世界を股にかけるグラマラスユニット『Club Venus』が始動!「日本が大好きだから日本の皆さんに愛されたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3日、神奈川県・横浜武道館にてスターダム『TRIANGLE DERBY Ⅰ開幕戦~NEW YEAR STARS 2023~』が開催され、【Club Venus】白川未奈&ザイヤ・ブルックサイド&マライア・メイが初戦を勝利で飾った。

 昨年11月3日の広島大会で上谷のフェニックススプラッシュが顔面に直撃し、顎部打撲及び口腔部を負傷する大怪我を負った白川は、SNS上で欠場中に空港からどこかへ出かけることを匂わせる発言をしており、12月28日の両国国技館大会で復帰した際には海外から2人の新たな仲間を連れて登場。
 その正体は、NXT UKに所属しかつてスターダムにも参戦していたザイヤ・ブルックサイドと、同じくNXT UK所属で初来日のマライア・メイ。白川はこの2人と新ユニット【Club Venus(クラブ・ビーナス)】を結成し、6人タッグのリーグ戦であるトライアングルダービーへと乗り込んだ。


 Club Venusは、第1試合で【Lollipop】月山和香&網倉理奈&櫻井裕子と対戦。
 両チーム元気よく握手を交わしてからゴングが鳴ると、マライアが長身を翻す軽やかなファイトで月山を翻弄し、白川とのコンビネーションで先制。白川も欠場前には使っていなかったミドルキックを軸とした蹴撃コンボを見せていくが、Lollipopの面々がパワーを生かした連携で白川に集中攻撃をかける。
 Club Venusも負けずに応戦し、マライアのミサイルキックやスイングDDT、ザイヤのコルバタからの串刺しランニングニーやジャンピング・ネックブリーカーなど立て続けの連撃で優位をつかむ。
 網倉が桜井&月山を背負い3人でのワー!プレスを投下し、月山がザイヤに極楽ドンを決めるなどLollipopが食い下がるが、マライアのバックドロップに白川&ザイヤがネックブリーカーを合わせるClub Venusの3人合体攻撃が炸裂。オースイ・スープレックスなど丸め込みで粘る月山に対し、ザイヤがハイキック、白川が延髄斬り、マライアがローリングバックエルボーと連撃し、ザイヤがアイコノクラズムからのヨーロピアンクラッチで3カウントを奪った。

 初陣を勝利で飾ったClub Venusは、白川が英語でメンバー紹介した後にポーズを決めて観衆から大喝采を浴びる。

 バックステージでは、白川が「Club Venusの初戦を勝ち星で飾れてとても嬉しい。どんなCHEMISTRYがリングで起きるか楽しみだったんですけど、心が元気でハートウォーミングで、(2人は)日本が大好きだから、日本の皆さんに愛されるように私もサポート頑張ります!」と笑顔。
 ザイヤは「日本で最初の試合、ありがとうございました!Club Venusで勝ててとても嬉しい!」とはにかみ、マライアは「日本に来てスターダムでの最初の試合。何年も夢に見てた!素敵なチーム、Club Venusで勝ててよかった」と語り3人でポーズを決めた。

 なお、ザイヤ&マライアのコメントは白川が即時通訳。言語の壁を白川が取り払うことにより、2人はスターダム内部およびファンにもすぐに馴染むことができそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る