KO-D無差別級王者・樋口和貞が火野裕士との最後の前哨戦制し、ベルト死守誓った! 「自分の全身全霊をもって、ベルトを守りたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが1月21日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Sweet Dreams!2023 TOUR in YOKOHAMA」を開催。同29日の東京・後楽園ホール大会でKO-D無差別級王座を争う、王者・樋口和貞と挑戦者・火野裕士が最後の前哨戦に臨み、勝利した王者がベルト死守を誓った。

 この日の第3試合終了後、公開調印式が行われ、火野が「自分がベルトに挑戦すると決めたのは、樋口、オマエがチャンピオン獲ったから。2人にしかできひん、すごい試合を、ヘビー級のすごさを、この団体の選手、お客さんみんなに見せつけてやるような試合をやろうや」と言えば、樋口は「強いヘビー級の火野裕士と戦って、火野裕士と樋口和貞にしかできない、重い2人のぶつかり合いを見せたうえでハッキリ白黒つけたい」と発言。続けて、火野は「自分がこのベルト獲って、DDTにはちょっと薄いけど実は素晴らしいヘビー級が揃ってる。DDTのヘビー級のすごさ、まだまだあると思う。ベルト獲ってヘビーのトップになって、“DDTのヘビーはすごい”という風になったらいいんちゃうの」とベルト奪取後の青写真を披露した。

 1・13新宿、1・14仙台でのタッグマッチでの前哨戦では火野組が制していたが、3度目の前哨戦で樋口はクリス・ブルックス、石田有輝と組み、火野、納谷幸男、岡谷英樹組と対戦。昨年11月5日、同じ会場(横浜ラジアントホール)で行われた樋口と火野の「D王」公式戦は壮絶なチョップ合戦の末、30分時間切れ引き分けに終わったが、両者は一歩もひるむことなく、この日も激しいチョップのラリーを展開。15分過ぎ、両者はヘッドバットの打ち合い。樋口がぶちかましからラリアットで火野を場外に落とすと、クリスがトペを敢行し完全排除。樋口は岡谷にぶちかまし、ブレーンクロー・スラムを叩き込んで3カウントを奪取。一連の前哨戦では負け越したが、最後の対戦で結果を出した。

 樋口は「火野裕士! 1月29日、白黒つけましょうや。自分の全身全霊をもって、ベルトを守りたいと思っております。火野裕士と男と男の勝負をしたい」とマイク。

 バックステージで樋口は「あとはやるだけ。呼応するわけじゃないけど、DNA生まれ、DDT育ちのヘビー級のプロレスラーとして、火野裕士に全身全霊でぶつかって、ぶち破りたいと思いました」と力を込めた。

 一方、火野は「前哨戦、ええ感じでいってたけど、今日はガッツリいかれたね。でも、あれくらい来られたほうが、タイトルマッチが楽しみ。どんどんアイツも強気でぶつかってきたらええ。最後のヘッドバット、場外に落とされたラリアット、効いたね、29日、絶対にワシが勝つ」と王座獲りを宣言した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る