麻薬密輸容疑で逮捕されたエンセン井上にRIZINの榊原信行CEOがコメント!「スダリオ剛とエンセンには最近距離があった」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、都内・GMOグローバルスタジオにて『Yogibo presents 超RIZIN.3』についての記者会見が実施。RIZINの榊原信行CEOがエンセン井上について言及した。

 エンセン井上は1995年に修斗でデビューし、1997年にはUFCにも参戦。後にPRIDEの常連参戦選手となって人気を博し、プロレス界にも進出。
 現在は第一線を退いているものの、元大相撲力士のスダリオ剛がMMAに転向した際にはマンツーマンでスダリオの指導に当たり、RIZINではセコンドとして参加するなど再び露出も増えてきていた。

 エンセンは、アメリカから麻薬入りのチョコレートを密輸した疑いで今月23日に逮捕されており、格闘技界は騒然。2008年にも大麻取締法違反で現行犯逮捕されていた過去もあることから、「またか」という声も上がっていた。

 会見終了後の囲み取材でエンセンについて言及した榊原CEOは、「ホント残念で仕方ないですね。格闘技界にPRIDE時代から関わってきている人材でもあるし。RIZINの中でも僕らにとっては有益な格闘技の指導者で、メンタルの部分でもファイトスタイルの部分でも、闘う上でエンセンが持っていたものはいい具合にスダリオにインスパイアされてることもあると思うし。プラスのことが多いだけに、『しっかりしてくれよ』って感じではあります。過去にも逮捕されてるし、いい加減そういうことをキチっと、ルールを守る必要があると思います」とコメント。

 スダリオのコーチであるエンセンはある意味でRIZINの“身内”なのではないかと記者の1人から遠回しに詰められた榊原CEOは、「厳密に言うと、スダリオもエンセンと離れていたところがあるんですね。スダリオ自身が大相撲を辞めて格闘技に転向するころにはエンセンとニコイチのような形で動いてましたけど、スダリオの力も強いし身体も大きいし、エンセンのところにいても、エンセンが身体張って、っていうのも限界があるんで。スパーリングパートナーがいないから盛んに海外に行ったり、そういうものの橋渡し役をエンセンがして。橋渡しが出来た後はスダリオが1人で色んなところに出稽古に行っている状態で。最近は距離があったりしたのかなという気はしています」と現状を説明してさらりとかわした。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る