「やっと報われた」『BreakingDown』で話題の”筋肉女子Youtuber”ちゃんよたが憧れの夏すみれから自力勝利で歓喜の涙!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、東京都・新宿FACEにてP.P.P.TOKYO『Love&Party2023~愛と恍惚の遊宴~』が開催され、ちゃんよたが憧れの夏すみれから勝利をもぎ取った。

 『P.P.P.TOKYO』は“令和のバブル”をテーマにセクシー男優のしみけんがアドバイザーを務めるプロレス団体。慶應義塾大学卒の元・博報堂レスラー三富兜翔が総帥としてプロデュースし、シャンパンタワーやテキーラが飛び交うパリピ興行を開催している。
 2021年9月には筋肉系YouTuberやセクシー女優としても活躍しているちゃんよたもプロレスラーデビューし、同じく生え抜きの“胸毛ニキ”こと八須拳太郎とともに朝倉未来主催の1分間最強を決める大会『BreakingDown』に出場して一気に一般知名度を高めるなど、プロレス界の内外に大きな話題を振りまいた。
 今年5月16日には旗揚げ3年で初の後楽園ホール進出が決まるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長中の団体だ。

 ちゃんよたはフワちゃんのデビューで注目を浴びているスターダムにも参戦しており、現在はスターダムが主催する初代NEW BLOODタッグ王座決定トーナメントの準決勝まで勝ち進んでいる。
 そんなちゃんよただが、プロレスラーを志したのはPPPで夏すみれの試合を見て憧れてのもの。ちゃんよたがデビューした際にはプロレスラーを休業していた夏だったが、自分に憧れてデビューした選手の存在を知ったことも復帰の一助となり、昨年ついにPPPのリングで邂逅。夏はちゃんよたの壁にならんと厳しい態度で接してきた。

 この日は、ちゃんよた&小橋マリカ&山下りなvs夏すみれ&安納サオリ&雪妃真矢の6人タッグマッチがイリミネーション形式で実施。
 両チーム一進一退の攻防が展開されるが、こういった乱戦は夏の十八番。ムチ攻撃や口からのシャンパンミスト噴射といった女王様殺法を見せて最初に最大戦力の山下を討ち取って優位を取る。しかし、ちゃんよた&マリカも意地を見せて食い下がり、最後はちゃんよたと夏の一騎打ちの場面を作り出す。
 ちゃんよたは夏のムチ攻撃をかわしてアルゼンチン・バックブリーカーで絞り上げ、エプロン上でのエルボー合戦でも圧倒。ラリアットで試合を決めにかかるが、夏がスクールボーイからのラ・マヒストラルで粘りに粘る。しかし、ちゃんよたが雄叫びを上げながらラ・マヒストラルをひっくり返して全体重をかけて押さえ込んで値千金の3カウントを奪った。


 PPPでの自力初勝利が憧れの夏からのものとなり、歓喜で号泣するちゃんよたは夏に握手を求める。夏は悔しさを露わにした表情で一瞬だけ握り返し、その手を振り払って荒々しく退場していった。

 泣きながらバックステージに現れたちゃんよたは、「やっとPPPで、自分の力で、3カウントを取ることが出来ました!ホントに、ホントに嬉しいし、やっぱりプロレスを始めたきっかけの憧れの選手から獲れたってことが、ホントに、ホントに、頑張って、練習して、筋トレもして、コツコツやってきたことが、やっと報われたなって思います。もちろん、マリカさんと山下さんの力も無かったら勝てなかったので、ホントに周りの人、一緒に闘ってくれる人、応援してくれるファンの人達、一緒に練習してくれるPPPの皆さんに本当に感謝しています。みなさんありがとうございました!こっからがやっとスタートだと思うので、また1から頑張っていこうと思います!」と感情の赴くままにコメント。
 勝利を喜ぶコメントのほとんどが他者への感謝の言葉という人柄の良さを見せ、次なる目標を夏をシングル戦で撃破することと語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る