょ。これだって原始時代だったら全くないものですよ?これはもともとあるもんじゃないんですから。こういう物に皆さん頼りすぎて、ケータイをいじりすぎて情報を得ている。それが当たり前だと思っているでしょ?原始時代はそんな事当たり前じゃないんですよ。原始時代の生活をしたことあるんですか?」

――ないです
河野「お前もないだろ」
征矢「え?何ですか?いやいや気持ちは原始時代みたいな生活ですよ。ようするに108欲があるんです。それを今言ったようなパソコンを使って調べればいいでしょ?」

――河野選手は、現在のWRESTLE-1では若手世代との戦いが中心になっている中で征矢選手が挑戦者となることについてはどうお考えですか?
河野「別に特に下ばっかりに限定していたわけじゃないので。このベルトが欲しいという選手がいればその選手とやるのがスジだと思うし。基本的にこのベルトは全選手が目指してWRESTLE-1のリングで戦っていなきゃいけないと思うので、別に連合軍だからとかNEW ERAだからとかは関係なく挑戦表明があれば受けるというスタンスですね」

――ちなみにですが、征矢選手は連合軍なんでしょうか?
河野「この間の王者がみんな集まった会見では保留という形でしたね。どうなんでしょ?」
征矢「まぁ我々は連合軍という扱いになってますけど、これは若手が決起をしたのに対してアイツら生意気だと。そういう同じ意思の基、今連合軍というチームになっていますけど、この間の会見俺みましたよ。みさせてもらいましたけど、私とNOSAWA論外選手、この二人は明らかにはぐれ連合軍という扱いではないかと。我々二人だけはぐれた感じになっていませんでしたか?見ました?」
河野「いや見たというかいたよ、俺。俺がみんなに聞いたんだもん、征矢はどうします?って。そしたらみんなハッキリ言わないし、最終的にはチームメイトの葛西さんが、いやぁ~なんでアイツ横にいたんだろ?って言ったんだよ」
征矢「…本当ですか?」
河野「本当だよ?葛西さんが言ってたよ」
征矢「人がいないところで言いたい放題言いやがって。純ちゃんのヤロー。もういいですよ!征矢学、NOSAWA論外ははぐれ連合軍としてやっていきますから!このベルトを賭けてやってやりますよ!はぐれ連合軍として!」

――河野選手はベルトを獲ってから武藤敬司選手の名前を出し続けていますが、やはりこの試合を突破したらというお考えですか?
河野「いや本当はイケメンを突破したらって話だったんですけど、ちょっと武藤敬司の目線が全然ベルトに向かないんで。マスターズの方に向いちゃってるんで。まだこのベルトに魅力が足りないようなのでこのベルトに目線が行くように防衛戦頑張りますよ。で、やっぱり武藤敬司、やらないといけないと思っています」

――河野選手は征矢選手に戦績では分が悪いという事実がありますが、苦手意識という物はあるのでしょうか?
河野「そうですね…まぁ去年も12月に僕挑戦して負けているんで。得意ではないですね。レスラーとしても、人としても苦手なタイプです」

――具体的にここが苦手、みたいなものはありますか?
河野「全部」
征矢「ちょっと待て。質問がおかしいだろ。聞き方がおかしいだろ!どこが苦手とか、苦手前提で聞くんじゃないよ!そうじゃないですか!?あなた失格ですよ!いい加減にしろコノヤロー」

 征矢学の全日本プロレス・世界最強タッグリーグ全勝優勝という実績がWRESTLE-1王者である河野真幸の首を縦に振らせた。確かに王者である河野から実績を要求したことはなく、よくよく考えると征矢が一人で勝手に実績作りに奔走し空回りしていたようにも思える。だがそこはこのワイルドな男。全勝優勝というこの上ない実績を引っ提げてきたのだ。これは王者としても申し分ないはず。そもそも河野は征矢が王者時代に挑戦し敗れており、リベンジの機会はうかがっていたはず。それが最高の機会で訪れた。実績・実力ともに拮抗した2017年のWRESTLE-1を占う一戦、見逃せない。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE』
日程:2017年1月8(日)
会場:東京・後楽園ホール
開始:12:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負 ※変更カード
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】征矢学
※第10代王者は、2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組/NEW ERA】稲葉大樹/児玉裕輔
※第7代王者組は3度目の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】MAZADA(東京愚連隊)
vs
【挑戦者/NEW ERA】アンディ・ウー
※第6第王者は初の防衛戦

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る