SKE48荒井優希が“怪物”アジャコングに奮闘するも及ばず!「“またやろう”って言ってくれたので、次は勝つ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが3月18日、女子プロレスでは約20年ぶりとなる東京・有明コロシアムに初進出し、「GRAND PRINCESS '23」を開催。SKE48荒井優希が女子プロレス界のレジェンドで“怪物”アジャコングに初シングルで挑んだが、奮闘するも及ばなかった。

 荒井はドロップキック連発、初公開のミサイルキックで果敢に攻め込むも、サソリ固め、フルネルソン・バスターにはもっていけず。頭に蹴りを入れた荒井はトップロープに上ると、そこからFinally(カカト落とし)を一閃。その後、Finallyを連発すると、場外戦で鉄柱攻撃を食らうも、エプロンから強烈なFinallyを叩き込んだ。カウント19ギリギリでリングに戻ったアジャは怒りの一斗缶攻撃を連発。パイルドライバーからバックドロップを見舞うも、荒井はカウント2でクリア。アジャのダイビング・エルボーを自爆させた荒井は再びFinally。アジャは裏拳で返していくが、かわした荒井はビッグブーツを繰り出す。アジャはラリアットから垂直落下式ブレーンバスターを決めて3カウントを奪取。試合後、場外でうずくまっていた荒井に言葉を掛けて退場した。

 バックステージで荒井は「全部の試合でもちろん勝ちたいと思ってて。そういう気持ちでリングに立ち続けてるんですけど、今日はメチャメチャ悔しくて。すごい差があるのは分かってた。どんな形でも勝ちたかったんですけど、今の自分には届かないなって。でも、アジャさんが“またやろう”って言ってくれたので、次はホントに勝ちたい。いつになるか分からないけど、絶対もっと成長して、アジャさん、見てる人を驚かせたい」と唇を噛んだ。

 アジャは「ヘタな小細工を遣わず真っ向勝負で来たんだなと。自分のもてるスペシャルなもの、Finallyをどれだけ叩き込むかと。対等に自分のもてるものでくるのが今回の彼女の選択肢だった。まさかこんなに追い込まれるとは思わなかったんで、これで終わるのはイヤなんで、“またやろうな”って最後に声を掛けた。今後の彼女がより恐ろしくなりました。勝つには勝ちましたけど、納得はいかないので、叩き潰すまでやりたい」と荒井の健闘ぶりを認めていた。

 なお、第2試合では中3の風城ハル、中2の大久保琉那がデビュー戦に臨んだ。新人コンビは鳥喰かや、凍雅と組み、8人タッグで桐生真弥、上原わかな、HIMAWARI、鈴木志乃組と対戦。大久保はHIMAWARIにエルボー連打を叩き込み、風城はHIMAWARIとショルダータックル合戦から丸め込んで、低空のボディアタックを敢行するなど奮戦。最後は桐生がスパインバスターで凍雅を仕留め、新人組はデビュー戦を白星で飾ることはできなかった。風城は「私のプロレスを通して、見てくれる人に元気とか明日頑張ろうと思ってもらえるような選手になりたい」、大久保は「かっこよくてかわいくて、あこがれてもらえるような選手になりたい」とコメント。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る