ジェイ・ホワイトがNJC初戦の棚橋弘至を撃破し優勝宣言!「飯伏に壊された新日本の歴史を取り戻す。お前らも飯伏の暴走には懲り懲りだろう?」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 15日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『NEW JAPAN CUP 2021』が開催され、NJC準々決勝戦へと駒を進めたジェイ・ホワイトが改めてIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座復活への思いを叫んだ。

 今月4日からスタートした『NEW JAPAN CUP 2021』。優勝者には4月4日の両国国技館大会で、初代IWGP世界ヘビー級王者となった飯伏幸太とのタイトルマッチに挑む権利が与えられる。
 この日のメインイベントでは、NJC2回戦として棚橋弘至vsジェイ・ホワイトの試合が行われた。

 NEVER無差別級王者の棚橋はシード権を獲得しており、この2回戦がNJC初戦。
 ジェイは戦前に棚橋へ「俺はお前のため、歴代王者のために統一されたベルトを2本に戻そうとしている。それに協力するためすぐにリング上で大の字に寝てフォールされてくれ。闘いが長引くとお前の身体にも障る」という旨の提案をしており、ゴングが鳴ると組み合おうとせず上記内容で棚橋を説得。これを受けた棚橋が自ら寝転ぶが、棚橋の答えは下からのスクールボーイ。
 棚橋はドラゴンスクリューを軸にテキサスクローバーホールドでの決着を狙って足攻めに徹するが、ジェイはコブラツイストで捕らえながら空いた腕で棚橋の腹肉をつまんだりエアギターを奏でたりと余裕を見せていく。
 終盤には棚橋がジェイの必殺技であるブレードランナーへの多彩な切り返しを見せて追い込んでいき、ドラゴンスクリューを連発。しかし自ら倒れ込んで下から組み付いたジェイが電光石火のブレードランナーを見舞うと不意を突かれた棚橋はこれで3カウントを聞いた。

 ジェイは苛立った様子でマイクを取るとロープから身を乗り出して観客に語りかけ、「棚橋は俺の言うことを聞いておくべきだった。俺が優勝してIWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座を復活させる。あの狂った飯伏なんかに壊された新日本の歴史を立て直すんだ。お前らも飯伏の暴走には懲り懲りだと分かってきているはずだろ?俺の言うことを聞かないからこうなったんだ。俺は飯伏を倒して新日本を救おうとしている。飯伏、両国国技館で待っていろ。お前が持っている新しいベルトを奪った上で俺と棚橋の名が刻まれた2本のベルトを復活させる!」と演説。棚橋の代わりに新日本プロレスへの愛、そしてIWGPヘビー級王座への愛を叫んだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る