しゃちほこBOYが地元・岡山年内最終凱旋勝利飾る!「これからも地元を盛り上げるために頑張る」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 岡山県小田郡矢掛町出身、ドラゴンゲートのしゃちほこBOYには、いつか生まれ故郷の矢掛町でプロレス大会を開催したいとの夢がある。地元岡山で試合をするたび胸に去来する思いを聞いた。
「僕は子供の時に岡山にプロレスが来ると観戦に行き、沢山の勇気や夢を貰いました。今自分がプロとしてリングに上がりたくさんの方に夢を持って貰いたい、そんな気持ちで試合してます」

 9日、岡山県・倉敷市ホテルセントイン倉敷円通の間にてドラゴンゲートが『THE GATE OF VICTORY 2022 -しゃちほこBOY凱旋大会-』を開催。例年数回地元凱旋を行っているしゃちほこBOYの年内最終の凱旋となった今大会。しゃちほこBOYは近藤修司&ドラゴン・キッドと組み、望月ススム&望月ジュニア&堀口元気組と対戦した。

 しゃちほこBOYの長い長い入場に業を煮やした堀口が、最後の一小節を美声で歌ってしゃちほこのお株を奪うと観客から笑いが起こった。本戦のメインイベントでは有り得ない明るい雰囲気も、地元凱旋、ホテルの宴会場というアットホームな空間ならではのご愛敬。ドラゴン・キッド&近藤修司の好サポートも頼もしく、ピンチの度に地元ファンの拍手を受け復活。堀口のゴムパッチンをまともに受け、クチビルを抑えてのたうつしゃちほこだったが、負けじと堀口をしゃちほこムーブで飛ばすと返す刀で望月ススムにも仕掛けるが、中途で力尽きズルズルとマットに倒れ伏す。
 近藤がジュニアと堀口を二人同時にラリアットで吹っ飛ばし、場外へ落ちたふたりにすかさずしゃちほこが鮮やかなラ・ケプラータを見舞うと観客がどよめく。リングに戻ればジュニアにムーンサルト。比較的高確率で誤爆するしゃちほこのムーンサルトも、今回はきっちり決まった。ススムに急所の髷を掴まれグニャグニャと脱力しあわやのシーンもあったが、丸め込みを仕掛けて来た堀口元気を切り返しオリオンで制して3カウントを奪った。


 年内最終の地元凱旋となったしゃちほこBOYがメインイベントで見事勝利を飾ると、フォールを奪われた堀口元気が悔し紛れに「お前と俺と、決着つけよう。次の倉敷大会で俺とシングルマッチをやろう!GM聞いてください!」と斎藤了GMに呼び掛ける。斎藤は「次回なんてことは言わずに、いますぐここでシングルマッチやりなさい。ただのシングルマッチじゃ面白くねえだろう?カベンジュラコントラマスカラ、あ、堀口髪の毛ねえな」との無茶ぶりに、堀口はそそくさとリングを降りて退散した。

 最後にしゃちほこBOYは「地元でしゃちほこBOYが勝ったぞー!たくさんの拍手があったからこそ勝つことが出来ました。ありがとうございました。今年は最後になりましたけれども、来年もまたこのセントイン倉敷にドラゴンゲート帰ってまいりますので、温かい拍手をよろしくお願い申し上げます。これからもしゃちほこBOY地元を盛り上げるために頑張りますので、応援よろしくお願いします!」と地元のファンへの感謝の言葉を述べるとともに、地元を盛り上げると力強く誓って大会を締めくくった。

『THE GATE OF VICTORY 2022 -しゃちほこBOY凱旋大会-』
日程:2022年10月9日(日)
開始:17:00
会場:ホテルセントイン倉敷・円通の間
観衆:284人

▼メインイベント 6人タッグマッチ 60分1本勝負
○しゃちほこBOY/ドラゴン・キッド/近藤修司(フリー)
14分20秒 オリオン(変形ラ・マヒストラル)
望月ススム/望月ジュニア/●堀口元気

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る