台湾と日本のイケメンたちが世界のインディープロレス統一に向け躍動!台湾のプロレスが今アツい!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、東京都・新木場1stRINGにてTTTプロレスリング『CONVICTION 3』が開催。瀧澤晃頼&神崎ユウキがインディー統一タッグ王座の初防衛に成功した。

 TTT(TOTAL TRIUMPH TEAM)とは、故・ターザン後藤さんに薫陶を受け、ミスター雁之助を師に持つ黎明期インディープロレスの後継者的存在であるガッツ石島が2020年1月に“インディープロレス統一”を掲げて旗揚げした団体。
 90年代インディーの空気を色濃く残したディープなメンバーが参戦している他、都内の商店会と協力してプロレスでの町おこしに協力。老若男女にプロレスの楽しさを伝える草の根運動を展開。これが実を結んで安定した集客を実現し、旗揚げ4周年を迎えた今年の12月28日には団体初の後楽園ホール大会開催を決定するなど驀進している。

 TTTは旗揚げ時から不動産も合わせて数十億に及ぶとも言われる大富豪・TTTの石川会長の個人資産に目をつけた悪の軍団【渡鳥連合】の侵略を受けていたが、今年1月大会でついに首魁たる藤原秀旺を打ち破って追放することに成功。
 団体の至宝たるインディー統一無差別級王座をガッツ石島が、インディー統一タッグ王座を瀧澤晃頼&神崎ユウキが保持するなど所属選手が主要なベルトを奪還した。

 タッグ王者の瀧澤&神崎は、これからのインディープロレス界を担っていく気鋭の若手。ともに鮮やかな空中技を操るハイフライヤーであり、高い女性人気を誇るイケメンタッグだ。
 TTTが団是とする“インディー統一”の志を強く持っており、全国のインディー団体の名タッグ狩りを宣言していた。

 今回、瀧澤&神崎が初防衛戦の相手として迎え撃ったのは、ともに台湾出身の【轟炎紫電】レッカ&ガイア・ホックス。
 台湾プロレス界は新台湾プロレス、Puzzleプロモーションの2団体を中心としており、レッカは新台湾所属、ガイアはPuzzleを中心に闘っている。
 レッカは10年以上日本のマットで闘い続けており、現在の日本プロレス界では台湾人レスラーのアイコン的存在。ガイアは昨年来日してからインディーマットを荒らし回っている新進気鋭のハイフライヤー。驚異的な身体能力から繰り出される空中殺法やカンフーファイトで日本のファンをあっという間に虜にした。


 インディー統一を目指す王者組にとって、海を超えて侵略に来たレッカ&ガイア組の挑戦は願ったり叶ったり。
 瀧澤&神崎は、スピードを活かした連携攻撃で畳み掛けて序盤からガイアを集中攻撃。しかし、レッカの献身的なファイトで窮地を脱した轟炎紫電が反撃開始。
 轟炎紫電はリングを広く使ったアクロバティックな連携で王者組を翻弄し、合体セントーン・アトミコやダブルカンフーキックなどを見舞って躍動。さらにガイアがRKOからシザースキックを叩き込んで神崎を潰しにかかる。
 しかし、瀧澤が飛び込んできてガイアにRKOを見舞ってお返し。最後は神崎とレッカの対面となり、レッカの猛攻をしのいだ神崎がブサイクへの膝蹴りからフィッシャーマン・バスター。さらに瀧澤が必殺の右打ち(※急角度ハンマーロックDDT)で突き刺してアシストし、神崎がフロッグ・スプラッシュを炸裂させて3カウントを奪った。

 5度目の防衛に成功した瀧澤&神崎だったが、インディー界のタッグの名手【Speed of Sounds】ツトム・オースギ&バナナ千賀から挑戦状が届く。
 しかし、その内容は「今日はレッカ&ガイアが勝ってると思うので、レッカ&ガイア組とタイトルマッチをさせてください。勝つのは俺たちSpeed of Soundsだ!瀧澤&神崎組が勝ってたらゴメンネ♪」という王者をナメきったもの。
 王者組は多少イラッとしつつも、インディー界のタッグ戦線世代交代のために気炎を上げた。


 今年1月には、新日本プロレスが音頭を取って設立した『アジア太平洋プロレス連盟(APWF)』にPuzzleプロモーションが創設団体の1つとして参画することが発表。今月14日には新日本プロレスの台湾大会も行われるなど、台湾プロレス界が急速にその存在感を世界に向けて示し始めている。
 メジャー団体のリングだけではなく、インディーのリングでも活躍する台湾の未来にも注目していきたい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る