【インタビュー】“アイスリボン取締役選手代表”藤本つかさ~アイドルではなく女子プロレスラーです~【前編】

  • 0
    Google+でシェア
  • 2
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 アイスリボンの第二次アイドルプロジェクトである『マッスルビーナス』のメンバーとして2008年にデビューした藤本つかさ。当初は映画に出れるというキッカケから始まったプロレスラー人生だったが、今やアイスリボンの代表として様々な団体のベルトも戴冠し女子プロレス界の一翼を担う存在となった。
 そんな中アイスリボンが「10年目の到達点」として5月4日に横浜文化体育館に進出!全対戦カードも決定した今、代表である藤本つかさにこれまでを振り返ってもらった。

2016-04-26藤本つかさ3
■女子プロレスラー藤本つかさとは

――藤本さんはデビュー当時はアイドルとしてプロレスラーデビューしたアイドルレスラーだったと思います。今の藤本さんはご自身はどう思っていらっしゃるのでしょう?
「もうプロレスラーですよ。女子プロレスラーです」

――もうアイドルレスラーではないと
「アイドルレスラーと自分で言った事は実は無くて、周りが言ってたんですけど、まあキッカケが映画(『スリーカウント』)からの条件付きのデビューだったのでそういう風に思われても仕方ないですし、自分も映画が終わったら辞めるものだと思ってたので、あくまでもその頃は映画のためのプロレスをしてました」

――当時20代でアイドルをやっていた藤本さんがプロレスラーデビューして、正直プロレスの事をどう思っていましたか?
「でも意外とのめり込むのが私は早かったと思っていて、デビュー戦の時に『なんだこれ面白いな』と思っていたんですよ。で、デビュー戦でプロレスは続けようって思ってたんですけど、まあ、月に何回かこういう感覚を味わえれば良いなという感じで思ってましたね」

――アイドルも続けられる気持ちはあった
「はい。プロレスを通して他の仕事ができる。映画にも出れるしラジオにも出れる。しかもレッスルアリーナ(テレビ埼玉のプロレス番組)にもMCで出れるし、プロレスを続けてたら他のことも、自分がやりたかった事ができると思ってました」

2016-04-26藤本つかさ4
――その気持ちが決定的に今の女子プロレスラー藤本つかさに変わったのはなんだったんでしょう?
「ベルトを取った時に変わったんですけど、多分心身ともに変わったのは、さくらさんが退団した時かもしれないです」

――さくらさんが退団されて、自分が代表としてアイスリボンを支えていかなければならないという責任も生まれましたか
「そうですね。自分がやらないとアイスリボンが無くなると言われたので…うん。(デビューして)3年たってない頃ぐらいだったですかねあの頃は。『えーこんなにアイスリボンのプロレス楽しいのに無くなるのはヤダ』って思ったんですよ。3年しかやってないけど、自分がもし引っ張れるんならやりますって言って、プロレスに割く時間を増やすようになったらどっぷりハマってしまいました。でも最初のアイドルレスラーと言われていた時期よりも今のほうが全然楽しいです」

2016-04-26藤本つかさ6
■女子レスラーとしてのターニングポイント

――アイスリボンの第二期アイドルプロジェクト『マッスルビーナス』(第一期はミニスカポリスの安藤あいかなどが居た『ガールズプロレスキャンプ』)の生き残りになるわけですが、プロレス界に残った仲間が志田光と松本都の2人となります
「都は一番最初に辞めると思ってましたし、当時何も話してなかったですけど、多分あれはしぶとさだけで残ったんじゃないですか(笑)あとはプロレスが好きなんでしょう!」

――当時は松本浩代がマッスルビーナスをボコボコにし「お前らみたいなのがいるからプロレスがダメになるんだ!」と藤本さんに激怒した『松本浩代事件』がありました。当時松本浩代とマッスルビーナスの確執というのは実際のところどういう状況だったのでしょう
「いやもう完全に、浩代さんが言葉にしただけであってマッスルビーナスは完全に無視されてました。色んなレスラーの人に一緒のプロレスに思われたくないって思ってたのかわかりませんけど、挨拶しても無視されてましたし、別のモノ、一緒にしないでというオーラがひしひしと伝わってきました」

――その中で言葉にして実際に行動に移したのが松本浩代だったと
「浩代さんが代表して言ったっていう事ですね。言ってくれたのかもしれないですけど。でもあの時の私は『なんで言われなきゃいけないの?』っていう気持ちしかなかったので、なんで怒られなきゃいけないんだろう?って。でも言われたらやっぱ腹立つじゃないですか?だから私のターニングポイントですよ松本浩代事件」

――最初のターニングポイントは松本浩代事件だったんですね
「そうですそうです。まさに」

――藤本さんに様々なターニングポイントがある中でアイスリボンも移り変わって来たと思いますが、振り返ってみてどのような変化を感じますか?
「アイスの移り変わり…変わりました?人が変わったんですかね?何か変わったかな?」

――少なくともさくらさんが居なくなる前と後で変化はあったと思います
「それはそうですよね。前の時は『どうせアイスの誰かが負けるんでしょ?』『アイスだからしょうがないよ』ってすごくあったんです。もう『どうせアイスだから』みたいなものがすごくあったので、それがアイスにいる私にとっては悔しくて、なんでアイスがナメられなきゃいけないんだっていうのが常にあったんですね。それはつくしであったりくるみであったり、同じ気持ちだったんですけど、それが顕著になったのがダンプ(松本)さんの『アイスにセミ、メインは無理だよ』っていう発言(2014年・石岡女子プロレスフェスティバル)で一気に団体がまとまって、団体力を掲げたじゃないですか?あの団体力を掲げた事によって、言葉に出した事で団体がまとまった。一つの目標を皆で目指したっていうのがあるので、そこが一番変わった原因だと思います」

――藤本さんが代表になられて、具体的にアイスリボンが目指す目標というものはなんなのでしょう
「アイスリボンは『プロレスでハッピー』です。私はプロレスをやっているけど、それを見に来てくれてる人がプロレスを見ている事で日常を重ねられる部分があると思うんですアイスのリングには。日常の風景があるリングですね。ハッピーになって欲しいんですプロレスという手段で」

2016-04-26藤本つかさ5
■タッグチーム『ベストフレンズ』への思い

――アイスリボンという部分の他に、今中島安里紗とのタッグチーム「ベストフレンズ」があります
「ベストフレンズの目標はプロレス以外のお客さんを連れ込むキッカケになればいいなと思ってるんですよ。だから歌も出しましたし、昔の女子プロレス好きだった人たちをもう一度カムバックさせるって目標もあるんです。それをやっていますね」

――ベストフレンズの今後の活動は
「具体的には決まってないですけどCDももう一枚ぐらい出したいですし、Mステにも出たいと思ってますし、後は、あと全然あれですけど対談もしたいと思ってるんです。ラスカチョさんとかと!昔のタッグの方たちと。バトニューでさせてください(笑)ほんとにしたいと思っているので」

――ベストフレンズ×タワーレコード渋谷店のイベントなどもありましたね
「タワーレコードは新日本さんとかがやられていて、その中でベストフレンズっていう女子プロレスラー同士の2人がCDを出したっていうのをタワレコの人たちが多分知ったんです。男子だけじゃなくて女子もやろうっていうタイミングで、丁度よくCD出してるならタワレコでやりませんか?っていう向こうからの、偶然というか(笑)持ってるなと思いました。タイミングが良かったんです全て。レベッカ再結成したのも同じ日だったじゃないですか」

――ちなみに2人はアイドルユニットでは
「ないですね(笑)安里紗がどう見てもアイドルではないですよね(笑)」

――藤本さんにとって中島安里紗はどういう存在ですか
「ベストフレンズです!完全なるベストフレンズです」

――公私共に飲みに行ったり楽しそうな雰囲気は伝わってきます
「家まで泊まりに行きましたからね!終電を無くし、家まで泊まりに(笑)全てを知り尽くしてる仲ですし、安里紗が居てよかったって事もいっぱいありますね。相談もできるようになりましたし。これ同じ団体だったら別だったんでしょうね。違う団体にいたからこそ、相談しやすかったんだと思います。本当にベストフレンズです」

<後編に続く>

『アイスリボン横浜文化体育館大会~10年目の到達点~』
日程:2016年5月4日(水・祝)
開始:15:00
会場:横浜文化体育館

▼第1試合 まる子軍vs長浜軍 6人タッグマッチ20分1本勝負
長崎まる子/松本浩代(エスオベーション)/ベーターノワール
vs
長浜浩江(WAVE)/真琴(REINA)/水波綾(WAVE)

▼第2試合 リング&マット4WAYタッグマッチ 30分1本勝負
松本都/235/植木嵩行(大日本)
vs
[アカレンジャーズ]佐々木貴(FREEDOMS)/GENTARO(FREEDOMS)
vs
[ヤンキー二丁拳銃]宮本裕向(666)/木高イサミ(BASARA)
vs
村上和成/パピヨン朱美(でらべっぴん)
※リングに加え、ステージ上に設置したマットでもカウント可能なWリング方式となる

▼第3試合 柊くるみ復帰戦 6人タッグマッチ20分1本勝負
柊くるみ/豊田真奈美(フリー)/テキーラ沙弥
vs
星ハム子/宮城もち/藤田あかね

▼第4試合 トライアングルリボン選手権試合15分1本勝負
【王者】チェリー(DDT)
vs
【挑戦者】弓李
vs
【推薦者】大畠美咲(WAVE)
※第21代王者2度目の防衛戦

▼第5試合 雪妃真矢7番勝負4本目 シングルマッチ20分1本勝負
[正危軍]雪妃魔矢with尾崎魔弓(OZアカデミー)
vs
木村響子(フリー)

▼第6試合 シングルマッチ30分1本勝負
つくし
vs
里村明衣子(センダイガールズ)

▼第7試合 タッグマッチ30分1本勝負
[ベストフレンズ]藤本つかさ/中島安里紗(JWP)
vs
さくらえみ(我闘雲舞)/高橋奈七永(SEAdLINNNG)

▼第8試合 ICEx∞選手権試合30分1本勝負
【王者】世羅りさ
vs
【挑戦者】優華
※第22代王者初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る