秋山準が鈴木鼓太郎との師弟対決を制し、EXTREME王座4度目の防衛! 5・3横浜武道館で勝俣瞬馬とV5戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月21日、東京・後楽園ホールで旗揚げ26周年記念興行『Judgement2023〜後楽園史上最長5時間スペシャル〜』を開催。DDT EXTREME王者・秋山準が通常プロレスルールで、愛弟子・鈴木鼓太郎を制してV4に成功。5月3日、横浜武道館で勝俣瞬馬が挑むことが決まった。

 試合はジャイアント馬場さんからプロレスのイロハを学んだ秋山と、三沢光晴さんから薫陶を受けた鼓太郎の一戦らしく重厚なレスリングの攻防が続いた。10分過ぎ、秋山がパイルドライバー、フロントネックロックで追い込むも、鼓太郎はエルボー連打、619で反撃。秋山はエクスプロイダー一閃も、鼓太郎はエルボー、タイガ―ドライバーで返す。秋山はジャンピング・ニー、ヒザからリストクラッチ式エクスプロイダーを狙うも、鼓太郎に踏ん張られると腕をクラッチしたまま首固めで丸め込んで3カウントを奪取。試合後、勝俣が現れ挑戦表明。これを秋山が受諾して、5・3横浜武道館での王座戦が決定した。

 秋山は「前のDDTの試合より地味だったかも分からないけど、鼓太郎とできてよかった。アイツの力は、DDTの若い子たちに必要だと思う。まだまだオマエは生き延びるよ。(勝俣は?)このベルトに思い入れがあるか分からないけど、どういう試合にするか考えとけ。今日みたいなガチガチの試合したら俺が一方的に勝つだけだから。ああいうことしたら、オマエに勝ち目はない。0%」とコメント。

 鼓太郎は「秋山さんの壁は高かった。負けて悔しい思いはあるけど、俺の思ってた秋山さんがいたので、ちょっとうれしい気持ちもあります。いい刺激になったというか、カツをもらった感じです。今の秋山さんとやれるうちに、もう1度チャンスください」と話した。

 挑戦が決まった勝俣は「僕が初めて獲ったのがEXTREMEのベルト。やっぱり俺らがDDTのEXTREMEだと思ってるから。今日の秋山さんの試合見てたけど、すごいんだけど、DDTのEXTREMEは俺らなんだ。だから、あのベルトを秋山さんから獲りたい。どうしたら秋山さんに勝てるか考えて挑戦したい」と語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る