野外プロレスフェス4度目の延期でくすぶるプロレスジャンキーがクラブフェス開催!長期欠場から復帰した拳剛電撃参戦「気付いたら新幹線に乗って神戸に来ていた」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4月29日と30日、荒天により4度目の開催延期が決まったメリケンパークプロレスフェスに出場を予定していたプロレスラー、ミュージシャンたちが神戸元町プロレスカフェ&バーリングソウルに集結。急遽『リンソフェス』を開催した。
 2日目の30日はレゲエナイトと銘打たれ、当初はレゲエミュージシャンのパフォーマンスとプロレスの試合3試合が予定されていたが、この日プロレスの試合開始前、突如として長期欠場から復帰の拳剛が乱入。「気付いたら新幹線に乗って神戸に来ていました」と挨拶を行ったあとで、バーカウンターで接客中の藤永幸司に対戦要求、急遽藤永と拳剛のスペシャルシングルマッチが行われることとなった。

 メリケンパークプロレスフェスが開催されていたならこの日はメインイベンターとして金本浩二と闘うことが決まっていた藤永だったが、リンソフェスには試合が組まれておらず、突然に売られた喧嘩に入場こそ竹刀を振り回しながら威勢よく出てきたが、なかなか組もうとせず観客をあおるのみ。対する拳剛はやる気満々で「首はもう大丈夫ですよ!」と完全復活をアピール。


 序盤藤永がロックアップから離れ際に牽制の張り手攻撃で挑発、これがエネルギー漲る拳剛のケンカ屋魂に油を注いだ格好となったか、腕を取るや搾り上げる。藤永は辛くも逃れて果敢に打ち合うがショルダータックルで倒され足をロックされハーフボストンクラブ。エグイ角度に極まった藤永が悶絶も、なんとかロープエスケープ。竹刀持ち出しラフプレーで拳剛をコーナーへ押し込みミドルを連打するがたちまち拳剛に倍返し、コーナー串刺し、サーフボードストレッチからバタフライロック、そのまま回転しフォールも、藤永逃れて拳剛にすがりつくような態勢から決死のフォアアーム。が、拳剛非情の拳一撃でロープにバウンド。いくらなんでもこのままで終わるわけにもいかない藤永が反撃のバズソーキックで一矢報いる、この日乗りに乗ったケンカ屋の容赦ない地獄の責め苦、コーナー串刺しドロップキックを藤永の顎に突き刺し、グロッキー気味の藤永にとどめのダイビングフットスタンプ。と、ここで藤永時間切れに救われ、勝負は引き分けドロー試合となった。

 引き分けとはいえ限りなく負けに近いズタボロ状態の藤永がリング上でへたりこみつつ酒を一献傾けて「きょうの俺はBADMAXやなくBADハーフやった」と反省、拳剛にメリケンパークで勝負をつけようやないかとマイクで喧嘩を吹っ掛けた。
 メリケンパークプロレスフェスは延期になったが、中止ではないと強調。急遽「リンソフェス」を開催したにもかかわらずリングソウルを埋め尽くした超満員の観衆にメインイベントに参戦した“brother“YASSHIも試合後リング上から観客に向かって感謝を叫んだ。「昨日も今日も集まってくれておおきにありがとう!」
 最後は出場選手、レゲエミュージシャンがリング上に集まり盃を掲げメリケンパークプロレスフェスの復活を誓って乾杯した。

『KOBEメリケンプロレス リンソフェス・レゲエナイト』
日程:2023年4月30日(日)
開始:15:00
会場:神戸元町・リングソウル
観衆:50人(超満員・主催者発表)

▼スペシャルシングルマッチ 5分1本勝負
△拳剛
時間切れ引き分け
△BADMAX藤永

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る