佐々木大輔が「サイバーファイトフェス」6・12さいたまでノア・拳王と一騎打ち!ダムネーションT.Aの新メンバーは元JTOのKANON

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月1日、横浜武道館で春のビッグマッチ「MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA」を開催。ダムネーションT.Aの“カリスマ”佐々木大輔が「CyberFight Festival 2022」(6月12日、さいたまスーパーアリーナ)で、プロレスリング・ノアのユニットである金剛のリーダー・拳王と一騎打ちを行うことが決まった。

 この日、佐々木はMJポー、Xと組み、火野裕士、納谷幸男、高尾蒼馬組と対戦。Xとして入場したのは、第2ダークマッチに出場していたKANONだった。KANONは3月いっぱいでJUST TAP OUTを退団し、4月10日の後楽園ホールから、DDTにレギュラー参戦していたが、カリスマのお眼鏡にかなったようだ。

 新メンバーの加入で勢いづいたダムネーションT.Aは試合を優位に進めた。火野組のパワーに押される場面もあったが、10分過ぎ、KANONが高尾にイス攻撃。すかさず佐々木がクロス・フェースロックをガッチリ決めて、高尾からギブアップを奪った。

 試合後、拳王が登場し、「汚ぇリング、汚ぇ社長のいるDDTのリングに1年ぶりに来てやったぞ。DDTの学芸会のようなプロレスを見て、テメエら楽しかったか? テメエらが甘やかせるから、DDTのレスラーどもが、社長の高木三四郎が調子に乗ってんだろ。オイ、高木! 学芸会のようなプロレスをするんだったら、プロレスを語らないでくれ。高木、テメエはプロレス界から去ってくれ。高木三四郎、6月のサイバーファイトフェスで俺とシングルマッチをやれ!」と要求。

 これを聞いていた佐々木がリングに戻ると、「高木三四郎とシングルマッチ? あんな三流レスラーは相手にしないで、DDT最高峰のレスラー佐々木大輔とシングルマッチはどうだ?」と逆提案。

 拳王は「高木が三流レスラーなんかじゃないぞ。五流のレスラーなんかでもない。あんなヤツはレスラーじゃないんだ。佐々木、DDTで唯一テメエだけはまともだと思ってたけど、DDTに染まってんだな。いいぞ。まずは佐々木大輔、オマエとシングルマッチだ。テメエを倒してやるからな」と受諾した。

 佐々木は「KANONはDDTに遊びに来たんじゃねぇ。最短距離でてっぺん取るぞ。そのために俺たちと一緒に戦いに来た。藤田ミノルももうすぐ戻ってくる。俺たちの勢いは止まんねぇぞ」、KANONは「必ずDDTのトップを取って、DDTに君臨してやる」とコメント。拳王について、佐々木は「高木三四郎が五流? 六流? そんなのは分かってて、やさしさで三流って言ってんだよ。あのヤロー、なめやがって。ノアの拳王のプロレス、楽しませてくれよ」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る