『KING OF DDT』連覇狙う樋口和貞が元弟分の岡谷英樹を制し、準決勝で上野勇希と激突!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスのシングル最強決定トーナメント『KING OF DDT 2023』2回戦が5月7日、東京・新宿FACEで開催された。前年覇者の樋口和貞はイラプション時代の元弟分・岡谷英樹を制して、2回戦を突破。メインイベント終了後の抽選の結果、樋口は準決勝(同21日、東京・後楽園ホール)で上野勇希と激突する。

 2021年末、岡谷が樋口にイラプション入りを相談。樋口は岡谷と査定試合を行い、その頑張りが認められて同ユニット入りした経緯がある。その後、樋口はイラプションから巣立ち、2人は別々の道を進むことになった。

 岡谷はエルボー、蹴りで果敢に攻め込み、ランニング・ネックブリーカー、雪崩式ノーザンライト・スープレックスで必死の攻め。樋口のチョップと岡谷のエルボーのラリーから、樋口がドクターボムもカウントは2。岡谷はエルボーを返したが、樋口がチョップからブレーンクロー・スラムをさく裂させて3カウントを奪い、ベスト4入りを決めた。

 また、上野はバーニングのベテラン戦士・鈴木鼓太郎と対戦。鼓太郎はエルボー、腹部への徹底した攻めでジワジワと攻め込んだ。だが、ブルーディスティニーの体勢に入ったところで、抜け出した上野がWRを決めて電撃フォールを奪取した。

 樋口は「岡谷、イラプションに入って変わった。間違いなく強くなった。後輩というよりライバルの一人だと思ってます」とかわいがった後輩の成長を素直に認めた。準決勝に向けては「準決勝までたどり着きました。相手は上野。(同日の)決勝のことは考えない。年末にベルトかけてやったけど、そんなの関係ない。自分が頂点に立つために上野を倒す」と必勝を期した。

 上野は「鼓太郎選手、宇宙人のような人で…。秋山さんのように、ホントに深くて、すごくて。1回戦は土井(成樹)さん、2回戦は鼓太郎さん。2人がすごい明るさ、勢い、うまさ、深さとかあって、勝つことができて。優勝して、DDT背負えるんじゃないでしょうか」と話し、樋口については「強いと思いますけど、僕も積み重ねてるんで。樋口さんも積み重ねてると思うけど、年末と違うんで。あの樋口さんに勝ったら、あともう1試合あると思ったら恐ろしいけど、(ファンは)応援しがいがあるでしょう、返しがいがあるでしょう。そのために頑張ります。優勝します」と初Vを口にした。

 なお、6日の1回戦で岡谷に敗れたDDT EXTREME王者の勝俣瞬馬が、コメント中の岡谷の前に現れ「このEXTREMEのベルトに挑戦してくれませんか?」と要望。岡谷が「1回のシングルで勝ったくらいじゃ。もっとやりたい。望むところだ」と応じ、21日の後楽園大会で、両者によるEXTREME王座戦が行われることが決まった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る