元AKB48湯本亜美がプロレスデビューを白星で飾る!「また挑みたいという気持ちもあります」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが3月31日、2年ぶりに東京・両国国技館に進出し「GRAND PRINCESS '24」を開催した。元AKB48の湯本亜美がプロレスデビュー戦に臨み、見事に白星で飾った。

 2013年、AKB48に15期生として加入した湯本は、同年にはAKB48の34th シングル『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの』でシングル表題曲に初選抜されるなど活躍。2017年に放送されたテレビ朝日系ドラマ「豆腐プロレス」ではコマネチ湯本役で出演。昨年10月をもってAKB48を卒業し、現在は舞台を中心に活動中。その舞台で角田奈穂と共演した縁でプロレスデビューを果たすことになった。

湯本は角田とのタッグで出陣し、桐生真弥、HIMAWARI組と対戦。先発した湯本はHIMAWARIとレスリングの攻防を見せ、コーナーを利してアームホイップで投げ捨てる非凡なセンスを披露。角田とのダブル・バックエルボーも桐生に決め、コンビネーションも上々。そして湯本はトップロープに飛び乗ると、桐生めがけて三角跳び場外ダイブを敢行。その間にリングでは角田がHIMAWARIに紫電改をさく裂させて3カウントを奪取。自力での勝ち星はならなかったが、角田の勝利を見事にアシストした。

 湯本は「練習とのときは、うまくできたのに…もうちょっと出せたのかなという反省点もあったので、これが次につながるいいきっかけになればと思う試合でした」と反省の弁も述べた。今後については「自分でも、もっとうまくできたなという点が見つかったので、そこをうまく成功させるために、また挑みたいなという気持ちもあります」と継続参戦に意欲を見せた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る