「しゅんまお」MAO&勝俣がハリマオの樋口&中津を破りKO-Dタッグ王座V4! 4・9後楽園でHARASHIMA&中村が挑戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月21日、東京・後楽園ホールで旗揚げ26周年記念興行『Judgement2023〜後楽園史上最長5時間スペシャル〜』を開催。「しゅんまお」(MAO&勝俣瞬馬)がハリマオの樋口和貞&中津良太をエニウェアフォールマッチで破り、KO-Dタッグ王座のV4に成功。4月9日、後楽園でHARASHIMA&中村圭吾が挑むことが決まった。

 この試合は、かつて存在した若手主体ブランドDNAのメンバー同士によるタイトル戦。唯一、2期生になるMAOは1期生の先輩・中津から“かわいがり”を受けていたといい、精神的に試練の戦い。中津が昔を思い起こさせるプラスチックバットを持ちだしてMAOをぶっ叩き、“インド映画のシーンやれ!”と命じると応じてしまう。それでも、場外戦に転じていくとMAOも吹っ切れていく。まさにエニウェアフォールマッチを象徴するかのように、両軍は観客席、バルコニー、正面ロビーで激闘を展開。「しゅんまお」は板をリングと場外フェンスに渡すと、その上での攻防に。中津はMAOに張り手、ハイキック連打を繰り出すも、MAOが掌底を一閃。「しゅんまお」は俺たちのまっどまっくすを板の上で決めて、MAOが中津から3カウントを奪取した。

 試合後、今林久弥GMが次期防衛戦が4月9日の後楽園大会になることを告げると、HARASHIMAと中村が登場。2人は第7試合で坂口征夫&岡谷英樹に勝利し、中村が同王座挑戦をぶち上げるも、HARASHIMAが「勝ったのは僕。裏で話せばいいから」と諭していた。中村は「勝俣、MAO! 次は俺たちに挑戦させろ」と先輩を呼び捨てで挑戦アピール。HARASHIMAも裏で説得されたのか、「僕が勝ったけど、中村が頑張りがあったから勝てた。中村は肉体改造して頑張ってるし、若手の勢い、ヤル気を生かしていきたいので、挑戦させてくれ」と表明。MAOは「HARASHIMAさんはいいですよ。テメエだよ。(若手リーグ戦の)DGC全部見たよ。テメエみたいなヤツがいるから、DDT面白いんじゃねぇか。俺らじゃないと挑戦できないと思うし、受けます」と意外にも受諾し、王座戦が決まった。

 バックステージでMAOは「ホントに強かった。中津さんは離れてるけど、試合見ててくれてるみたいだし、樋口さんは戦い合ってるんで。お互い高め合ってる感じするし。勝つことでしか恩返しはできません。勝ててよかった」、勝俣は「俺らが心折れなかった理由は一つ。DNAが解散して、俺らは各々の道を進んで、悔しい思いも、つらい思いも、楽しい思いも、すべて経験して心が強くなったから強い先輩にも勝てた」と安堵の表情。

 次期防衛戦について、MAOは「中村! ああいうヤツがいるからDDTは面白くなるんだよ。DGC見て、こいつらすごいじゃんって。肉体改造はホンモノだし、あと1個足りないとこあるから、試合が近くなったら叩き込んでやる! HARASHIMAさんに頼り切るのか、自立して動いていくのか中村次第。そういうところもすごい楽しみ」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る