「ふるさとを思い出した」引退直前のひめかが約4年半ぶりのアクトレスガールズ再会マッチを実現し笑顔の大団円

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『REALIVE360 presents CINDERELLA TOURNAMENT 2023~3回戦・準々決勝戦~』が開催。『ひめか引退ロード』ひめか&高瀬みゆき(フリー)vsなつぽい&関口翔(フリー)のタッグマッチが行われた。

 4月23日の横浜アリーナ大会で引退するひめかは、自身が架け橋となりかつてお世話になった団体や選手たちと引退ロードを開催中。3月10日のスターダム後楽園ホール大会でなつぽいとの最後のシングルマッチを終えたひめかは、「なつぽい、1つ言いたいことがある。なつぽい&関口翔vsひめか&高瀬みゆき。このカード、覚えてる?もう1度そのカード、実現させよう」と語りかけていた。

 ひめかが口にした試合とは、2018年11月15日に行われたアクトレスガールズ初となる後楽園ホール大会のセミファイナル。アクトレスガールズBeginning退団を直前に控えた万喜なつみ(なつぽい)が後輩の高瀬から3カウントを奪われ世代交代を予感させた試合だ。
 旧体制アクトレスガールズがプロレス団体としての活動を終えた後、高瀬と関口はともにフリーランスとなり、高瀬は夏すみれらと“NOMADS’”の発起人として活動、関口はOZアカデミーを中心にプロレスを続けている。


 約4年半ぶりの再戦が実現したこのカード、ひめかは“The Beginning”としてタッグを組んでいた高瀬との軽妙なタッグワークで攻め立てていき、ひめかのショルダータックル+高瀬のドロップキックなど久々のコンビネーション攻撃も見せる。
 関口も初参戦のスターダムマットでも臆すること無く得意のサブミッションで切り返していき、ひめかのラリアットを脇固めで絡め取ってギブアップを迫り、カットに来た高瀬をなつぽいがクリストで押さえるサブミッションの競演。最後は親友同士のひめかと関口の一騎打ちの対面となり、ひめかが渾身のラリアットを叩き込んだところで15分フルタイムドローを告げるゴングが鳴らされた。

 バックステージに戻ったひめかは、「ひめか引退ロード、私がワガママを言ってやっと叶ったカード。自分で勝つことが出来なかった。でも15分、それは短いわな。短いよ。あれから3年、4年経ってて全員が成長を遂げている。30分でもドローだったよ」と振り返る。
 高瀬は「ウチはひめかがいなくなって、また絶対いつか交われるから、わざとひめかのことはどんなに聞かれても話題に出さないようにしてて。知ったのが引退だったから、『もう関われないで終わっちゃうのか』って思ってたけど、ひめかがこうやって言ってくれたのが本当に嬉しくて。厳しい先輩だったから(笑)それでも声かけてくれて嬉しかった」と満面の笑み。

 一方、関口は「今日をずっと楽しみにしてて、15分が一瞬すぎて、全然まだまだ4人で闘いたかったし、ひめかとも闘いたかったです。泣かないです!今日は!寂しいです!」と感極まった様子。
 なつぽいは「スターダムのリングだけど、一気にふるさとを思い出すような。いつもと違う高揚感というか、ずっと笑顔が止まらなかったなって思います。この4人がリングで会えたっていうのは、本当にひめかの人徳……じんぽこ?だなって思いますし、あのときのリングアナも安藤さんだったなって、色々蘇っちゃいましたね。本当に楽しい試合でした!まだまだやりたいけど、一旦これはここで終わりってことかな。またひめかは引退しちゃうけど、リングは繋がってるって今日証明できた気がするし、楽しかったからまたやろーね!」と笑顔で語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る