KO-D無差別級王者・火野が“ストロング&スーパーセクシー”な飯野に薄氷のV2!「ちゃんとやったらメッチャ強いやんけ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月3日、神奈川・横浜武道館で「MEGA MAX BUMP 2023 in YOKOHAMA」を開催。KO-D無差別級王者の火野裕士がストロングでスーパーセクシーな飯野“notセクシー”雄貴に苦戦しながらも薄氷の勝利を挙げ、2度目の防衛に成功した。

 セクシーを封印した飯野はストロングスタイルの象徴である黒のショートタイツで臨んだ。開始早々、ショルダータックル合戦となり、飯野が制す。場外に転じると、壮絶なチョップの応酬に。さらに花道でのチョップ合戦になるが、飯野が背中に見舞ったチョップで火野が吹っ飛ばされ、まともに衝突したレフェリーが昏倒。ここぞとばかりに、セコンドの男色“ダンディ”ディーノがセクシージャッジマンの大石真翔にリップロックから、机上男色ドライバーで大石も失神。フェロモンズが火野を花道の裏に連行すると、姿を現した火野は口に猿ぐつわをかまされ、手錠をはめられていた。飯野はコスチュームチェンジして、スーパーセクシーに。無法状態でフェロモンズはディーノ、今成“ファンタスティック”夢人、竹田“シャイニングボール”光珠が入ってやりたい放題。飯野はOバックになり、ディーノ、竹田と生尻でセクシーピーラーを火野に敢行。

 息を吹き返した大石が火野の手錠を外すと、フェロモンズに場外ダイブ。若手のセコンド陣がフェロモンズを排除し、1対1の状態になり、レフェリーも復活。火野がフロッグスプラッシュ、ラリアットを叩き込めば、飯野はブロックバスター、串刺しラリアットからストロング・シュウプラッシュを敢行もカウントは2。ラリアット相打ちから、飯野がスピアもフォールは奪えず。ここで両者ダウンとなり、ともに9で立ち上がると、火野はジャンピング・ショルダー、ラリアットからFuckin'BOMBを決めて3カウントを奪取。

 火野が「飯野! オマエ、ちゃんとやったらメッチャ強いやんけ。オマエはすごいレスラーや。でも、友だちはちゃんと選べ」と言うと、ディーノは「このセクシーがどういうつもりで、私たちとつるんでるか分からねぇが、これが飯野雄貴が選んだ人生だ。人生を変える瞬間を逃すって辛いな。裕士、この生き方でもう1度、テメエのところにたどりつく」と言い返した。

 再び、マイクを持った火野は「飯野はすごいぞ。ホンモノの実力は今日見た通りや。ふざけてやってるわけじゃない。レスラーは、ああいうスタイルでやっても、みんなメチャクチャすごいんや。そのすごいヤツが集まってるのが、ここDDTや。これからもすごいプロレスを見たいんやったら、DDTに集まれや!」と締めくくった。

 バックステージで火野は「アイツがすごいのは分かる。でも、アイツはストロングまでにしかならなかった。ワシはスーパーストロングや。飯野、オマエは確かにいい選手かもしらん。でも、もうやりたくない。もしフェロモンズから抜けるようなことがあれば、またやろう。強烈やった。忘れたい」と話した。

 ディーノは「(また無差別を狙う?)あまり人間無理すると、よくないって分かっただろ。だから無理せず、今度は自然体で。チャンピオンの要求するものに乗り過ぎた。今度は逆にチャンピオンがこっちに乗ってほしいくらいだよ。世の中が甘くねぇのは知ってる。こっからまた積み上げればいいんだろ。挑戦に敗れた今だからこそフェロモンズを見せてやるよ。出直しだ」とコメントした。

「KING OF DDTに集中したい」との理由で、高木三四郎社長の代わりに大会を総括した彰人副社長は「どの試合もドラマがあったと思った。秋山(準)さんと勝俣(瞬馬)の試合はDDTらしい、おもちゃ箱をひっくり返したような試合。MAOと遠藤(哲哉)は、マジメなプロレスの部分をしっかりやってくれて、どこの団体にも負けないようなタイトルマッチ。メインはああいう形のメインができるのは、日本のプロレス界を見てもDDTだけ。DDTならではの、DDTでしかできないタイトルマッチだった。ビッグマッチとして一個ちゃんと成立したものになったのかなと思います。(ゴールデンウイークの横浜武道館を慣例化?)横浜武道館でやるのを毎年、恒例化するのか、違う会場になるけど、ゴールデンウイークにビッグマッチをやっていくのが恒例化になるかは、まだ決めてないですけど。ゴールデンウイークに大きな大会をするのは、来年もやっていければなと思います」と語った。

 なお、7月23日、東京・両国国技館の追加参戦選手として、アンドレザ・ジャイアントパンダ、飯伏プロレス研究所1期生の下東由朋が決まった。「飯伏を生み出したこのリングで、飯伏に負けないほどの大爆発を起こしてやろうと思います」(下東)。さらに、11月12日の両国大会も決定した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る