ウルティモ・ドラゴンがアントニオ猪木さんに捧げる卍固め!盟友・三遊亭円楽さんにも思いを語り「僕の心の中にずっと生きてるんで。これからも生き続けるんで」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『THE GATE OF VICTORY 2022』が開催され、ウルティモ・ドラゴンがリング上でアントニオ猪木さんに捧げる卍固めを披露した。

 この日の第3試合では、ウルティモ・ドラゴン&ドン・フジイ&堀口元気&このまま市川vs吉田隆司&問題龍&パンチ富永&ヨースケ♡サンタマリアの8人タッグマッチが実施。
 市川を中心にDRAGON GATEのコミカルエースたちが笑顔あふれるリングを作り出す中、終盤にウルティモに出番が回る。ウルティモは突っ込んできたパンチを蹴散らし、コブラツイストからの卍固めを披露。
 このアシストを受けた市川がジャーマン・スープレックス・ホールドやカンチョー攻撃を決めるなど躍動し、吉田をラリアットでなぎ倒そうとするも吉田はビクともせず逆に市川の腕に大ダメージ。直後に吉田がパワーボムを狙うと、怖気づいた市川が持ち上げられた状態でギブアップを叫んで試合は終わった。


 試合後、ウルティモはリング上での笑顔から一転して落ち込んだ様子でバックステージに現れ、アントニオ猪木さんについて「僕は直接のお弟子さんでもないですし、もっともっと深い関係の人がいると思うんだけど。ただ、僕なんかは会長とは晩年のお付き合いだったんですけど、思い出は1ヶ月とか2ヶ月では話しきれないほどあって。『感謝します』って人もいますけど、僕は違いますね。たくさんの夢、勇気、そして感動をありがとうございました。確実に、今自分がプロレスって仕事にいるのはアントニオ猪木……猪木会長の存在があってのことで。会長は亡くなりましたけど、僕の心の中にずっと生きてるんで。これからも生き続けるんで」とコメント。

 そして「今はプロレスの試合(後のコメント)なんで猪木会長の話なんですけど、自分にとっては会長と同じくらい三遊亭円楽師匠の存在が大きくて。いやぁ、さすがに2日続けて、ねぇ……?ちょっと頭ん中混乱して整理がつかないっていうか、なるべく考えないように、考えないようにって思ってるんですけど。今までお2人共いて当然みたいな方じゃないですか。実際もうお会いできないと思うと寂しいですよね。でも本当に、夢、感動をありがとうございました。お2人共闘病が長くてつらい思いされてたと思うんで、ようやく痛みからも解放されてると思うので、ゆっくりしていただきたいですね」と、闘龍門JAPANの理事も務めた盟友・三遊亭円楽さんについても想いを語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る