秋山準が「KING OF DDT」1回戦で遠藤哲哉との同門対決制し、2回戦でMAOと初シングル戦!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスのシングル最強決定トーナメント『KING OF DDT 2023』が5月6日、東京・新宿FACEで開幕した。秋山準が遠藤哲哉とのバーニング同門対決を制し、1回戦を突破。同7日、新宿での2回戦ではMAOと対戦する。

 開始早々、場外戦に持ち込まれ、秋山がカウンター席のテーブルでパイルドライバーを狙うも、かわされる。遠藤は場外でムーンサルトアタック、DDTを敢行。リングに戻ると、秋山がパイルドライバーを放ち、フロントネックロックで絞め上げた。エスケープした遠藤はハンドスプリング式スクリューキック、ブレーンバスターを見舞った。さらに遠藤はオーバーヘッドキック、エクスプロイダー3連発もカウントは2。ならばと遠藤は旋回式ト―チャーラックボムにいこうとするも、秋山が切り返して丸め込んで3カウントを奪取した。

 また、同じブロックではMAOと正田壮史が激突。この一戦を「エセ骨法VS少林寺拳法」と位置付けていたMAOは素足で登場。壮絶な打撃戦となったが、MAOが旋風脚2連発で正田を仕留めた。

 秋山は「まだまだ息子には負けないって思ってたけどギリギリ。最後、あれしか残ってなかった。でも勝ちは勝ち。体力では負けても、技術ではまだまだ負けない」と話した。次戦のMAOについては、「アイツは俺と一番遠そうで、もしかしたら一番近いのかも。思想というか考えというか。彼の言動とか聞いてて。初めてのシングルマッチ。まだ息子には負けらない」と必勝を期した。

 MAOは「ああいうヤツがいるからDDTは面白いんですよ。自分も昔そんな感じだったなみたいな。正田みたいに早くデビューして、ワケ分からないままやってて今の至ってると思う。俺もデビューして、ワケ分からないままやってきて今があるから。ここからの正田はすごいと思う。打撃だけでこれだけ追い詰められるとは思わなかった。ここからが楽しみ」と正田を評価。秋山戦に向けては「プロレスの流派的なところで対極かもしれない。ひょっとしたら一周回って近いところにあるのかもしれない。非常に楽しみな一戦」と秋山と同じような発言を残した。

 一方、1回戦で散った遠藤は「あのクソオヤジ! 息子に道譲れってんだ! 秋山、俺に勝ったなら優勝以外ねぇからな!」と肩を落とし、「俺はUNIVERSALのベルトに集中する。7月23日(両国国技館)、このベルトを元WWEの誰かが狙ってるんだろ。ベルトを狙う前にまず己の名を名乗れ。それが日本の作法だ!」とコメントした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る