飯野が“ヌルヌルマッチ”で青木を破りEXTREME王座を奪取!3・27後楽園で嫌がる勝俣瞬馬と初防衛戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが2月14日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -February- Ultimate Tag League 2022 in SHINJUKU!!」を開催。フェロモンズの飯野“セクシー”雄貴がトルコレスリングルールで青木真也を破り、DDT EXTREME王座を奪取。新王者に勝俣瞬馬が3月27日、後楽園ホール大会で挑戦することが決まった。

 同王座は王者がルールを指定できるが、なぜか青木は身体にオイルを塗った状態で試合を実施するトルコレスリングルールを希望。オイルが切れたときに補給するセコンドとして、青木には堀田祐美子、飯野には男色“ダンディ”ディーノと今成“ファンタスティック”夢人が就いた。

 飯野は必要以上に体にオイルを塗り、まさにヌルヌル。青木は得意の関節技にいくも、滑ってまるで決まらず。場外戦に転じると、フェロモンズは堀田をセクシーシーソーのえじきに。場外カウントが進むなか、青木は床に落ちたオイルで足を滑らせ、なかなかリングに戻れず。飯野はカウント19で生還して、まんまとリングアウト勝ちを収め、王座が移動した。

 ここで、堀田がバレンタインのチョコを青木に贈った。飯野は初防戦の相手に勝俣瞬馬を希望。リングに上がった勝俣は「お断りします」と発言するも、今林久弥GMが強権発動してタイトル戦を強引に決めた。

 バックステージでディーノは「きれいなだけじゃないプロレスをフェロモンズが担ってやろうって言ってんだ。プロレスの幅ってやつを飯野が、このベルトを持って体現してやる。じょじょに潰していくから。覚悟しとけ。その最初が瞬馬だ」と息巻いた。

 勝俣は「飯野とは同じユニット、オールアウトでやってきたけど、あの頃の飯野はもういない。どんなルールでもやってやるよ。ヌルヌルする試合でもやってやるよ。やりたくないけど。決まった以上、逃げやしない。イヤだけど」と覚悟を決めていた。

 一方、王座から陥落した青木は「ベルトは獲られたけど、俺にはコレ(チョコ)が来たよ! これで次につなげるよ!」と仕切り直しを誓った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る