MAOが平田一喜との前哨戦制し、EXTREME王座獲り宣言!「絶対獲らなきゃいけない理由がある」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが6月3日、神奈川・横浜ラジアントホールで「DDT YOKOHAMA Unlimited Vol.3」を開催した。6月25日、東京・後楽園ホールでDDT EXTREME王座決定戦に臨むMAOと平田一喜がタッグマッチで対戦し、MAOが前哨戦を制した。

 同王座は勝俣瞬馬が保持していたが、5月21日、後楽園での岡谷英樹との防衛戦で右足首を骨折し、無念の王座返上。勝俣のタッグパートナーのMAOが名乗りを挙げ、平田と新王座を争うことになった。

 この日、MAOは駿河メイ(我闘雲舞)とのタッグで出陣し、大鷲透、平田組と激突。なぜか大鷲がMAO組に加担し、1対3のハンディ戦になる場面も度々見られたが、平田は普段通りマイペースで戦った。平田がメガネを装着してダンスを踊ろうすると、駿河がドロップキックで阻止。今度は駿河が自身のメガネをかけると、「りりりんGO!」を歌い出す。すると隙を突いた平田がスクールボーイで丸め込むも、カウントは2。MAOのスタナーから、合体式のエビ固め(ほうき星)で丸め込んで3カウントを奪った。

 バックステージでMAOは「EXTREME、絶対俺が獲る。獲らなきゃいけない理由があるんだよ」とベルト獲りを期すも、シャドーボクシングを繰り返し「アイツ、絶対蹴り殺す」とナゾ発言。

 平田は「MAO、オマエは俺を蹴り殺すだのなんだの言ってることだろう。だが本当に蹴り殺してみろ。俺は余裕で蹴り殺されるぞ。たどり着けないからな、後楽園。変な空気になって、後楽園を迎えていいなら、蹴り殺してみろ。俺はいつでも蹴り殺されるから」と平田節全開だった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る