SKE48荒井優希がアイドル&プロレスラーの二刀流披露で、インター王座死守!「もっと強くなって、プロレスを好きになって、プロレスに愛されたい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが3月31日、2年ぶりに東京・両国国技館に進出し「GRAND PRINCESS '24」を開催した。名古屋・栄を拠点とする人気アイドルグループSKE48の選抜メンバーで、同団体でプロレスラーとしても活動する荒井優希がアイドルとプロレスラーの二刀流を披露し、インターナショナル・プリンセス(IP)王座のV2に成功した。

この日の第3試合終了後、荒井は谷真理佳、井上瑠夏、坂本真凛、末永桜花の5人で登場して、SKE48のミニライブを行い、新曲「愛のホログラム」、「片想いFinally」など5曲を熱唱した。


 そして、プロレスラーとして、第9試合で元IP王者の上福ゆきとの2度目の防衛戦を敢行した。開始早々、場外戦となり、荒井は上福を鉄柱にぶつけ、張り手を見舞い、厳しい攻めを見せた。リングに戻ると、お互いの得意技であるビッグブーツ合戦で、激しい顔面の蹴り合いに発展。上福は卍固め、ジャンピング・ビッグブーツで攻め込み、フェイマサーを狙うも阻止した荒井がフルネルソンバスター一閃。上福は雪崩式ブレーンバスター、裏フェイマサーとたたみけるもカウントは2。しのいだ荒井は助走なしの新人賞、そしてFinally(カカト落とし)を叩き込んで3カウントを奪取した。

 先輩超えを果たした荒井は「顔を叩いたり、蹴られたりすることが多くて。すごい先輩でもあるので、すごい差を感じて。勝てたけど、悔しい気持ちが残るような試合でした。もっと強くなりたいと思ったし、もっとプロレスを好きになって、今以上にプロレスに愛されたいと思いました。もっといろんな人と試合して、防衛していけるように頑張りたい」とコメント。二刀流については「ベルト持って入場したときに完全に違う感覚だったので。大丈夫だったんじゃないかと思います」と胸を張った。

 一方、王座返り咲きがならなかった上福は「SKEのライブがあるとか言って、SKEのライブより、私の入場をもっと派手にしたいなとか思ったんですけど。SKEのライブ見たら、バカかわいくて。今日でSKEさんを見る目変わった。そのなかで荒井ちゃんがああやってるって、スゲーなって思って。めちゃくちゃ強烈なビンタが来て、そこから調子狂っちゃって。なんかいつかお酒でも飲みながら好きなタイプの男の話とかして、ケンカしたいですね。ちょっとアジアとか行って、お姉さんビューティーを磨こうと思います」と荒井を認めていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る