遠藤哲哉がMAOを破り、UNIVERSAL王座初V! 元WWEスーパースターからアピールも「7・23両国ではKO-D無差別級に挑戦する」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月3日、神奈川・横浜武道館で「MEGA MAX BUMP 2023 in YOKOHAMA」を開催。DDT UNIVERSAL王者の遠藤哲哉がMAOの挑戦を退け、初防衛に成功した。

 挑戦が決まってから、遠藤に“口撃”を仕掛けてきたMAOは、その思いをぶつけるかのように、エプロンからのトペ・コンヒーロ、ハリウッドスタープレスと空中殺法全開。遠藤もサスケスペシャル、オーバーヘッドキックで応戦。さらに、カナディアン・デストロイヤー、旋回式トーチャーラックボム、バーニングスター・プレスとたたみかけるもカウントは2。遠藤は2発目を狙うも自爆。MAOは旋風脚、雪崩式みちのくドライバーⅡ、キャノンボール450°、ミドルキック連発で猛攻も決められず。最後は一瞬の隙を突いた遠藤がテツヤ・イン・ザ・スカイをズバリとさく裂させて3カウントを奪取。

 遠藤の退場時、スクリーンでは元WWEスーパースターから、7月23日、両国国技館での同王座への挑戦表明が届いていることが明かされた。選手名は5月21日の東京・後楽園ホールで発表される。

 バックステージで遠藤はこれまでのうっぷんを晴らすかのように「散々言いやがって。テメエなんか口だけなんだよ。これが現実だ。リング上じゃ、俺の足元にも及ばねぇ。口でも、佐々木大輔の鼻くそ以下だ。悔しかったら観光大使になって、リベンジしてみろ。さっさと大崎に帰れ!」とボロクソに。元WWEスーパースターからの挑戦アピールについては、「このベルトを防衛するには最高の相手じゃないですか。ただ、KING OF DDTが始まる。優勝者はたぶん両国のメインで、KO-D無差別級に挑戦できるんじゃないかな。例年だったらそうだし、今年もそうなんじゃないかなと思うので。俺は無差別級のチャンピオンも狙っていくので。両国では防衛戦はできない可能性が大です」と話した。

 一方、王座奪取ならなかったMAOは「俺はUNIVERSALのベルト持って外に行って、DDTのチャンピオンだよって、見せつけてくるつもりでやってたんだけど、UNIVERSALのベルトは今手元にない。でもMAOがDDT UNIVERSALそのものになる。俺がDDT UNIVERSALになれば、ベルトは勝手に俺のところに来るだろう。終わりじゃない」と前を向いた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る