「お前じゃもう俺に一生勝てないよ」高橋ヒロムが反則三昧のSHOを翻弄し無理矢理パッケージホールド葬!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7日、東京都・大田区総合体育館にて新日本プロレス『STRONG SPIRITS Presents NEW JAPAN CUP 2022』が開催され、高橋ヒロムがSHOを制してNJC1回戦を突破した。

 『NEW JAPAN CUP』は、新日本プロレスの春の風物詩として知られてきたヘビー級の選手たちによるシングルトーナメント戦。
 今年は歴代最多となる48選手が参戦し、2020年ぶりとなるジュニアヘビー級選手の参戦、新鋭のヤングライオン3名も参戦することとなり、新日本全体を巻き込んだ一大イベントとしての開催となった。

 セミファイナルでは、NJC1回戦として高橋ヒロムvsSHOの試合が実施。


 ヒロムのテーマ曲が流れるも中々ヒロムは入場して来ず、入場ゲートの内側からは争い合うような音や声が響く。
しばらくすると、パイプ椅子を片手に邪悪な笑みを浮かべたSHOが既に大ダメージを負ったヒロムを引きずりながら現れ、花道でさらにイスで暴行していくという衝撃の幕開け。
 リングに放り込まれたヒロムは即座にサンセットフリップパワーボムで叩きつけ、串刺しパワーボムからTIME BOMBを狙うという速攻勝利を狙うが、SHOが本部席から奪ったゴング用の木槌での攻撃、金具むき出しのコーナーを使った攻撃など反則三昧であっという間に流れを取り戻す。
 ヒロムは随所で反撃を加えるもののダメージの深さから決定打までは繰り出せず、パワーボムからのスネークバイトを食らって大ピンチ。さらにSHOは急所攻撃を見舞い、高橋裕二郎が乱入してヒロムにステッキ攻撃。SHOはクロスアーム式パイルドライバーからショックアローを狙うが、ヒロムが力ずくの強引なスモールパッケージ、“無理矢理パッケージホールド”で3カウントを奪った。
 今結末に納得が行かずレフェリーに八つ当たりするSHOを見て、ヒロムは指でスパナをくるくる回しながらケラケラと笑った。

 バックステージに戻ったヒロムは「だからあれだけ余裕で勝てるって言ったろ?入場は予想できなかったけど、それ以外は予定通りだよ。SHO、お前じゃもう俺に一生勝てないよ。『どんな悪いことしよっかな〜』って考えてるうちはさ、俺に絶対勝てないよ。余裕って言ったの取り消すわ。……“超”が付くほど余裕でしたー!」とおどけて見せる。

 しかし、すぐに真剣な表情になると次戦の鈴木みのる戦について思いを馳せ、「あの頃が懐かしいなあ。そういえば昨日、放送してたみたいだね。『大改造!!劇的ビフォーアフター』。決していい思い出じゃないんだ。あなたとの思い出って。あの時みたいにコケにできるかな?今の俺と鈴木さん、どれだけの差がついちゃったんだろうね? もちろん、俺は勝つ気満々だ。あの時みたいには、いかねーぞ!」と過去のトラウマを乗り越えての鈴木みのる超えを誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る