“絶対王者”勝村周一朗&和田拓也が遂に王座陥落!入江茂弘&渡瀬瑞基がSOG世界タッグ王座を歓喜の初戴冠

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3月いっぱいでCyberFightから独立したガンバレ☆プロレスが6月2日、東京・高島平区民館で新体制第3弾興行『ワイルド・ギャンブル2024』を開催した。昨年7月からスピリット・オブ・ガンバレ(SOG)世界タッグ王座を守り続けてきた“絶対王者”勝村周一朗&和田拓也が遂に王座陥落。入江茂弘&渡瀬瑞基が同王座初戴冠を果たした。

 勝村組は渡瀬の腕を徹底攻撃し、得意のサブミッション、キックで追い込んでいく。入江組も反撃していくが、なかなかペースをつかめず。15分過ぎ、勝村は渡瀬にトリプルスリー3ロックを決めにいくも入江がカット。20分過ぎ、勝村と渡瀬が壮絶なエルボー、張り手の応酬。渡瀬はヘッドバットを勝村に叩き込んでいく。入江組は合体技を決めるも、勝村は必殺のニンジャチョーク狙い。これを逃れた渡瀬は勝村にブレーンバスター、ドロップキック、エルボーバットと猛攻もカウントは2。ならばと渡瀬はランニング・エルボーバットを繰り出して、勝村を仕留めた。

 渡瀬は「このベルトが作られたとき、俺は(ハートリー)ジャクソンからシングルのベルトを取り戻すのに必死で、タッグのタイトルマッチを見ないようにしていた。見なくても聞こえてくる熱い戦いの数々。特に(昨年7月の)大田区でやった(佐藤)光留、前口(太尊)vs勝村、和田の試合を見て、このベルトがどうしても欲しくなった。そのとき頭に浮かんだパートナーは前の団体で何も結果を残せなくて、何のチャンスももらえなくて腐ってるとき、俺を見捨てず面倒見てくれた入江茂弘しかいないって心に決めていた。やっと一つ結果が出ました。俺はナンバー1を目指してないし、オンリー1であり続けたいと思ってるけど、このベルトに関しては世界で一番すごいベルトにしてやる。このベルトで世界を獲りましょう。勝村さん、和田さん、何回でもやりましょう。10回連続で防衛戦やりましょう」と歓喜のマイク。

 ここで渡瀬はSOG世界無差別級王者の石井慧介に締めを譲ったものの、またまた大家健がマイクを奪い取って、「ウィー・アー・ガンバレ☆プロレス!」で大会を締めくくった。

 バックステージで入江は「今年ドイツでタイトルマッチに敗れて、日本に帰って来てからもタイトルマッチだけじゃなく、いっぱい試合を落としてきて自信をなくしていた。今日気合を入れて、信頼できるパートナーとともに、やっと結果が残せてうれしい」、渡瀬は「入江さんがパートナーならどこまでも行けるって思ってて、手応えはずっとあったけど、何か形になる結果がなくて。欧州でトーナメント決勝まで行ったけど、獲り切れなくて。やっとみんなから認められる結果が残せたんじゃないかと。団体のなかでもいいし、日本中どこでも行くし、世界からの挑戦いくらでも受ける。このベルトを世界一欲しいタッグベルトにしてやるよ」とともに満面の笑み。

 一方、王座から滑り落ちた勝村は「納得の負けです。6回防衛して1年間持ち続けたんで1回くらいは負ける。ホントに10回連続防衛戦やれば、きっと1回目で獲れる。その次獲られるかもしれないけど。アイツらはベルトの価値高めてくれると思うし、価値が高まったときにもう1回行けばいいし。負け惜しみになるけど、俺たちの最終目標はあのベルトだけじゃないし。ガンプロ内でも外にも行って、自分たちが強いと思ってるヤツを潰したい」、和田は「1年守ってきた自負はあるから。勝村さんとやってきて実績は作ったと思う。前から言ってるようにアジアタッグ照準にして動きたい。俺だけの意思ではできないけど、そこはこだわりたい」と前を向いた。

 また、実姉への生体腎提供(ドナー)手術を受けたため長期欠場し、7・15高島平で復帰する春日萌花(フリー)が復帰戦で、父親から腎臓をもらった経験をもつ伊東優作とタッグを組む意向を表明。対戦相手は今後検討される見込み。

 なお、7月27日、東京・王子BASEMENT☆MONSTERでの男子のみの大会は、1970年代生まれ、1980年代生まれ、平成以降生まれの3世代による対抗戦になることが発表された。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る