「病床から『馳くんは大丈夫か』と電話をくれた」森喜朗元首相がアントニオ猪木お別れ会で石川知事選の秘められたエピソードを披露!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、東京都・両国国技館にて、『アントニオ猪木お別れの会』が行われた。

 アントニオ猪木さん(本名:猪木寛至さん)は1960年に日本プロレスでデビューし、1972年に新日本プロレスを旗揚げ。新日本プロレス離脱後には格闘技イベント『INOKI BOM-BA-YE』や『イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)』などを立ち上げて活躍した。参議院議員やタレントとしてTV出演の機会も多かったが故に、プロレス・格闘技ファンでなくとも猪木さんの知名度は高く、『1!2!3!ダー!』のフレーズは全国民が認知していると言って過言でない。

 猪木さんは2022年10月1日に全身性トランスサイレチンアミロイドーシスによる心不全のためにこの世を去り、多くの人々が悲しんだ。猪木さんが旅立って5ヶ月あまり、数々の追悼イベントが催されてきたが、この日は一般のファンも献花をすることが出来るお別れ会が開催。
 坂口征二、野田佳彦、森喜朗、長浜博行、玉木雄一郎、武田良太、鈴木宗男、石井和義代理・角田信朗、伊藤利夫、江本孟紀、大塚直樹、小川直也、亀田興毅、木谷高明、グレート小鹿、榊原信行、佐々木健介、佐山サトル代理・平井丈雅、髙田延彦、蝶野正洋、十枝利樹、藤波辰爾、藤原喜明、古舘伊知郎、北斗晶、前田日明、丸藤正道、武藤敬司、松山千春、湯川剛、大張高己、菅林直樹(※敬称略)ら大勢のビッグネームたちによる献花が実施されるなど、猪木さんの人望を感じさせた。

 最初に弔辞を述べた森元首相は、「プロレスとのお付き合いよりも政治の場面でお会いすることが大変多かったと思います。貴方の勇気、力強さ、真面目さ、明るさ、すべてを兼ね備えておられる。改めて感じました」と切り出しつつ、「(2022年の)石川県の知事選挙をやっておる最中でしたが、貴方は病床から電話をくれましたね。そして、『馳くんは大丈夫か』と問いかけてくれた。生死の境の闘いをしている中、自分の弟子の馳くんの選挙のことを心配してくださって、本当に涙が出ました。馳くんは必ずしも有利な状況ではありませんでしたが、そこから大きく力を得たようでした。『もしこれでコケたら猪木に申し訳ないぞ』という会話をしました。最後は接戦でしたけど見事に勝利を得ました。最後まで最後まで弟子の馳くんの選挙を心配してくれて、最期まで猪木さんらしいなと思いました」と石川知事選における馳浩も交えたエピソードを披露した。

 強い我を貫く政治家・アントニオ猪木に翻弄されたエピソードを交えつつ、「いずれにしても貴方との尽きない思い出はたくさんあります。またお会いしましたら貴方の応援に回りたいと思います。いつまでもいつまでも安らかに……貴方の場合は安らかではなくて、ますますあの世に行っても闘魂たくましくこの日本の国を、日本国民のことを見守ってくれたらありがたいと思います」とメッセージを贈った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る